2016年6月13日更新

ロシアンブルーの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、人間と同じく猫の健康にも関心が高まっています。少しでも自身の家族に長生きしてほしいのは、誰もが感じていることです。猫の寿命を延ばすことは、実際にできるのでしょうか?

今回はロシアンブルーの寿命と長生きのポイントについてご紹介します。

ロシアンブルーの平均寿命は?


猫全体の平均寿命が15歳前後です。
一方で、ロシアンブルーの寿命は11歳~14歳前後と少し短い印象でしょうか。

しかし、個体差もあるので一概には言えません。中には、19歳くらいまで生きた猫もいるので、普段の生活によっては長生きすることもあるかもしれません。

では、実際に注意をするポイントはどこでしょう?

長寿のポイントは?

食事

まず、人間と同じように食事が一番重要な要素です。キャットフードの成分表などについて、調べたことはありますか?

お使いのキャットフードに何が入っているか見てみてください。人間の食事では、考えられないようなものが入っている可能性があります。キャットフードを選ぶ際には、必ず内容物をしっかりと確認したうえで、選びましょう。

他にも、食事を望まれるままに与えていては、肥満につながってしまいます。必ず適切な量を与えるようにしましょう

また、皿にいれっぱなしではなく、食べないようであれば一度下げると良いでしょう。

環境

ロシアンブルーは、原産国がロシアと言われています。そのため、寒さには強いようですが、暑さには弱いでしょう。特に日本の夏は暑いので、室温管理を徹底する必要があります。

他にも、警戒心の強い猫なので来客が多いと、ストレスを感じてしまう可能性もあるでしょう。なるべく、専用の部屋などで飼育すると、安心できる専用のスペースを作ってあげると良いでしょう。

室内飼いの猫と室外飼いの猫では、寿命が異なると言われています。もちろん、室内飼いの猫の方が長いそうです。少しでも長く一緒に過ごすためにも、完全室内飼いが良いでしょう。

かかりやすい病気は?

ロシアンブルーは丈夫といわれています。しかし、尿路結石症などの泌尿器疾患にはなりやすいです。

猫はもともとあまり水を飲まないので、水をたくさん飲んでもらいましょう。部屋に2、3カ所に水皿を用意して、好きな時に好きな場所で飲めるようにすると良いでしょう。

そして、水をよく飲んでもらえるようであれば、トイレの回数や色などをよく観察しましょう。おしっこから、健康状態を把握することもできるようなので、PHがわかるトイレ砂なども用いるのも良いのではないでしょうか。

ロシアンブルーと長く一緒にいるために

ロシアンブルーは神経質な猫なので、環境もかなり重要になってくるでしょう。あまりにストレスがかかる環境だと、神経性の病気などにもつながりかねません。
状態をよく見て、普段と様子が違うようなら、すぐに動物病院に相談することが予防になります。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

急に太る・急に痩せるは病気のサイン!愛猫の肥満度のチェック方法

そろそろ季節の変わり目。衣替えの季節ですね。果たして去年のスカートが入るかしら...。 食欲の秋、それは人間だけではありません。この季節は心無しか犬も猫も食欲がおう盛になる気 がします……

猫の肥満

マンチカンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

高齢化が進む日本では、人間も猫も同じです。ただ長生きをすればいいわけではなく、健康で長生きができると良いでしょう。 中には、手作りの食事を作ったりマッサージなどを利用する方もいるようで……

猫の肥満

あなたの猫、肥満していませんか? 猫にダイエットさせる方法とは?

ころころとした猫の姿はユーモアもあって可愛いことこの上ないのですが、もし猫が過度に肥満していたら、笑って見ているわけにはいきません。 肥満はさまざまな病気の原因にもなりますので、食べ過……

猫の食習慣チェック

最近の猫の40%が肥満!メタボ猫になってしまう5つの原因とは

2010年の飼い猫の調査によると、最近の犬猫の40%は肥満だという結果があり、その数は年々増加傾向にあるそうです。 デブにゃんこは確かに可愛く微笑ましいと思いますが、猫の健康を考えたら……

猫の肥満

【獣医師監修】デブ猫厳禁!失敗しない猫のダイエット方法をご紹介します!

最近、丸々と太った「デブ猫」の画像や動画をテレビやインターネットで見かける機会が増えています。確かに愛嬌があってとても可愛いですが、愛猫があそこまで太るのはちょっと気持ちよくありせんよね。程……

猫の肥満