2016年12月29日更新

むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

犬や猫の「しっぽ」は、ヒトにはないだけに謎の器官です。子どもの頃、よく大人から「犬・猫のしっぽをさわったらダメ」と言われたものですが、何か理由があるのでしょうか。獣医師で、とよす動物病院(東京都江東区)の矢野貴之院長に詳しく聞いてみました。

犬・猫が嫌がらなければ、しっぽを触ることは問題ない

――犬・猫のしっぽを触って、嫌がられたことがあります。このとき、犬・猫はどのように感じているのでしょうか。
矢野獣医師  しっぽは、体を動かすときにバランスをとる役割を担っています。ですから、犬や猫は、しっぽに何かが当たる感覚には敏感です。

また、うれしい、怖い、怒っているなどの感情を表現する器官でもあります。そのため、急にヒトからしっぽを握られると、感情の表現が思うようにできなくなり、嫌がることや怒ることがあるのです。嫌がったら無理にしっぽを触らないようにしましょう。

――嫌がられない場合は、触っても問題ないのでしょうか。
矢野獣医師  犬・猫が激しく活動していない、リラックスしているときなら触っても問題ありません。動物病院の診察でも、炎症やしこりなど皮ふのトラブルがないかを確認するためにしっぽを触ることがあります。

しっぽを追いかける行動は、ストレス、皮ふトラブルのサイン

――犬・猫が、自分のしっぽを追いかけてぐるぐる回るのを見かけたことがあります。この行動には、どんな意味があるのでしょうか。

矢野獣医師  主に、3つの要因が関係しています。

(1)遊び

退屈なときや遊び相手がいないときなどに、たまたま目に入った自分のしっぽを追いかけて遊ぶことがあります。

(2)ストレス

散歩や運動が足りないとき、かまってもらえず寂しいとき、叱られた後、嫌いなお風呂に我慢して入った後などに、ストレスからしっぽを追いかける行動を繰り返す場合があります。

(3)しっぽのトラブル

しっぽに虫さされ、炎症などのトラブルが生じ、痛みやかゆみがあると、しっぽを追う、かむなどの行動に出る場合があります。

犬・猫がしっぽを追いかける姿をときどき見かける程度であれば、(1)の可能性が高いので心配する必要はありません。しかし、1日に何度も繰り返す場合は、(2)や(3)の要因が考えられるので、動物病院を受診しましょう。

また、しっぽを追いかけているときに飼い主が注意すると、褒められたと勘違いし、気を引こうとして余計に繰り返す場合があります。見かけても声をかけず、無視しておきましょう。

ドアに挟む、踏まれると、しっぽも骨折する

――しっぽに虫さされや炎症などの皮ふトラブルが起こることは、よくあるのでしょうか。

矢野獣医師  しっぽにも皮ふがあるので、体同様に皮ふ病になる可能性があります。例えば、花粉、カビ、ハウスダストなどが原因となる「アトピー性皮ふ炎」、ノミやダニなどの寄生虫が原因の「皮ふ炎」、ホルモン分泌の異常によって起こる「脱毛症」などです。

また、しっぽは肛門に近いので、肛門の周囲に起こった炎症や化膿などのトラブルがしっぽにも広がる、影響することがあります。例えば、去勢していない高齢のオス犬によく見られる「肛門周囲腺腫(せんしゅ)」は、老化に伴うホルモンバランスの変化によって肛門の横にある皮脂の分泌腺の周辺にしこりができる病気ですが、しっぽの付け根部分にしこりができる場合もあります。

これらのトラブルを早めに発見するために、週に一度はしっぽの状態を観察することをお勧めします。触らせてくれるようなら、根元から先端に向けて触れながら腫れやしこりなどの異常がないかも確認しましょう。

――しっぽに起こりやすいケガについても教えてください。

矢野獣医師  種類によって形状、長さはさまざまですが、しっぽは、犬で6~23個、猫で16~21個の「尾椎(びつい)」という骨が連なってできています。しっぽの長い犬・猫の場合、しっぽをドアに挟む、ヒトに踏まれるなどすると、骨折する、尾椎の位置がずれて脱臼(だっきゅう)することがあるので気を付けてください。

――ありがとうございました。

犬・猫のしっぽは、体のバランスをとる、感情表現をする役割を持つ重要な器官だということです。その点を知っておき、やさしく触りながらトラブルが起きていないか、まめにチェックするようにしたいものです。

記事提供:むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫も衣替えをする!?猫の換毛期

私たち人間は、季節に合わせて衣替えをします。でも、猫も衣替えをするってご存知でしたか?猫も確かに衣替えをするのですが、私たちのように服を着ているわけではないので、クローゼットの中身を入れ替え……

猫の雑学

猫に嫌われるのにはワケがある?猫に嫌われる6つの行動とは?

猫はもともと警戒心の強い動物です。飼い主さんに慣れれば甘えん坊な一面も見せてくれますが、知らない他人はもちろんのこと、飼い主さん家族の中にも苦手な相手がいたりします。「家の猫がなかなか懐いて……

猫の雑学

猫と初詣に行きたい!ペット祈願ができる神社やお寺を紹介

新しい一年の始まりに愛猫と一緒に初詣に行けたら、どんなに嬉しいだろうか…。そんな思いを振り切って、猫を留守番させて初詣に出かける人も多いのではないでしょうか。でも、ご安心ください!実は、猫と……

猫の雑学

その肉球、ぷにぷにですか?冬は猫の肉球の乾燥に注意!

猫のチャームポイントは数多くありますが、中でもとりわけ「肉球」に魅力を感じている人は多いと思います。ぷにぷにの肉球に触ると癒されますよね。でもこの肉球、猫にとって、生きていくうえで無くてはな……

猫の雑学

【ネコ科でもいろいろ?】猫と大型ネコ科動物を徹底比較!意外な特徴がたくさん!!

猫と同じ科に属するライオン、トラ、豹などの動物は顔も猫そっくりですし、そのライフスタイルや体のつくりも似ています。ところが、大型ネコ科動物には猫やほかのネコ科動物とは異なる特徴も多々見られま……

猫の雑学

猫のことわざは世界共通? 英語の中の「猫ことわざ」

「猫に小判」や「猫の手も借りたい」など、私たちの暮らしの中には猫にまつわることわざがたくさんあります。では、海外にも猫にまつわることわざはあるのでしょうか? 以外にも世界各地に猫にまつわるこ……

猫の雑学

キジトラ好き必見!猫はもともと1種類の柄しかなかった?

猫の柄には、キジトラやサバトラ、三毛猫、白黒など、様々な種類があります。最近では、猫の柄で猫の性格が分かるとも言われていますね。でも、実は古代エジプトの猫のミイラを調べたことで、猫の柄がキジ……

猫の雑学

あれ?? 猫と一緒に暮らしていても意外と知らない猫の不思議

猫を飼っている人でもちょっとマジマジと見てみないと知らない猫の不思議があるのをご存知ですか? 飼い始めて飼い主さんがお医者さんに行ってしまうなんて笑い話になったり。猫の事を知っている人……

猫の雑学

もしかして「私のこと、好き?」 猫があなたに好意をもっている5つのサインとは?

猫は言葉を話しません。だから、猫の飼い主さんでも「ウチの猫、私のことをどう思っているんだろう?」などとつい、考えてしまいますね。安心してください。口には出さなくても猫はちゃんとボディーランゲ……

猫の雑学

猫とのお別れの後に感じる喪失感。そもそもペットロスとは何?

考えたくはありませんが、猫を飼っていると必ずやってくるのが猫とのお別れ…死別です。猫を大切にしている人ほど猫を失った喪失感が大きく、ペットロスになる人も少なくありません。長い人だと何年も続き……

猫の雑学

激レア! 「三毛猫のオス」は家が買えるほど高価って本当?それとも都市伝説?

どの街角でも見かける「ネコ」。茶色のトラや白黒のブチ、3色そろった三毛猫が定番だが、オスの三毛猫は家が買えるほど高値がつくのはご存じだろうか? 毛の色は遺伝子によって決まるが、子の性別……

猫の雑学

猫が好きな場所の条件を知って猫のための空間を作ろう

最近、動物園などで野生の動物にできるだけストレスを感じさせない環境を作る「環境エンリッチメント」が話題になっています。環境エンリッチメントは動物園だけでなく、お家で飼い猫のためにもできるんで……

猫の雑学

猫もテレビを見る!?猫が好きなテレビ番組は何?

猫がテレビに釘付けになる姿を見て、キュンキュンしている飼い主さんも多いのではないでしょうか。じーっと画面を見る猫はテレビの何に興味を惹かれているのか知りたいと思いませんか?そんなテレビが好き……

猫の雑学

青目の白猫は難聴?その理由と確率とは…【獣医師が解説】

「青目の白猫は難聴が多い」って聞いたことはありませんか?これは単なるうわさではなく、れっきとした事実です。今回は青目の白猫が難聴になる理由とその確率を見ていきましょう。 毛の色と難聴に関係……

猫の雑学

発表!2016年アメリカで人気の猫の名前、オス・メスTOP10!

猫を飼うときに最初にすること。それは名前を決めることです。皆さんあれこれ悩んでつけていると思います。2015年に発表された、日本の猫の名前トップ3は、男の子で「レオ」「ソラ」「コタロウ」、女……

猫の雑学