2016年5月16日更新

飼い主さん必見!シニア犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりするお声もよく聞かれます。

シニア犬、シニア猫との暮らし方の工夫、ちょっとしたコツをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

スタンスは同じ

犬_素材
近年、犬も猫も長生きできるようになりました。犬は15歳以上、猫は20歳以上という長生き犬猫さんもたくさんいますよね。一緒に暮らしている大切な愛犬・愛猫は長生きしてほしいものです。

シニア期の犬や猫には特別なケアが必要だと思われますが、シニアの年齢でもそうでなくても犬や猫の習性、そして気持ちを大事にして日々暮らしやすいように心がけるというスタンスは変わりません。

素材_shutterstock_57787414
しかし、高齢になれば人間と同じように足腰が弱ってきたり、疲れやすくなったり、体のあちこちに不調が少なからず出てきます。犬や猫は人間のように「ここが痛い」「今日は調子が悪い」と直接人間の言葉では教えてくれませんが、犬の言葉、猫の言葉ではちゃんと教えてくれます。

シニア期の「ちょっといつもと違うかも」というサインを見逃さないためにも、犬や猫が伝えてくれる言葉をわかるようになり、コミュニケーションがきちんととれるようになっておくと安心です。犬猫は言葉がないとよく表現されますが、犬や猫はちゃんと自分たちの言葉で話してくれます。人間側がその言葉を受け取るようにすればとってもおしゃべりさんなのです。

大切なのは心地よいこと

素材_shutterstock_1017033
シニア期は個体差があるためはっきりと決まっていませんが、犬は小型犬で10歳くらい、大型犬では8歳くらいから、猫は7歳くらいからというのが一般的です。持病がなければ半年に一度くらいを目安にかかりつけの獣医さんと相談しながら定期健診を行うといいとでしょう。

「心地よく過ごせているか」という視点をもち、よく観察して気に掛けることが大切です。暑かったり、寒かったりすることがないように温度調整をしてあげます。寒さが辛そうならば湯たんぽをお気に入りのベッドに入れたり、小さな使い捨てカイロをタオルに包んでマットの下に入れたりします。ベッドやクッションも季節で使い分けることをおすすめします。

素材_shutterstock_261509492
足腰が弱ってくるので、階段にもステップを設置したり、歩行をサポートするハーネスを準備したりします。お散歩場所も歩きやすく、のんびりゆったりできるところに車で移動することもおすすめです。車も乗りやすい工夫をしてステップなどを設置してあげるとなお良いですね。

猫は高いところに上ることが好きな子もいるので、高いところに上る経路に椅子を配置したり、ステップを置いたりしてジャンプが少なくて済むようにしてあげるといいです。

体力も落ちてくるので寝て過ごす時間も多くなりますが、ゆっくり寛げるように静かに過ごさせてあげましょう。音楽やテレビの音はとても気になってストレスになりますので短時間に留めたり、イヤホンを付けてみたりするように配慮しましょう。

若いころから備えよう

素材_shutterstock_181328066
シニア期のケアは大切ですが、若いころから床は滑らないように絨毯やフロアタイルを敷いたり、大きな段差にはステップを配置したりしておくことをおすすめします。若いころからちょっとずつ滑ったり、何度も何度も大きな段差を上り下りしたりしていると疲労やズレが蓄積していきます。シニア期を若々しく元気に過ごすことができるようにストレスや興奮、疲労が若いころからなるべく少なく過ごすことが大切です。

犬も猫もストレスが少ないとよく寝ます。ストレスの少ない犬は20時間寝て過ごすともいわれています。寝てばかりでも『気持ちよく寝ている』ということはとてもいいことです。

シニア期の犬や猫とゆっくりとした穏やかな時間を楽しむことはとても幸せなことだと思います。

福井 日花里



犬や猫が飼い主とのんびりと幸せに暮らせるようにアドバイスをしています。 犬と猫はとても心優しく、豊かな感性と感情を持った素晴らしい生き物です。 違う種族ではありますが、習性を理解し思いやりを持って大切に接することで お互いにコミュニケーションができるようになります。 犬と猫と気持ちが通じ合う暮らしが送れるように犬や猫の習性や気持ちを尊重した暮らしを提案しています。 また保護犬や問題行動を抱える犬の心のリハビリに力を入れています。

ブログ
HP
PONOPONOについて

関連記事

老犬の夜鳴きから解放されたい!犬の夜鳴きの原因・解決方法

犬が高齢になって困るトラブルのひとつが夜鳴きです。 経験ある飼い主さんなら分かると思いますが、犬の夜鳴きは正常な鳴き声とは違って、唸るような声で何時間も鳴き続けるので飼い主さんが寝不足……

体が衰えた老犬の介護

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護

ペットを飼っていれば誰もが陥る可能性のあるペットロス。ペットロスと向き合うにはどうする?

ペットを飼っていれば誰もが経験するペットとの別れ。室内飼いするようになって人間との距離が縮まったためか、ペットは単なる愛玩動物というより家族の一員になり、亡くなった時の喪失感は大きくなってき……

体が衰えた老犬の介護

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

体が衰えた老犬の介護

可愛いうちのワンコの老化のサイン

と比べると圧倒的な早さでやってきます。 そして、歳を重ねるにつれ、体にさまざまな変化も見られるようになっていきます。 しかし、飼い主がさまざまな配慮をすることによって、痛みやつらさを軽減……

体が衰えた老犬の介護

早めに気付いてあげたい! 犬の老化の13のサイン

犬も必ず老化します。飼い主はその兆候に出来るだけ早く気付いてあげないといけません。早めに気付いてあげることで、環境をいち早く老犬に合わせて作り変えることができ、長生きに繋がり、怪我の予防にも……

犬の老化について

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋外飼育編】

屋外環境は、屋内環境と比べると変えてあげられる範囲がかなり限られています。さらに屋外は屋内よりも過酷で、体が弱っている老犬にとってはさらに厳しい環境といえるでしょう。 犬の平均寿命も屋……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師監修】運動した方が長生きできる?高齢になった犬の運動や散歩の方法について

若い頃は元気に走り回り、飛び回っていた愛犬も年をとると徐々に運動量が減ってきます。 昔は敏感に反応していた周囲の音や飼い主さんの動きにも鈍感になって、寝ている時間が増えてくるでしょう。……

老犬の認知症

認知症の犬や猫との生活で気をつけることを獣医師が解説

飼い主の健康管理に対する意識の向上や獣医療の進歩などによって、犬や猫も以前に比べて長寿になってきました。それに伴い、高齢の犬や猫に人の認知症に似た症状が出るケースが増えていることを知っていま……

老犬の認知症

飼い主さんにとってもっとも大変な介護。高齢犬の排泄サポートの方法

高齢犬のお世話の中でも一番手が掛かりストレスが溜まるのがお漏らしへの対処でしょう。散歩に行けないので外で排泄することができず、室内にトイレがあっても室内での排泄を嫌がったりうまく排泄できなく……

体が衰えた老犬の介護

【暮らしを快適に】高齢犬との暮らしをサポート。おすすめアイテム10選

大切な家族の一員である愛犬には、年を取ってからも過ごしやすく暮らしやすくしてあげたい。安全に幸せに暮らしてほしい。 そう思ったとき、何をしてあげればよいのでしょうか。 今回は高齢……

体が衰えた老犬の介護

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

飼い主さん必見!シニア犬・シニア猫との暮らし方のコツとは(*´ω`)?

一緒に暮らしている犬や猫には長い生きしてずっと一緒にいてもらいたいですね。シニア期のお世話は特別なものがいるのだろうかと心配になったり、寝てばかりいるけどれ大丈夫だろうかと不安になったりする……

老犬の認知症

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気