2016年6月13日更新

アビシニアンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、猫を飼う方も増えていて、猫の健康にも意識が高まっています。高齢社会は、猫にも言えることでしょう。

猫が健康で長生きをするためには、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?また、猫種ごとにかかりやすい病気はあるのでしょうか?

 

アビシニアンの平均寿命は?


猫の平均寿命は、15歳前後と言われています。アビシニアンの寿命は10歳~13歳前後なので、平均より少し短い印象でしょうか。
雑種の猫は長寿の場合が多いので、純血種になるとやはり少しデリケートなことが多いようです。

しかし、個体差も大きいので、餌や環境にも気を配れると、長生きしてくれるかもしれません。限られた時間の中、できることはしてあげられると良いでしょう。

長生きしてもらうには?

食べ物

まず、猫も人間も食べ物によって体が作られるので、餌が一番重要になってきます。ホームセンターや薬局などで販売されているものの中には、考えられないようなものが含まれている場合もあります。一度、現在与えているキャットフードの、内容物について調べてみても良いかもしれません。

餌の量は記載されている規定量を与えましょう。それ以上与えてしまうと、肥満になってしまう可能性があります。アビシニアンは肥満になりやすい猫種なので特に注意してあげましょう。

また、水を飲ませることも大切です。水をあまり飲まない猫であれば水の容器を交換してみるのもよいです。給水容器には風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類があります。

好みの物を選んで、部屋に2、3カ所水飲み場を設置してあげましょう。個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

環境

アビシニアンは運動が好きなので、運動ができる環境を整えてあげましょう。しかし、あまりに高いところにも登れるような環境であれば、少し気を付けてあげると良いでしょう。骨折などしてしまうと、活発な性格から完治が遅れてしまうこともあるかもしれません。

犬のような猫ともいわれているので、飼い主とのスキンシップも欠かせません。過度に構う必要はありませんが、たまには一緒に遊んだりという時間も必要でしょう。

また、室外飼いの猫よりも室内飼いの方が寿命が長いそうです。当たり前と言えば当たり前ですが、外に出られない環境を作ってあげることも必要でしょう。

かかりやすい病気は?

  • 遺伝性陣機能不全
  • ホルモン疾患

になりやすいとされています。腎臓は猫にとって、とても重要で腎臓に疾患を抱えてなくなる猫が多いそうです。また、アビニシアンは遺伝的にも、かかりやすいので注意が必要です。

 

アビシニアンと少しでも一緒にいるために


アビシニアンと、長く一緒に入るためには必ず様子をしっかりと、確認しましょう。何か変化がないかどうか、高齢になってからは特に注意深く観察すると良いでしょう。

もしも、何か異変があったり普段と違うことがあれば、すぐに動物病院で見てもらうことが、長寿につながるかもしれません。

 
 

関連カテゴリ