2016年4月22日更新

愛犬・愛猫をお留守番させるとき…なるべく負担を少なくするためには?

犬や猫と暮らしているとお留守番をしてもらうことがとても心配になりますね。そんなときどうしたらいいか、ペットホテルを利用したほうがいいのか、それともシッターさんにお願いしたらいいのか、まとめてみました。

お留守番するときは?

素材_shutterstock_263750540
犬や猫にお留守番をしてもらうのはなるべく避けたいですが、どうしてもお留守番をしてもらわないといけないときもあります。そんなときは選択肢としてペットホテルに預けること、シッターに来てもらうことが挙げられます。

犬や猫になるべく負担がかからないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

ペットホテルに預ける

imasia_10145381_S
一番手軽で一般的な方法ではないでしょうか?日時を指定して予約をし、あとは連れて行き、お迎えに行くだけです。動物病院やトリミングサロンに併設されているところもたくさんあります。

便利な反面、面識のないたくさんの犬猫がクレートやケージの中にいるので、吠える声や不安そうな声が聞こえてしまい、知らないところ、あまり慣れていないところにいることで余計にストレスがかかってしまうという恐れがあります。

ご飯を食べなかったり、帰ってきて下痢をしてしまったり、排泄をギリギリ限界まで我慢してしまっていたということはよく聞かれます。

ケージが狭かったり、人の出入りが多くて目まぐるしかったり、店内音楽が気になったりしてどんどんストレスが蓄積してしまうこともあります。

ペットシッターを利用する

imasia_11284781_S
最近はペットシッターさんも増えています。自分の暮らしなれたお家で過ごすことができるので、ホテルに預けるよりはシッターさんにお願いをしたほうがストレスを少ない場合もあります。

シッターさんにお世話を頼む場合は、何度か犬や猫との顔合わせをして、よく慣れた状態にしておくことがベストです。お留守番当日に初めて会ったり、まだ慣れていない場合には怖がって出てこないということになりかねません。

SONY DSC

専門のシッターさんでなくても、犬とすでにいい関係を築いているご近所さんやお友達などにお世話をお願いしてもいいと思います。犬であればお散歩とご飯と水変え、猫であれば、ご飯と砂を取り換えることをしてもらうだけでも落ち着いて過ごすことができます。

何度か会って、一緒に飼い主さんとのお散歩に同行したりしていたとしても、お留守番で不安にいるのでなかなか出てこないこともあります。その時は、その犬や猫のペースで安全だとわかるまでそっと距離を置いて見守ってもらえるようにお願いしておきましょう。

怖がって出てこなかったり、散歩に行かないと拒否しているときも無理はせず、そっとしておいてもらえるようにお願いしておくといいと思います。

また散歩の仕方やシッターをしてもらう犬や猫の情報も細かく伝えておけるようにしておくと安心です。いたずらをしていたとしても怒ったり、大きな声を出さないようにもお願いしておくといいでしょう。

しかし、家の鍵を預けたり、犬に慣れてもらうために何度も訪問したりするといった手間はかかります。手を惜しまずにお留守番中の犬や猫に少しでもストレスがかからないようにしましょう。

お留守番を頑張ってもらったら、お留守番後しばらくゆっくり一緒にいてあげるようにしてください。

なるべくお留守番は少なく

imasia_7710939_S
やむをえない外出は仕方ないとしても、なるべくお留守番が長くならないように日々のスケジュールの見直し、外出が最低限度で済むようにスケジュールの調整を行うとことはおすすめです。

どんな犬でもお留守番時間が6時間を超えるとストレスによる問題行動が現れます。お留守番が長かったり、不安が強かったりして苦しむことがないように、外出は万全の対策を練って行いたいものですね。

福井 日花里



犬や猫が飼い主とのんびりと幸せに暮らせるようにアドバイスをしています。 犬と猫はとても心優しく、豊かな感性と感情を持った素晴らしい生き物です。 違う種族ではありますが、習性を理解し思いやりを持って大切に接することで お互いにコミュニケーションができるようになります。 犬と猫と気持ちが通じ合う暮らしが送れるように犬や猫の習性や気持ちを尊重した暮らしを提案しています。 また保護犬や問題行動を抱える犬の心のリハビリに力を入れています。

ブログ
HP
PONOPONOについて

関連記事

愛犬と力比べ! 犬のおもちゃ ひっぱって遊ぶタイプ10選

犬は引っ張り合いっこをするのが大好きです。大好きな遊びをさせることでストレス解消にも役立ち、オーラルケアもできたりするので、可能ならぜひトライしてみてください。 引っ張り合いは本能を刺……

【トラブルと対処方法】外出、外泊でおきた体験談。

だんだん暖かくなってきて、ペットと一緒のおでかけをする方も増えてくる季節です。今回は外出、外泊でおこったトラブルの体験談を集めてみました。獣医師さんのコメント付きなので、外出・外泊を計画中の……

【動物看護師が徹底解説!】薬とフードの相性ってあるの?

我々人間は、病院や薬局に行くと他に飲んでいる薬やサプリメントはないか、薬を飲むときに特定の飲み物は避けてほしいなど薬の飲み合わせに関して、様々な決まりがありますよね。病気を治すための薬ですか……

犬も楽しめる!犬のおもちゃ フリスビータイプ10選

今回は、犬が大好きなフリスビータイプのおもちゃを特集してみました。投げて持ってこさせたり、咥えて遊んだり。犬が楽しみつつ運動をさせるのに最適なおもちゃの一つと言えます。 飼い主と愛犬と……

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

【千葉】おすすめドッグカフェ 10選

愛犬と共に、ほかの犬連れの友達や仲間と共に集まることができるドッグカフェ。美味しいメニューがそろっていたり、愛犬用のメニューも豊富だったりして、愛犬と一緒に楽しむことができます。 友達……

【獣医師監修】犬のジステンパー〜原因・症状と対策

ニホンオオカミの絶滅理由にもなったとされる犬ジステンパーは、犬ばかりだけでなく、多くの動物にとって感染の危険性がある感染症でもあります。また、死亡率も高いため、まずは感染させない為にも、ワク……

【虫除け対策!】 安心安全 犬猫の虫除けグッズ10選

もうすぐ夏到来。愛犬・愛猫の虫刺されも気になる季節ですよね。 しかし猫(やその他の肉食動物)は、犬には使用できるエッセンシャルオイルも有害となるという説もあるため、猫の虫除け対策に関し……

クスッと笑えてほっこり温かい癒し系ねこマンガ『ずぅねこ』とは?

画像出典:PR TIMES 9月19日発売の、動物園で暮らす猫たちと動物や職員たちとのふれあいを描いた癒し系コミック『ずぅねこ ~とくがわ東どうぶつ園日記~』!!人気急上昇で、発売後たちま……

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

【動物看護士が解説】犬の歯みがきは何故必要?口の中が汚いと病気になる?

犬を飼っている人なら必ず一度は聞いたことのある、犬のデンタルケア。犬に歯磨きなんて必要あるの?と思われている方も多いと思いますが、人間にとって歯は大切なように、犬にとっても同じなのです。 ……

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

もしかしてデブペット? 獣医師が教える、愛犬の肥満度をチェックする方法

筆者の飼い犬が上手に「おすわり」や「待て」をするたびにごほうびのおやつを与えていたら、1カ月ほどで体つきが目に見えてふっくらしてきました。太り過ぎなのではと心配です……。「ペットの犬は、野生……

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

ペットは夫婦の関係に良い影響を及ぼす?犬&猫の飼い主に聞いたペットの存在感

ペットに関するさまざまなリサーチで知られるアイペット損害保険が、2015年11月22日(いい夫婦の日)に向けて行ったのが「夫婦の絆にペットがどのような影響をもたらしているか」の調査。犬、猫の……

犬のニュース