2017年5月17日更新

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

パピヨンの平均的な寿命は?

パピヨンの平均的な寿命は13歳~15歳といわれています。小型犬の平均寿命はおおよそ15歳くらいといわれているので、パピヨンは平均的な寿命の犬種だといえますね。

ただしこの寿命はあくまでも平均的なものであって、個体差があることは覚えておきましょう。パピヨンの掲示板などを見ると15歳を過ぎていても元気な犬たちもいますので、飼い主の健康管理次第では長く一緒にいることができるということでしょう。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く元気に過ごすことができるのでしょう。いくつかのポイントをご紹介します。

栄養管理はとても大切

パピヨンのような小型の犬種に多い病気の1つに膝蓋骨脱臼という病気があります。この病気は先天性のものもありますので必ず予防できるというものではありませんが、膝に負担をかけさせないようにすることで発症を防ぐことができるといわれています。膝に負担をかけさせないためには太らせないことが大切です。子犬の頃は体を作るためにカロリーの高い食事が必要ですが、1歳を過ぎたらカロリーを抑えた成犬食へと移行させましょう。

最近では多種多様なドッグフードが販売されていますので、その中からどのようなフードを選んだらよいかは迷うところですね。かかりつけの獣医師がいる場合は、定期検診やワクチンの注射の時に相談をしてみるのもよいでしょう。その時の健康状態にあったフードを紹介してくれます。

imasia_581187_S

毎日の歯磨きで歯周病予防

犬の死亡原因で意外と多いのが歯周病です。最近になって知られてきたことですが、歯周病菌が体にまわると心筋梗塞や脳梗塞などになりやすくなるといわれています。歯周病を防ぐのに1番よいのは歯磨きです。成犬になってから急に歯磨きを始めても、なかなか嫌がってきれいに磨かせてもらえません。子犬のころから1日1回くらいのペースで歯磨きの癖をつけておくとよいですね。また歯周病を抑えるサプリや歯磨きガムなどを利用するのもよい方法です。

食事では甘いお菓子やでんぷん質の高い食事が歯周病によくないといわれています。犬と人の食べるものはしっかりとわけて、食事やお菓子の量を決めておくとよいですね。

運動量は適量で

活発で好奇心旺盛なパピヨンは外で遊ぶことも大好きです。

ただ骨格がしっかりしていない子犬の頃から過剰に体を動かしてしまうと、骨のゆがみにつながってしまうといわれています。また前述した通り膝蓋骨脱臼という膝関節の病気の可能性があるので、長時間の散歩や下の硬い場所での激しい運動などはできるだけ避けた方がよいでしょう。

パピヨンは大型犬とは違い運動量が必要な犬ではありませんので、好奇心を満たしストレスをためないために、10分程度の短い散歩やドッグランなどの専用の遊び場で遊ばせてあげるくらいの運動が適量だといわれています。

パピヨン

 

シニアになったら注意してあげたいこと

パピヨンの場合は7歳くらいから徐々に老化がはじまり、10歳くらいから老齢になるといわれています。

老化が始まると様々な病気が発症してきます。パピヨンの場合は年を取るにつれて、血糖値が高くなってしまう傾向があるようです。血糖の上昇はわかりやすい症状が現れるものではありませんから、血液検査を受けなければ気が付かないことが多いようです。そのまま放置してしまうと、糖尿病へと移行してしまう可能性もあります。

血糖の上昇以外にも、心臓病や白内障など老化による病気の発症にも注意したいものです。病気の早期発見のためにも、シニアになったらできれば半年に1回くらいのペースで、定期検診を受けるようにするとよいですね。

元気に長く生活していくために

犬は人間よりも早く年をとっていきます。7歳くらいだとまだまだ元気で子犬の頃とあまり変わりがないように見えるかもしれません。

でもシニア期に入っていることは心のどこかにとめておきましょう。老化の兆候を見逃さず早め早めに対処してあげることが、犬との楽しい時間を延ばしていくことにつながります。

パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ