2016年4月22日更新

行楽シーズン到来!愛犬とのお出かけについて考えてみませんか??

福井 日花里



犬や猫が飼い主とのんびりと幸せに暮らせるようにアドバイスをしています。 犬と猫はとても心優しく、豊かな感性と感情を持った素晴らしい生き物です。 違う種族ではありますが、習性を理解し思いやりを持って大切に接することで お互いにコミュニケーションができるようになります。 犬と猫と気持ちが通じ合う暮らしが送れるように犬や猫の習性や気持ちを尊重した暮らしを提案しています。 また保護犬や問題行動を抱える犬の心のリハビリに力を入れています。

 

もうすぐゴールデンウィークですね。旅行を予定されている方も多いのではないでしょうか。しかし、犬や猫と暮らしていると旅行にいくことを悩みませんか?愛犬とのお出かけについて考えてみましょう。

 

犬はお出かけが好きなの?

springer-spaniel-164037_640
最近は愛犬と宿泊できる宿や愛犬と一緒に参加できるイベント、またテーマパークが増えています。一緒に旅行に行ったほうがいいのでしょうか?それともお留守番をしてもらったほうがいいのでしょうか?

愛犬と一緒にいると楽しい、いつも愛犬と一緒にいたいという視点からではなく、犬の負担になるかならないかという犬の視点から一緒のおでかけについて考えてみたいと思います。

犬の楽しみってどんなこと?

犬_素材
犬と人間は種族が違うので、もちろん「楽しみ」も違います。人間は遠出をしたり、イベントを楽しんだり『いつもと違うこと』『特別なこと』を楽しいと思いますが、犬は毎日同じように暮らすことを好みます

朝起きて、ご飯を食べて、ちょっとプラプラとお散歩して、お昼寝をして、そしてまた夕方にプラプラ散歩して、ご飯を食べて、ゆっくり休む…。こんな穏やかな生活が一番リラックスして過ごせるのです。

季節によって変わっていく日の出と日の入りに合わせて、起きる時間や寝る時間を少しずつ変化させたり、気候のいいときはちょっとたくさん歩いたりする小さな変化を楽しむくらいで十分です。

一緒にお出かけをすることのデメリット

人間と一緒にお出かけすると目まぐるしく景色は変わり、何が何やらよくわからないことが次から次に起こり、とても興奮し疲れてしまいます。次に何が起こるのか、今何をしているのか全く予測がつかないのでとても不安になります。

特にイベント会場やテーマパークなどは人もたくさんいるし、大きな音楽が鳴っているし、犬にとっては理解できない情報量が一気に押し寄せて頭の中はパニックを起こしてしまいます。

たくさんの人が集まるところやいろいろな観光地を巡ることは犬の心身の負担になるのでおすすめしません。いつも一緒にいたいけど、人間が楽しいことは人間だけで楽しむほうが、犬にとっては負担にならずに済みます。

犬と一緒に楽しみたいのであれば、犬がリラックスできる静かな草木のある公園や自然公園など静かな場所をゆっくり一緒にお散歩しましょう。いろんなところに行ったりしなくても、お散歩をするだけでも十分なのです。

ゆっくりできるか考えよう

出かける場所が帰省先や自然豊かな静かな避暑地などで、ゆっくり長期滞在できるのであれば、一緒にでかけることも検討してもいいと思います。

移動のストレスや興奮は一日では解消しません。人間も長時間移動の移動は疲れてしまい、なかなか疲れて寝付けないという経験がある方も多いと思います。それと同じです。人間は何をしに、どこに向かっているとか、あとどのくらいで目的地に着くなど予定があらかじめ分かっているので見通しがつきますが、犬たちは見通しもつかないのでそのストレスや疲れは私たち以上のものがあると考えられます。

見通しがつかない、スケジュールが全く分からないというものはいいものではありません。犬はいつもそんな思いを抱えています。

移動のストレスや興奮が落ち着いて、そしてゆっくりできるという場合に、お留守番のストレスと天秤にかけてどちらが犬の心身にとっていいのかという視点でお出かけを考えてみてください。

犬や猫と一緒に暮らすとお出かけが制限されるとか旅行に行けないと悩まれる方がいます。しかし犬や猫と毎日一緒に暮らすことによってお出かけやイベントでは味わえないとても温かい喜びを味わうことができます。

一緒に暮らす犬や猫は家族です。ともに負担にならない楽しみを見つけてみてください。