2017年5月17日更新

パピヨンの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

大きな蝶々のような耳と長い飾り毛が特徴的なパピヨン。フランスの貴族たちの間で長い間寵愛を受けてきた気品あふれる犬です。近年犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

パピヨンの平均的な寿命は?

パピヨンの平均的な寿命は13歳~15歳といわれています。小型犬の平均寿命はおおよそ15歳くらいといわれているので、パピヨンは平均的な寿命の犬種だといえますね。

ただしこの寿命はあくまでも平均的なものであって、個体差があることは覚えておきましょう。パピヨンの掲示板などを見ると15歳を過ぎていても元気な犬たちもいますので、飼い主の健康管理次第では長く一緒にいることができるということでしょう。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く元気に過ごすことができるのでしょう。いくつかのポイントをご紹介します。

栄養管理はとても大切

パピヨンのような小型の犬種に多い病気の1つに膝蓋骨脱臼という病気があります。この病気は先天性のものもありますので必ず予防できるというものではありませんが、膝に負担をかけさせないようにすることで発症を防ぐことができるといわれています。膝に負担をかけさせないためには太らせないことが大切です。子犬の頃は体を作るためにカロリーの高い食事が必要ですが、1歳を過ぎたらカロリーを抑えた成犬食へと移行させましょう。

最近では多種多様なドッグフードが販売されていますので、その中からどのようなフードを選んだらよいかは迷うところですね。かかりつけの獣医師がいる場合は、定期検診やワクチンの注射の時に相談をしてみるのもよいでしょう。その時の健康状態にあったフードを紹介してくれます。

imasia_581187_S

毎日の歯磨きで歯周病予防

犬の死亡原因で意外と多いのが歯周病です。最近になって知られてきたことですが、歯周病菌が体にまわると心筋梗塞や脳梗塞などになりやすくなるといわれています。歯周病を防ぐのに1番よいのは歯磨きです。成犬になってから急に歯磨きを始めても、なかなか嫌がってきれいに磨かせてもらえません。子犬のころから1日1回くらいのペースで歯磨きの癖をつけておくとよいですね。また歯周病を抑えるサプリや歯磨きガムなどを利用するのもよい方法です。

食事では甘いお菓子やでんぷん質の高い食事が歯周病によくないといわれています。犬と人の食べるものはしっかりとわけて、食事やお菓子の量を決めておくとよいですね。

運動量は適量で

活発で好奇心旺盛なパピヨンは外で遊ぶことも大好きです。

ただ骨格がしっかりしていない子犬の頃から過剰に体を動かしてしまうと、骨のゆがみにつながってしまうといわれています。また前述した通り膝蓋骨脱臼という膝関節の病気の可能性があるので、長時間の散歩や下の硬い場所での激しい運動などはできるだけ避けた方がよいでしょう。

パピヨンは大型犬とは違い運動量が必要な犬ではありませんので、好奇心を満たしストレスをためないために、10分程度の短い散歩やドッグランなどの専用の遊び場で遊ばせてあげるくらいの運動が適量だといわれています。

パピヨン

シニアになったら注意してあげたいこと

パピヨンの場合は7歳くらいから徐々に老化がはじまり、10歳くらいから老齢になるといわれています。

老化が始まると様々な病気が発症してきます。パピヨンの場合は年を取るにつれて、血糖値が高くなってしまう傾向があるようです。血糖の上昇はわかりやすい症状が現れるものではありませんから、血液検査を受けなければ気が付かないことが多いようです。そのまま放置してしまうと、糖尿病へと移行してしまう可能性もあります。

血糖の上昇以外にも、心臓病や白内障など老化による病気の発症にも注意したいものです。病気の早期発見のためにも、シニアになったらできれば半年に1回くらいのペースで、定期検診を受けるようにするとよいですね。

元気に長く生活していくために

犬は人間よりも早く年をとっていきます。7歳くらいだとまだまだ元気で子犬の頃とあまり変わりがないように見えるかもしれません。

でもシニア期に入っていることは心のどこかにとめておきましょう。老化の兆候を見逃さず早め早めに対処してあげることが、犬との楽しい時間を延ばしていくことにつながります。

パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
パピヨンの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ブリーダーからパピヨンを迎える時の選び方・メリット

華奢〜で耳が蝶・・・おフランスのかほりがたっぷりのパピヨンですが、その優雅な出で立ち通り、ヨーロッパ貴族に愛された犬なのでした。中には神経質なパピヨンもいますが、基本的には外見だけではなく性……

パピヨン

賢くてちょっぴり気まぐれなパピヨンのしつけについて

小型犬ではトイ・プードルに次いで、全犬種でも8番目に知能が高いといわれているパピヨン。訓練次第では服従訓練で好成績を収める犬もいるほど。賢く飼い主の言葉をよく理解する反面、気まぐれな1面もあ……

パピヨン

思った以上の運動量にびっくり!パピヨンの散歩についてのまとめ

蝶が羽を広げたような大きな耳にエレガントな飾り毛が綺麗なパピヨン。華奢な見た目から室内でのんびりと過ごしていそうな印象ですが、実はとっても活発で遊び好きな犬が多いようです。そのギャップもまた……

パピヨン

美しい飾り毛を綺麗に保ちたい!パピヨンのシャンプー方法

パピヨンといったらなんといっても蝶々のような大きな立耳と、耳や尻尾に生えた長く柔らかな美しい飾り毛ですよね。パピヨンの飾り毛はもつれやすく切れやすい毛質をしているため、長さを保って綺麗にして……

パピヨン

華奢で小柄なパピヨンには首輪がいいの?ハーネスがいいの?

柔らかく長い被毛と美しい飾り毛が特徴的なパピヨン。パピヨンのお散歩デビューの頃になると気になるのは首輪?それともハーネス?ということではないでしょうか。「可愛い首輪を付けてあげたい。」「でも……

パピヨン

【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

パピヨンの性格と性質 性格 パピヨンはヨーロッパの貴婦人が大切にしていたという歴史を持っており、その優雅な姿がとても人気の犬種です。もちろん、性格も友好的でとても賢いので、家族の態度……

パピヨン

お洒落な洋服も似あっちゃう!パピヨンに洋服は必要?

エレガントな飾り毛のついた蝶々のような耳と、背中に背負ったリスのような尻尾が上品なパピヨン。パピヨンはどんな洋服もお洒落に着こなしてしまう犬の中のファッションリーダーのような存在ですね。でも……

パピヨン

パピヨンの平均体重や、年齢による食事の目安

小さくて線が細くつぶらな瞳が可愛いパピヨン。とても人懐こく従順な事から、家庭犬として人気がありますよね!それに、なんと言っても名前の語源にもなった「蝶」のような耳が特徴的です。 まるで……

パピヨン

パピヨン の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

まるでリボンのような大きな耳と、美しい飾り毛が気品の高さを感じさせるパピヨン。ちょっぴり警戒心が強いところもありますが、トイ・サイズの犬のなかでは人懐っこく飼い主に従順な犬です。そんなパピヨ……

パピヨン

気になる犬の体臭!パピヨンの臭いについてのまとめ

長い飾り毛の付いた蝶のような立耳が特徴のパピヨン。ツンと澄ましたような表情がなんとも言えず可愛らしいものですね。でも飼ってみたら「臭いが・・・。」なんてことになったら困ってしまいます。犬の臭……

パピヨン

パピヨンの里親になるには?パピヨンの里親を募集するには?

大きな耳から生えた長くてふわふわの被毛、まるで大きなリボンを頭にのせたような姿のパピヨン。少し臆病なところもありますが、人懐っこく遊び好き。そんなパピヨンの里親になる方法や、里親になるための……

パピヨン

【動物看護師が解説】パピヨンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

近所の散歩をしている犬を見ると、よく見かけるパピヨン。身体が非常に細く小さい個体もいれば、被毛が豊富に生えていて体がガッシリして見える個体もいるでしょう。鼻が長くキツネのような顔をしていたり……

パピヨン

パピヨンの病気〜獣医師が解説するパピヨンのかかりやすい病気〜

フランス語で「蝶」という意味を持つパピヨン。美しい毛で飾られた耳が蝶のようであることから名付けられ、その名の通りの優美な姿で昔から愛されてきました。豊かな被毛で覆われた体はとても華奢なので、……

パピヨン

マリー・アントワネットにも愛された犬!パピヨンの魅力って何?

華奢な体とは対照的な長い飾り毛のついた大きな耳がチャームポイントのパピヨン。ピンと立った立耳タイプと、ファーレンと呼ばれている垂れ耳のタイプがいますが、どちらも上品な面立ちで人気が高い犬種で……

パピヨン

蝶々のようなお耳が可愛いパピヨンの飼いやすさについて

蝶々が羽を開いて頭に止まっているようなエレガントな姿が特徴のパピヨン。見た目の上品さと小柄で華奢な体つきなどから室内で飼いやすい犬種として名前があがることも多いですね。ちょっと気ままなで小悪……

パピヨン