2016年3月24日更新

【動物看護士が解説】老犬の散歩で気を付けるべきことはなに?詳しく解説します!

老犬になり、歩くのが辛くなると寝てばかりの犬が多くなります。そんな姿を見ていると、「そっとしておいて寝かせていた方が良いのかな?」なんて思いがちですが、自分で起立できる筋力や体力があるうちはどんなに少ない時間でも良いので散歩に出してあげてください。
ただでさえ歳を重ねると筋力や体力が低下し、関節の滑りも悪くなるので、動かさなくなってしまうとすぐに動かなくなってしまいます。

動かなくなるとはどういうことか?

動かなくなる、というのは自力で体を動かすことができなくなることです。

数日全く動かないだけでも筋肉は衰え、関節が固くなるのは人間も同じで、みなさんもよくご存じかと思います。犬も同様で、動かすのが可哀想だからとご飯を口元へ運んであげたり、トイレへ抱っこして連れて行ってしまうと、あっという間に動けなくなり寝たきりになります。

寝たきりになってからの介護は非常に大変です。そして重力が犬の大きな負担となります。いつかは寝たきりにはなってしまいますが、その時間が少しでも短くなるように、身体を動かせるうちは出来るだけ動かしてあげてください。

気温や地面の温度に注意する

若い頃のように、極端に暑かったり寒かったりする気温には身体がうまく付いていきませんので、なるべく飼い主さんが快適と思う時間に散歩に連れ出すようにしてください。

夏に向かう頃は、日差しは強いけれどもまだ風は涼しいなんて時もありますよね。そんな日は快適と思いがちですが、犬にとっては違うかもしれません。犬は体高が低いので地面の照り返しを受けやすく、また、日差しで熱せられたアスファルトの上を素足で歩いているので、地面の温度には十分に注意を払ってください。

雨の日やあまりにも暑い日、寒い日はきちんと対策をして連れ出すか、家の中を十分に歩かせるようにしてください。

いつもと同じルートを

老犬になると、目に見えて異常がなくても、視力は衰えてくるものです。

いつも歩いている散歩コースであれば、万が一見えていなくてもそれなりに安心して歩くことができますが、「今日は思い切って初めて行く公園に!」と連れて行ってしまうと、知らない匂いに、知らない景色がぼんやりとだけ見えているととても不安になってしまいます。

散歩に連れ出したのに、結局不安で全く歩かなかったということも起こり得ますので、なるべくいつもと同じルートを同じように散歩してあげてください。

平坦な道を

もしいつもの散歩道に、デコボコ道や道なき道を選んで通っていたのであれば、整備されたなるべく平坦で歩きやすい道を選んで歩くようにしてあげてください。
老犬になると筋力も低下し、ヨロヨロと小股で歩くようになります。デコボコ道でバランスを崩したとしても、体勢を正すことができず、転倒すると骨折や捻挫をする危険性があります。
また、固くなって動く範囲が狭くなっていた関節を、バランスをとるために咄嗟に動かそうとすると、筋や関節を痛める原因にもなります。

散歩をする際は、なるべく平らで障害物の少ない道を選んで散歩するようにしてあげてください。

散歩が観察の機会に

ただ、ゆっくりゆっくり散歩していても、上の空にならず、犬の姿をよーく観察してみてください。「あれ?目が見えていないのかな?」と思う瞬間や、「脚が痛いのかな?」と思う仕草が見られるかもしれません。

家ではあまり立って動かないから気付かなかったことも、散歩に出たほんの数分の中で気付くことができるかもしれません。犬の苦痛を察知して早期に治療することが出来れば、苦しんで毎日を生活させることもありません。

何か異常があればすぐに見つけられるように、散歩をする愛犬の姿をじっくり観察してみてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のイ……

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関が……

【獣医師監修】犬の回虫症〜原因・症状と対策

犬の回虫症は、イヌ回虫もしくはイヌ小回虫によって引き起こされる犬の病気です。主に犬に感染して問題となるのは、病原性がより強いイヌ回虫に感染した場合です。また、イヌ回虫は人に感染する危険性もあ……

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

犬の飼い主さんなら思わずうなずく!犬飼い始め『あるある』8選

犬を飼うと生活が一変するという経験は、飼い主さんなら誰でも覚えがあるのではないでしょうか。いままで嫌々やっていたことも犬のためなら喜んでできる…という声もよく聞きます。今回は、犬を飼い始めて……

犬の雑学

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬……

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」……

【獣医師監修】犬の耳血腫〜原因・症状と対策

犬が耳血腫になると、犬の耳たぶである耳介に突然膨らみが出来ます。この膨らみの原因は血液です。 実は突然ではなく、外耳炎や怪我など、なんらかの原因で血液がたまってしまった時に耳血腫が起る……

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイ……

【動物看護士が解説】老犬の『食事介護』正しい方法を解説します

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に……

富士山2合目の遊園地で愛犬と愛犬家のためのイベントが開催中(*´`*)!

画像出典:PR TIMES シルバーウィークのおでかけにもぴったりな、愛犬と一緒にお花やアトラクションを楽しめる『天空のワンワンフェスティバル』が静岡県・裾野市、富士山2合目にある遊園地【……

意外と多い『春先の熱中症』について獣医師が解説!!

寒かった冬も終わりが近づき、暖かい日が増えてきましたね。実は春先は、『熱中症』を起こしてしまう愛犬が増えてくる時期でもあります。熱中症は、暑い夏だけの問題ではないのです。今回は、意外と多い、……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

合言葉は「ぶひ可愛い!」鼻ぺちゃワンコたちの写真・物販展が開催!

画像出典:@Press:アットプレス 犬好きさんたちはご存知の方が多いと思いますが、ワンコは短頭種・中頭種・長頭種という3つのタイプに分けることができます。 ワンコの大半は中頭種で、……

インパクト大!!サイズの調整も可能な『ベジタブルペットベッド』とは…?

にゃんガルーパーカーでもお馴染みの【UNIHABITAT】から発売されているペット用ベッドがインパクト抜群!!置いてあるだけでポップなインテリアにもなる便利な『ベジタブルペットベッド』をご紹……