2016年3月16日更新

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬は香水の香りが苦手な可能性があります」と話すのは、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長。今回は、「犬の嗅覚」に関する疑問について、詳しく聞いてみました。

犬の嗅覚は、ヒトの100万~1億倍

――犬の嗅覚はヒトの1億倍発達していると聞いたことがありますが、これは本当でしょうか。

橋本獣医師 本当です。正確に言うと、犬がにおいを嗅ぎとる能力は、「犬が好むヒトを含めたほ乳類の汗のにおい」の場合で、人間の約100万~1億倍あるといわれています。ただし、犬種や犬の年齢、個体によって差はあります。犬もヒトも、鼻の中にある「嗅粘膜(きゅうねんまく)」でにおいを受け止め、嗅粘膜にある「嗅細胞(きゅうさいぼう)」がにおいを脳に伝えるセンサーの役割を果たします。嗅粘膜の表面積が広く、嗅細胞の数が多いほど、においを嗅ぐ能力は高くなります。犬の嗅粘膜の表面積は人間の10~50倍、嗅細胞の数は人間の20倍以上あると言われています。

――では、犬は人間が感じる100万~1億倍もの強烈なにおいを常に感じているということですか。

橋本獣医師 そうではありません。「犬の嗅覚がヒトの1億倍ある」と言っても、単純ににおいの強さが1億倍になるわけではないんです。においが1億分の1になっても嗅ぎ分けられる、ということです。

また、犬の嗅覚は、においの種類によっても変わります。犬は、ヒトの汗の成分の酢酸臭、尿に含まれるアンモニア臭には強い嗅覚を発揮します。一方で、花やニンニク、洗剤や薬品に含まれる人工の化学物質など、犬の生活にあまり関係のないにおいには、反応が鈍いと考えられています。それでも、ヒトよりにおい全般を嗅ぎ分ける能力が高いことに変わりはありません。

香水、化粧品、アロマは、嫌がらないかどうかで判断を!

――犬を飼っている場合は、香水はつけないほうがいいですか。

橋本獣医師 犬にも苦手な香りがあります。犬が香水の香りを嫌がるようなら、つけない方が犬の負担が少ないでしょう。普段から香水をつけていて、犬が特に気にしていないようであれば、つけても問題ないでしょう。

――化粧品やヘアケア製品など、ほかに日常生活でにおいに関して気を付けることがあれば教えてください。

橋本獣医師 化粧品やヘアケア製品のにおいを嫌がっていないかは注意してください。室内犬の場合、芳香剤や防臭スプレーのにおいが苦手な場合もあります。また、ヒト用のシャンプーは、犬にとっては香りも肌への刺激も強すぎることが多いため、必ず犬専用のものを使うようにしましょう。

――室内で犬と暮らしている場合は、アロマをたくのも控えたほうがいいですか。

橋本獣医師 アロマテラピーで使う精油は自然の植物から抽出されているため、人工の香料に比べるとほのかに香るのが特徴です。例えば、ラベンダーやレモングラス、ゼラニウムなどの比較的刺激の少ない精油を使ってアロマディフューザーで香らせる、バスタブに入れるなどの一般的な方法で楽しむならば問題はないでしょう。もちろん、犬が嫌がるようなら止めてください。
ただ、精油の成分は呼吸器からも入ってくる、犬がヒトの手についた成分をなめる場合もあります。アロマをたく際は、成分分析表が付いている精油を選び、農薬や防腐剤の成分が「検出されなかった」という結果が表示されていることを確認しましょう。

――最近は、ドッグアロマセラピーが広まっているようですが、犬も香りの作用でリラックスやリフレッシュをするものなのでしょうか。

橋本獣医師 アロマテラピーは、犬の心身の健康にさまざまないい効果をもたらすことが期待できます。ただし、精油を犬の体に使う場合には、健康状態の確認やパッチテストが必要なので、アロマの知識を持つ獣医師に相談することをおすすめします。また、好きな香り・苦手な香りは犬によって異なり、好みを尊重することが大切です。わたしが院長を務める動物病院では、カウンセリングを行った上で体質や目的に合う精油を選び、犬自身がその香りを気に入るかどうかをチェックしてから調合します。

――ありがとうございました。

犬の嗅覚が優れているとは聞いていましたが、予想以上に鋭いこと、またその分、繊細であることが分かりました。犬が周囲のにおいをどのように感じているのかを想像し、犬にとってなるべくストレスが少ない環境を整えていってくださいね。

記事提供:香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

[愛犬に手作りごはん]ささみ巻きポテトのレシピを動画でご紹介♪

愛犬のごはんは、毎日おなじドッグフード、、、そんな家庭も少なくないでしょう。でも、たまにはご褒美のオヤツを手作りしてあげてみませんか? 手作りごはんであれば、材料も自分でそろえられるし……

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関が……

【動物看護士が解説】老犬の『食事介護』正しい方法を解説します

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に……

初めて犬を飼う方に 子犬の飼い方・しつけ方

犬を飼うまで 犬を飼うということは、一生面倒をみるということです。食事や散歩だけでなく、排泄物の処理やしつけ、病気にかかったときには動物病院へ連れていかなければいけません。動物を飼うという……

獣医師が解説!犬の〝年齢別〟予防接種のいろは。

愛犬の健康管理は飼い主のとても大切な役割です。日々の健康的な生活習慣による健康管理はもちろんですが、伝染病を予防するための予防接種(ワクチン接種)も愛犬のために忘れてはならないことのひとつで……

【トラブルと対処方法】外出、外泊でおきた体験談。

だんだん暖かくなってきて、ペットと一緒のおでかけをする方も増えてくる季節です。今回は外出、外泊でおこったトラブルの体験談を集めてみました。獣医師さんのコメント付きなので、外出・外泊を計画中の……

犬や猫も花粉症になるの…?そんな疑問に獣医師がお答えします!!

くしゃみが止まらない。鼻水が止まらない。目がかゆい。毎年春になると、花粉症の症状に悩まされる人も多いでしょう。今年も、辛い花粉症の季節が近づいてきました。ところで、犬や猫に花粉症があるのか、……

インパクト大!!サイズの調整も可能な『ベジタブルペットベッド』とは…?

にゃんガルーパーカーでもお馴染みの【UNIHABITAT】から発売されているペット用ベッドがインパクト抜群!!置いてあるだけでポップなインテリアにもなる便利な『ベジタブルペットベッド』をご紹……

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

【注目!】猫用 歯磨きグッズおすすめ10選

歯周病を放置しておくと、普通はあまり口臭がない猫でも臭いがひどくなったり、全身麻酔で抜歯をしなければならない状態になりかねません。 虫歯にはなりにくいものの、歯周病には気を付けてあげね……

折りたたんで持ち運び可能!緊急時にも活用できる『ペット用クレート』!

人間とペットの暮らしをより近くするペットインテリア用品ブランド【UNIHABITAT(ユニハビタット)】から、発売されている折りたためて持ち運び・収納が簡単な【モバイルハウスキャリークレート……

ギネスブックに載った犬達 世界記録をもつ犬を一挙ご紹介!

世界中で記録されるさまざまな世界一を認定しているギネスブック。人間だけでなく動物達が達成した記録も認定されています。もちろん犬の世界一記録もさまざま。誰が考えたのかと思うような面白い記録もあ……

犬の雑学

『保護犬専用ブース』を設け里親探しも行う新しい形のペットショップ。

『P’s-first』というペットショップをご存知でしょうか? ペッツファースト株式会社が運営しているペットショップで、従来のペットショップとは少し違った取り組みをしています。 『ペット……

子どもがいる家で犬を飼った方がよい4つの理由とは?

現在、ペットを飼っている人にペットを飼った理由を尋ねた複数の調査によると、「動物が好きだから」「気持ちが和らぐから」などと並んで「子どもの情操教育のため」という理由がトップ3に入っています。……

クスッと笑えてほっこり温かい癒し系ねこマンガ『ずぅねこ』とは?

画像出典:PR TIMES 9月19日発売の、動物園で暮らす猫たちと動物や職員たちとのふれあいを描いた癒し系コミック『ずぅねこ ~とくがわ東どうぶつ園日記~』!!人気急上昇で、発売後たちま……