2015年10月12日更新

アメリカで大人気のウサギ!ミニレッキスの生態、性格、食性について紹介します!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ミニレッキスは短毛種のウサギで、アメリカで人工的に生み出された品種です。高い知性と美しい毛並みから、生まれ故郷のアメリカでは特に人気の高い種類のウサギです。日本でも人気があり、ショップでも見かけることの多いウサギなので、これからウサギを飼おうと思っている人は、ミニレッキスの情報をまとめた今回の記事を読んでみてください。

 

ミニレッキスの生態

大型のウサギであるレッキスと、小型ウサギとして有名なネザーランドドワーフを交配させ生まれたのがミニレッキスです。体重は1.5~2kg程度。小柄な体はネザーランドドワーフから、つやつやと光沢のある綺麗な短毛はレッキスからそれぞれ受け継いでいます。

ミニレッキスの性格

活発で元気よく跳ね回る一方、温厚、温和な性格をしています。神経質な性格が多いウサギのなかでは、比較的図太い神経をしている方でしょう。頭も良く、人にも慣れやすいため、エサを与えるときに名前を呼んでいれば、いつの間にか名前を呼んだだけで寄って来てくれるようになります。

慣れてくると甘えきたり、ご機嫌な気分をアピールするなどスキンシップも十分こなせます。まさにペットとしては申し分ない性格をしていると言えるでしょう。

 

ミニレッキスの食性

他のウサギと同じです。牧草を中心にペレットやフード、野菜などもバランス良く給餌しましょう。

ミニレッキスの病気と寿命

ミニレッキスの寿命は5~10年。体は丈夫ですが、短毛種なので足を保護する毛が薄く、飛節びらんなど足に関わるトラブルのリスクが他の品種よりも高めです。普段から床にカーペットを敷くなど、足に負担を掛けないよう注意しましょう。

短毛によって及ぼされるのは、悪い影響だけではありません。長毛種は年中入念にブラッシングする必要がありますが、ミニレッキスは毛が生え変わる時期にだけ、軽くブラッシングするだけで美しい毛並みをキープすることができます。

ミニレッキスについて:まとめ

ミニレッキスは短毛種で中型のウサギです。性格は活発、聡明、かつ温厚な個体が多く、初心者でも飼育可能です。ブラッシングを頻繁に行う必要がなく、手間も掛からないのですが足に関するトラブルが起こりやすいので普段から注意しましょう。流通量も比較的多いので、気になる方は少し大きめのショップ、もしくは専門店を覗いてみましょう。

 
 

関連カテゴリ