2015年11月1日更新

【島根】犬猫の腎不全に強い動物病院10選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢の猫などに多い腎不全。多くの猫の場合は、適切な治療をすれば診断された後も長く生きる場合が多くある病気です。先天性、遺伝性の腎不全もありますが、高齢になるにしたがい腎不全となる、という症例が多くみられています。犬にも腎不全はありますが、猫のほうが数倍多いという話もあります。適切な治療のため、長く幸せに生きてもらうため、少しでも早い腎不全の発見を心掛け、またきちんと治療を行ってあげたいものです。

必ずしも腎不全であるというわけではなく、いずれも別の病気の時も起こり得る状態ですが、飼い主が見つけられるサインとしては、

  • 多飲(水を今までより飲むようになる)、尿の量の増減する
  • 唾液が多く、口元を何度もぺろぺろし続ける
  • 吐く回数が増える
  • 下痢や便秘など排便に異常がある
  • 皮膚をつまんでも元に戻りにくい(浮腫、むくみが出やすい)
  • 毛づやが悪くなる
  • 疲れている様子である
  • 歩き方がおぼつかない、ふらつく(低カリウム血症や貧血)
  • 食欲が落ちている
  • 体重が減る
  • 低体温である
  • 痙攣、昏睡(末期)をおこしている

などのようですが、ほかの病気だとしても、このような症状がある場合は病院に連れて行ってあげたほうがよいかもしれません。

猫の場合、病院で過剰なストレスを感じることも多いので、些細な変化でもすぐに病院に行ったほうがいい、とは言いづらい部分もあるのですが、連れていけるならば、やはり健康診断(尿検査、血液検査)なども受けさせてあげてください。

 

島根県で腎不全に強い動物病院10選

2015年12月現在 順不同

シートン動物病院

特徴

インフォームドコンセントを大切に、動物にも人にも優しい動物病院を目指しているという病院です。飼い主からの支持も多く集まっています。腎疾患については、猫下部尿路疾患についてとりあげられています。多くの猫がかかりやすい泌尿器の病気で、FUSとも呼ばれています。腎臓から尿管、膀胱、尿道などに尿石ができる尿石症のほか、下部尿路、尿道がつまって排尿障害を起こした状態などもあります。比較的オス猫に多く発症し、そのままにしておくと、膀胱炎や腎臓炎、さらに尿毒症にまで至る危険もあります。早期治療が肝心です。

症状は尿をもらしたり、頻繁にトイレに行って少しずつ排尿するようになります。いつものトイレ行動と異なる様子がみられたら要注意です。尿に血がまじって赤い色の尿(血尿)が出たり、さらに尿が出なくなるとかなり危険な状態だといえます。ほうっておくと、尿を出すのが痛いため猫は尿を出さなくなり、膀胱に尿がたまっておなかがはれたりもします。急性の場合は、尿が出なくなり大変危険な状態となります。猫下部尿路疾患 からの腎不全もリスクがあるので、注意してほしいということです。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスターなどとなっています。時間外診療は対応なし。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0012 島根県松江市古志原3丁目1-48
電話 0852-28-2181
ホームページ http://www.seton-hospital.jp/

もうり動物病院

特徴

ホームドクターとして動物達の健康を守り、また、分野によっては専門的な獣医療を提供して地域に貢献していきたいと考えているというところです。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、エキゾチックペットの診療に力を入れているということ、水曜、祝日は休診ですが、日曜(午前)も診療があることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、フェレット、モルモット、チンチラ、ハムスター、爬虫類、その他となっています。特殊な動物の場合は事前問い合わせをしてみてください。予約は不要です。休診などの告知についてはホームページ「アクセス」のカレンダーに掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0823 島根県松江市西川津町4014
電話 0852-25-9935
ホームページ http://mohriah.com/

ハセガワ動物病院/バッカス動物病院

特徴

腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、腎不全に有効ともされるオゾン療法が導入されているという情報があること、名医だという評判から選ばせていただきました。バッカス動物病院として名前があがるときと、ハセガワ動物病院として出てくるときがありますが同住所のため、同じ病院だと思われます。来院前に確認してみてください。

診療対象動物は犬、猫、ハムスター(他情報によると、ウサギ、ハムスター、モルモット、爬虫類、両生類ともありますので来院前に確認してください)となっています。予約は可能という情報もありますが、そちらも確認が必要だと思います。駐車場有。

定休日
木曜 日祝午後
(金曜午後も休診という情報もあります。要確認)

アクセス・連絡先

住所 〒690-0876 島根県松江市黒田町358-2
電話 0852-31-1112
ホームページ —————–

松村動物病院

特徴

腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持が多く集まっていること、祝日も通常営業があること(こちらは変更の可能性もあるため来院前に確認してみてください)などから選ばせていただきました。人気があるため混むこともあるようです。診療対象動物は犬、猫、鳥、その他小動物となっています。カード対応あり。駐車場有。往診対応あり。

アクセス・連絡先

住所 〒697-0003 島根県浜田市国分町2239-26
電話  0855-28-2345
ホームページ http://nttbj.itp.ne.jp/0855282345/index.html(iタウンページ)

のなか動物病院

特徴

飼い主と動物たちが満足して頂ける診察、治療を行い、地域社会の幸せに貢献していく動物病院を作りたいと考えているというところです。腎臓疾患に関しては、心臓病、呼吸器病、脱水を起こしやすい病気(腎不全、糖尿病)などの病気があると熱中症になりやすいこと、ぶどうを食べて腎不全になる危険性があること(体重1㎏あたり20グラムのぶどうで腎不全を発症した報告もある。皮、レーズンも危険。)などに触れています。休診などの告知についてはホームページトップ「新着情報」に掲載されています。こちらは予約制ではありません。受け付け順の診察になります。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0044 島根県松江市浜乃木2丁目2-1-6号
電話 :0852-28-1122
ホームページ http://nonaka-ah.com/

常北通り動物病院 松江

特徴

病気・治療はもとより、お散歩の途中でも気軽に立ち寄って世間話しをしていかれるような動物病院をめざしているというところです。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、土日祝も通常通り(20:00まで)診療があることなどから選ばせていただきました。夜間、急患対応などについてはできる限り行っているということです(夜間はスタッフが不在で、応急処置レベルとなります)。往診対応あり。送迎対応あり。休診などの告知についてはホームページトップに情報が掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0871 島根県松江市東奥谷町372-1 メゾン城北3号
電話 0852-23-1421
ホームページ http://www.johokudori.com/

ひまわり動物病院

特徴

腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持が多く寄せられていること、日祝(午前)も診療があることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫、ウサギ、ハムスター、モルモットなどとなっています(鳥の診療はないようです)。駐車場有。

診療時間
午前 月 火 木 金 土 日祝 10:00-13:00
午後 月 火 木 金 土 16:00-18:00

休診日
水曜 日祝午後

アクセス・連絡先

住所 〒690-0825 島根県松江市学園2-23-10
電話  0852-22-9050
ホームページ ——————-

野いちご動物病院

特徴

動物にも人にも優しい診療を目指すという動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、日祝も通常診療(19:00まで)があること、飼い主からの支持もあることなどから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫を中心に、ハムスター、ウサギ、フェレット、小鳥などとなっています。犬猫以外は専門ではないのでわかる範囲の診療となります。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0001 島根県松江市東朝日町151−44
電話  0852-61-3001
ホームページ http://noichigo-ah.com/

こうの動物病院

特徴

言葉を話せない動物たちの訴えを正しく聞き取るために、飼い主の話をよく聴き、五感を研ぎ澄ませ、新しい知識の習得に努め、技術を磨いていきたいという動物病院です。腎不全についてはどの程度対応が可能かは不明ですが、飼い主からの支持がある病院であることから選ばせていただきました。診療対象動物は犬、猫となっています。

アクセス・連絡先

住所 〒693-0021 島根県出雲市塩冶町533-1
電話  0853-22-9284
ホームページ http://kounodoubutubyouin.com/

岡本動物病院

特徴

明確な診療費、インフォームドコンセントをきちんと、待合室の工夫、飼い主の立場に立った診療というのをモットーとしている病院です。、犬猫の腎不全について触れられています。猫は犬に比べると耐え、犬はなかなか難しいということです。腎臓病は機能障害→腎不全→尿毒症と進行します。一旦進行すると元に戻すことは出来ません。治療の目的は「いかに進行を遅くできるか」にかかってます。そして出来るだけ「早期に発見すること」が重要です。血液検査で異常値が出たときにはすでに進行していると言えます。

現在では尿比重だけではなくもっと早く、と言うことで尿の精密な検査が行われるようになっています。こちらの病院でも可能です。腎臓ドックの導入も計画しているということです。休診日の告知についてはホームページ「新着のお知らせ」に掲載されています。

アクセス・連絡先

住所 〒690-0015 島根県松江市上乃木4-29-21
電話 0852-31-6119
ホームページ http://www.okamoto-vet.jp/

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード