2016年6月13日更新

マンチカンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

高齢化が進む日本では、人間も猫も同じです。ただ長生きをすればいいわけではなく、健康で長生きができると良いでしょう。

中には、手作りの食事を作ったりマッサージなどを利用する方もいるようです。

マンチカンが健康で長生きするには、どんなことに注意すると良いでしょうか?

 

マンチカンの平均寿命は?


画像出典:Satoshi TAKEU

猫の平均寿命は15歳前後ですが、マンチカンは11歳~13歳と少し短めです。最近では、20歳以上になる猫もいるようですが、条件が全て揃った場合ではないでしょうか。

猫は10歳を超えると、高齢になるため体にも不調がでてきます。サインを見逃さずに、異変がないか様子を確認しましょう。

また、室内飼いの猫と室外飼いの猫では、寿命が異なります。やはり、外に出ると危険があるので、室内飼いが良いでしょう。

長寿のポイントは?

食事と体重管理

まず、人間も猫も食事によって体が作られています。長寿のために、食事は一番重要な要素でしょう。
キャットフードは様々な種類が販売されていますが、あまり安いものは何が入っているかわかりません。必ず、成分をよく見てから購入するようにしましょう。

また、マンチカンは太りやすい体質なので肥満に注意してください。成猫になったら、ローカロリーの餌に切り替えましょう。

水と排泄

しかし、健康のためにも水は必要です。猫の気分で飲む場所を変えられるように、水飲み場を部屋に2、3カ所用意してあげると良いでしょう。

また、容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類があります。個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

水を飲ませることができたら、次はおしっこの色にも注意です。
トイレ砂には、色が変わってPHなどを把握できるものもあるようです。猫は腎臓の病気が多いので、こまめにチェックしておくと安心でしょう。

 

マンチカンがかかりやすい病気

椎間板ヘルニア

マンチカンは、その特徴的な短い脚が愛らしいですが、短足だからこそ椎間板ヘルニアにかかりやすいです。肥満になると、なおさら自身の体重を支えることができないため、ヘルニアにかかりやすいでしょう。様子がおかしいようなら、すぐに獣医に見せましょう。

毛球症

毛球症にかかりやすいようです。毛玉を飲んでしまったら、吐ければ良いのですが腸に詰まってしまうと、開腹手術の必要があります。そうならないためにも、毛玉を出せる餌なども与えると良いかもしれません。

マンチカンと長く一緒にいるために

他の猫に比べて、足の短いマンチカンは太りやすい体質ですので、肥満には注意が必要です。こまめに様子を観察して、変化があれば病院へ行きましょう。早期発見によって、解決できることもあるでしょう。

【マンチカンのおすすめ記事】

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ