2016年6月13日更新

ロシアンブルーの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、人間と同じく猫の健康にも関心が高まっています。少しでも自身の家族に長生きしてほしいのは、誰もが感じていることです。猫の寿命を延ばすことは、実際にできるのでしょうか?

今回はロシアンブルーの寿命と長生きのポイントについてご紹介します。

 

ロシアンブルーの平均寿命は?


猫全体の平均寿命が15歳前後です。
一方で、ロシアンブルーの寿命は11歳~14歳前後と少し短い印象でしょうか。

しかし、個体差もあるので一概には言えません。中には、19歳くらいまで生きた猫もいるので、普段の生活によっては長生きすることもあるかもしれません。

では、実際に注意をするポイントはどこでしょう?

長寿のポイントは?

食事

まず、人間と同じように食事が一番重要な要素です。キャットフードの成分表などについて、調べたことはありますか?

お使いのキャットフードに何が入っているか見てみてください。人間の食事では、考えられないようなものが入っている可能性があります。キャットフードを選ぶ際には、必ず内容物をしっかりと確認したうえで、選びましょう。

他にも、食事を望まれるままに与えていては、肥満につながってしまいます。必ず適切な量を与えるようにしましょう

また、皿にいれっぱなしではなく、食べないようであれば一度下げると良いでしょう。

環境

ロシアンブルーは、原産国がロシアと言われています。そのため、寒さには強いようですが、暑さには弱いでしょう。特に日本の夏は暑いので、室温管理を徹底する必要があります。

他にも、警戒心の強い猫なので来客が多いと、ストレスを感じてしまう可能性もあるでしょう。なるべく、専用の部屋などで飼育すると、安心できる専用のスペースを作ってあげると良いでしょう。

室内飼いの猫と室外飼いの猫では、寿命が異なると言われています。もちろん、室内飼いの猫の方が長いそうです。少しでも長く一緒に過ごすためにも、完全室内飼いが良いでしょう。

かかりやすい病気は?

ロシアンブルーは丈夫といわれています。しかし、尿路結石症などの泌尿器疾患にはなりやすいです。

猫はもともとあまり水を飲まないので、水をたくさん飲んでもらいましょう。部屋に2、3カ所に水皿を用意して、好きな時に好きな場所で飲めるようにすると良いでしょう。

そして、水をよく飲んでもらえるようであれば、トイレの回数や色などをよく観察しましょう。おしっこから、健康状態を把握することもできるようなので、PHがわかるトイレ砂なども用いるのも良いのではないでしょうか。

 

ロシアンブルーと長く一緒にいるために

ロシアンブルーは神経質な猫なので、環境もかなり重要になってくるでしょう。あまりにストレスがかかる環境だと、神経性の病気などにもつながりかねません。
状態をよく見て、普段と様子が違うようなら、すぐに動物病院に相談することが予防になります。