2016年4月30日更新

ヨークシャー・テリアの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためには?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダーク・スチール・ブルーとタンの美しい被毛が特徴のヨークシャー・テリア。長い間愛玩犬として人々に愛されてきました。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

ヨークシャー・テリアの平均的な寿命は?

ヨークシャー・テリアの平均的な寿命は13歳~16歳といわれています。人間の年齢に換算すると65歳~80歳くらいとなるようです。ただしこの寿命はあくまでも平均的なものであって、個体差があることは覚えておきましょう。

ヨークシャー・テリアの掲示板でも17歳を超えても元気でしたというメッセージをよく読みます。犬の健康寿命は飼い主の健康管理次第ということでしょう。

元気で長生きのポイントは?

では元気に楽しく過ごす時間を延ばすためにはどうしたらよいのでしょう。健康寿命を延ばすポイントをいくつかご紹介します。

気管虚脱に要注意

ヨークシャー・テリアはその体の構造上、気管虚脱になりやすいといわれています。気管虚脱とは気管が押しつぶされたように変形してしまう状態のことで、ガッガッといったアヒルが喉を鳴らすのに似た音がします。気管虚脱になった場合の初期症状としては、落ち着きがなくなる、よだれが多くなるなどがあり、ひどい状態になると呼吸困難になってしまいます。

原因は遺伝的なものもあるようですが、肥満や歯周病などの口腔内のトラブルによるものも多いようです。

まずは肥満になりにくい食生活をこころがけましょう。最近ではドッグフードも多種多様あり、肥満予防のためのローカロリーのフードも数多く販売されています。いくつかのフードを試してよく食べるフードを選んであげるのもよいですし、かかりつけの獣医師に相談してみるのもよいですね。

また口腔内のトラブルを予防するのに1番よいのは、歯磨きの癖をつけることです。小さい頃から1日1回歯磨きをしてあげるとよいでしょう。歯周病予防のサプリメントや歯磨きガムを利用するのもよい方法ですね。

素材_shutterstock_222017467

被毛の手入れで皮膚病を予防

ヨークシャー・テリアといえば生涯で7色に変化するといわれる美しい被毛が特徴ですよね。ヨークシャー・テリアのような長毛種の場合、どうしても風通しが悪くなり、ゴミやノミ・ダニも付着しやすくなるため、皮膚の病気になりやすいものです。主には皮膚炎、膿皮症、ノミアレルギー、真菌症などですが、悪化させてしまうと長期の治療が必要になってしまいます。

皮膚病を予防するためにも、美しい被毛を保つためにも、1日1回はブラッシングをしてあげるとよいでしょう。ブラッシングの際はブラシとコームの両方を使うとよいのですが、できれば皮膚を傷めないように、ブラシやコームの先端が丸くなっている物を使用するとよいようです。

またシャンプーは2週間に1回のペースで、ノミやダニなどを予防するシャンプーを使用するようにしましょう。毛の艶を保ち絡まりにくくするためにも、リンスをあわせて使用するとよいです。

血液検査で低血糖症の早期発見

ヨークシャー・テリアは体質的に低血糖症になりやすい犬種だといわれています。低血糖症の原因はインスリンホルモンの分泌異常によるもので、クッシング症候群や膵臓の腫瘍などの他の病気との合併で起こりやすいといわれています。

症状としては常にぐったりとしている、大好きな遊びや散歩にもやる気を見せないなどですが、重症化すると痙攣や意識障害になってしまう危険性があります。低血糖症の症状は興奮したり、激しい運動をした時に出やすいので、散歩やドッグランなどで遊ばせているときには注意をしてあげましょう。

低血糖症を予防するには早期の発見が1番大切です。定期的に血液検査を受け、血糖値を確認しておくとよいでしょう。

 

シニアになったら注意してあげたいこと

ヨークシャー・テリアの場合は9歳からシニア期に入り13歳からは老齢期になるといわれています。

老化が始まると段々と動きが遅くなり、寝ていることが多くなっていきます。まずは室内を快適で心地よい状態にしてあげることが大切です。お気に入りのクッションなどを用意したり、ベッドを低反発のものに変えてあげるなど、寝る場所を整えてあげるのもよい方法ですね。
またどうしても運動不足になりがちですので、肥満の防止のためにも食事はシニア用のものに切り替えていきましょう。

元気に長く生活していくために

健康寿命を延ばす秘訣は年齢にあわせた生活と、定期的な健康診断だといわれています。

年齢にあわせた生活をしていくためには、常に犬の状態を確認し老化の兆候などを見逃さないようにすることが大切です。

またシニアになったら半年に1度のペースで健康診断を受けるとよいですね。病気の早期発見は健康で長生きの1番の秘訣です。

ヨークシャーテリアについて詳しく知りたい方はこちら

【ペットシッターが解説】ヨークシャーテリア(ヨーキー)との暮らしで注意すること