2015年11月1日更新

【和歌山】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

和歌山県で腎不全に強い動物病院10選

2015年12月現在 順不同

和歌山動物医療センター 西川動物病院

特徴

イギリスのISFM(国際猫医療学会)、アメリカのAAFP(全米猫獣医師協会)から、猫に優しい動物病院として「キャットフレンドリークリニック」のゴールド認定を受けた病院です。こちらでは、腹膜透析(皮下点滴、静脈点滴治療に反応しない重度の腎臓疾患、急性腎不全では、自作の腹膜透析カテーテルを用いて、後年では米国からの専用の,腹膜透析キットを用いて、腹膜透析を実施)、血液人工透析(人工透析器を導入後、種々の創意工夫により多くの犬、猫達に適用)を行うなど、腎不全に対する治療が充実しています。里親募集に協力するなど、ボランティア精神がある病院でもあります。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6221 和歌山県岩出市溝川202-3
電話 0736-62-6441
ホームページ http://www.nishikawa-ah.com/

ゆい動物病院

特徴

診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があげられています。診療対象動物は犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター、ハリネズミ、モルモットとなっています。急患についてはできる限り対応をしているということです(治療の優先度を選定するため診察の順番が前後することもあるということです)。急患の場合は準備等のため、事前連絡をしてほしいそうです。夜間対応はありません(継続治療、かかりつけの患者は除く)。休診などの告知については、ホームページトップに情報が掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒640-8411 和歌山県和歌山市梶取252-1
電話 073-488-5280
ホームページ http://yui-ah.com/

つるかめ動物病院

特徴

診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があげられており、かなり本格的にエキゾチック診療にも力を入れていること、日曜(午前)も診療があること(木、祝は休診)から選ばせていただきました。飼い主からの支持も多く集まっている病院なので、人気があり、こむこともあるようです。診療対象動物は犬、猫、鳥、亀、ウサギ、フェレット、ハムスター、リス、モルモット、ハリネズミ、袋モモンガ、爬虫類、両生類などのエキゾチックアニマルなどとなっています。休診日の告知についてはホームページトップに情報が掲載されています。予約制ではなく来院順の診察となります(怖がり、待つのが困難などの状態の場合は電話で相談してみてください)。

アクセス・連絡先

住所 〒649-6256 和歌山県岩出市金池25-2
電話 0736-67-6262 
ホームページ  http://www.turukamevet.com/

和歌山インター動物病院 和歌山夜間救急動物病院

特徴

木曜午前は休診ですが、それ以外は夜間救急と定休日のない動物病院を目指し立ち上げられた病院というだけあって、09:00-12:00、17:00-20:00、21:00-24:00という診療時間となっています。腎疾患、泌尿器疾患の症例があります。休診の告知についてはホームページトップ「お知らせ」に掲載されています。診療対象動物は犬猫、ウサギ、フェレットなどとなっています。

アクセス・連絡先

住所 〒640-8303 和歌山市鳴神734-4
電話 073-499-4925
ホームページ http://www.wakayama-inter-ah.com/

ロン動物病院

特徴

地域に根付いた動物病院を目指し、飼い主さん&動物とのコミュニケーションとインフォームドコンセントを大切に考えているという病院です。腎疾患、泌尿器疾患の症例があります。飼い主からの支持も多くあること、木曜は休診ですが、日祝(午前)も診療があるということからも選ばせていただきました。

アクセス・連絡先

住所 〒640-8265 和歌山県和歌山市小松原6-1-3
電話 073-426-5352
ホームページ http://www.neovets.com/hospital/ron-ah/(1ページのみの情報)

西村犬猫病院

特徴

動物の具合が悪くなったり、何かわからないことや心配なことがあれば気軽に相談してほしい、という動物病院です。腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。病気の早期発見のため、定期的な健康診断を勧めているということです。診療対象動物は犬、猫、家庭飼育動物(犬猫以外については事前に連絡をしてください)となっています。往診も積極的に行っているということです。

アクセス・連絡先

住所 〒640-8462 和歌山県和歌山市粟249-3
電話 073-453-9204
ホームページ http://www.n-inuneko.com/

やぐら動物病院

特徴

飼い主に「安心」してもらう「信頼」してもらう、飼い主とそのご家族みんなが楽しい時間を過ごせるようにという動物病院です。イギリスのISFM(国際猫医療学会)、アメリカのAAFP(全米猫獣医師協会)から、猫に優しい動物病院として「キャットフレンドリークリニック」のゴールド認定を受けた病院です。再生医療(幹細胞療法 骨折癒合不全、椎間板ヘルニアなど)、免疫細胞療法(活性化リンパ球療法)などに力を入れているようですが、腎不全についても主な病気としてあげています。

腎臓の75%以上が正常に働かなくなると老廃物が排泄させず体内にたまり、食欲不振、多飲多渇、多尿、抑うつ状態、嘔吐などの症状を現すようになります。このように腎臓がその機能を十分発揮できなくなった状態を腎不全というということです。病気が進行する前に予防してあげてほしいといいます。診療時間変更、休診などについての告知はホームページトップに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒648-0096 和歌山県橋本市御幸辻184-4
電話 0736-33-5231
ホームページ http://www.yagura-ah.com/

べる・らんど動物病院

特徴

きめ細かな診療を目指して、飼い主様との連携を重視することに努めており、その為、インフォームドコンセントを大切にしているという動物病院です。女性スタッフが中心となっているところです。腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、フェレット、小鳥となっています。一般診療は予約制ではありませんが、来院前に電話をしていくとスムーズとなるということです。木曜午後、日祝以外の外科、予約診療がない場合は急患対応も可能です。

アクセス・連絡先

住所 〒644-0023 和歌山県御坊市名田町野島320
電話 0738-29-2270 
ホームページ http://www.bell-land-animal.com/

アイリス動物病院

特徴

ペットと過ごす楽しい時間のお手伝いができるように、という動物病院です。腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。水曜日は休診ですが、日祝(午前)も診療があります。基本予約制ではなく、来院順の診察となります(手術は予約制です)。休診の告知についてはホームページトップに情報が掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町96-27
電話  0739-25-1013 
ホームページ http://iris-vet-tanabe.jimdo.com/

きのくに動物病院

特徴

動物たちのサポーターであり、あなたの大切な家族を守るという動物病院です。CTなど高度な医療機器が導入されています。この病院ではオゾン療法(免疫細胞活性化作用、抗アレルギー作用、消炎鎮痛作用、創傷治癒の促進、アンチエイジングなど)、血液透析(低下した腎臓の機能を人工的に補うことができる腎臓の代替となる装置。慢性腎不全の増悪期には最も効果的ですが、腎臓を治すものではなく、腎臓が障害された状態から自分の力で回復してくるまでの時間を稼ぐことにより、致死的な状態を回避するものです。

すべての腎不全に適応という訳ではありません)などを導入しています。休診などの告知については、ホームページトップ「NEWS」に情報が掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒648-0086  和歌山県橋本市神野々990-1
電話 0736-33-0118
ホームページ http://www.kinokuni-ah.com/

 
 

関連カテゴリ