2015年11月1日更新

【鳥取】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

鳥取県で腎不全に強い動物病院10選

2015年12月現在 順不同

鳥取大学農学部附属動物医療センター

特徴

飼い主に信頼される動物病院であるよう努力を続けているという動物医療センターです。こちらは高度な医療機器が導入されており、高度医療を受けることができる二次診療施設となっています。基本、かかりつけの獣医師からの紹介状が必要です。セカンドオピニオンなどについても、主治医から血液検査結果、レントゲン写真などの資料を預かって相談をすることとなります。

腎不全については、内科のなかに泌尿器疾患などの対応があります。またオゾン療法も導入されており、オゾンを完全に水に溶解したオゾン水は直接血管内投与することが可能であり、腎不全の進行を抑制する効果が示唆されています。

アクセス・連絡先

住所 〒680-0945 鳥取県鳥取市湖山町南4-101
電話  0857-28-0321
ホームページ http://vth-tottori-u.jp/

さわずみ動物病院

特徴

動物が健やかで幸せに過ごして欲しいと願っているという動物病院です。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患があげられています。火曜日は休診ですが、日祝も通常通り診療が行われています。月、火、木、金の08:00-09:00、19:00-21:00は予約診療(予約診療費別途必要)です。夜間、時間外診療は救急に限り対応できる場合は受け付けているということです(まず電話が必須となります)。休診については、ホームページトップにカレンダーが掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒682-0811 鳥取県倉吉市上灘町171-2
電話 0858‐24-6128
ホームページ http://sawa-ah.com/

ai動物クリニック

特徴

腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。先端治療の一環として再生医療(脂肪幹細胞療法)を行っており、このような治療法を実践することで、これまで諦めていた病気が1つでも減り、飼い主や犬猫が幸せに暮らしていけるよう努力していきたいと考えているという病院です。休診などの告知についてはホームページトップに情報が掲載されています。脂肪幹細胞療法については、こちらの病院では主に椎間板ヘルニアについて使用されているようですが、他病院では慢性腎不全に使われることもあります。高濃度ビタミンC点滴療法、オゾン療法(慢性腎不全の維持などにも使われている)なども導入されています。

アクセス・連絡先

住所 〒683-0802 鳥取県米子市東福原4-22-28
電話  0859-35-0031
ホームページ http://ai-ac.jp/

米子動物医療センター

特徴

一次診療はもちろんのこと二次診療にも対応すべく、病院設備の充実およびスタッフのスキルアップを図っているという動物病院です。CTなどをはじめ、高度な医療機器が導入されていること、日祝も通常診療があること(木曜は休診。予約診療のみとなっています)などから選ばせていただきました。日曜は学会などの関係で月に1回程度休診となるため、予定は来院前に確認することをお勧めします。休診の告知はホームぺージ「お知らせ」に掲載されています。診療対象動物は犬、猫その他となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒683-0804 鳥取県米子市米原5-6-17
電話 0859-32-8082
ホームページ http://www.yamane-amc.com/yonago/index.html

倉吉動物医療センター・山根動物病院

特徴

検査に基づいた診断を行い、その診断に基づいた治療を行うという基本に忠実な診療を行っているという動物病院です。その一方で、最先端機器を積極的に導入し、新しい獣医学を取り入れた最新の治療を行ってもいるといいます。CTなどをはじめ高度な医療機器があること、木曜は休診(予約診療)ですが、日祝も通常通り診療があることなどから選ばせていただきました。

アクセス・連絡先

住所 〒682-0025 鳥取県倉吉市八屋209-1
電話 0858-26-0839
ホームページ http://www.yamane-amc.com/kurayoshi/index.html

たかもり動物病院

特徴

インフォームドコンセントを徹底し、飼い主に納得してもらった上で治療を行うという動物病院です。腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。診療対象動物は犬、猫を中心に、ウサギやハムスターなどの小動物となっています。

診療時間

午前 月 火 水 木 金 土 09:00-12:30 
午後 月 火 水 金 土 15:00-18:00

休診

日祝 木曜午後

アクセス・連絡先

住所 〒684-0033 鳥取県境港市上道町3706-2
電話  0859-44-8171 
ホームページ —————————–

山崎動物病院

特徴

腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられていたため選ばせていただきました。獣医師は二人。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモット、フェレット、小鳥などとなっています。

診療時間
 月-土 09:00-12:00 13:00-19:00

休診
日祝

アクセス・連絡先

住所 〒683-0853 鳥取県米子市両三柳305-1
電話  0859-24-4076
ホームページ ————-

ダクタリ動物病院

特徴

家族の一員である動物たちの健康を願い、定期的な健康管理や丁寧な獣医療を行い、オーナーと幸せな生活が送れるよう、手伝いたいと考えているという病院です。診療科に泌尿器科などがあり(全科診療です)、飼い主からの支持もあること、09:00-20:00が診療時間で年中無休となっていることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、鳥、ハムスター、ウサギ、フェレット、カメ、タヌキ、シカ、イグアナなどとなっています。休診などの告知についてはホームページトップに情報が掲載されています。往診、送迎対応あり。

アクセス・連絡先

住所 〒680-0863 鳥取県鳥取市大覚寺133-125
電話  0857-26-1008
ホームページ http://www9.plala.or.jp/daktari/

しん動物病院

特徴

飼い主目線・ペット目線に立ち、ホームドクターとして役立ちたいという動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持がある病院であること、土曜も通常診療であること、往診対応があることなどから選ばせていただきました。駐車場有。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒689-3425 鳥取県米子市淀江町佐陀1553-1
電話 0859-56-2180
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0859562180/index.html(iタウンページ)

あかいどうぶつ病院

特徴

動物たちの思いを慮る治療を一番に頑張りたいという動物病院です。診療科目に腎疾患、泌尿器疾患の症例があげられています。木曜は休診ですが、日祝(午前)も診療があります。診療対象動物は犬、猫となっています。往診(12:00-16:00)、夜間診療((21:00-23:00)はいずれも前日までの予約が必要です。通常の診療については来院順となっています(急患以外)。急患の場合はまず電話をしてみてください。留守電になるので名前、動物の種類や症状、電話番号など必要なことを残すと、対応可能な場合は折り返し連絡が入ります。クレジット対応あり。

アクセス・連絡先

住所 〒683-0005 鳥取県米子市中島2丁目1-12
電話  0859-21-8719
ホームページ http://www.akaianimal.com/

 
 

関連カテゴリ