2016年6月13日更新

メインクーンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、猫ブームで多くの方が猫との生活を始めています。生活を始めたからには、少しでも長く一緒にいたいと思うのが飼い主の心情。

幸せなことに、昨今ではキャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。では、実際に何をすれば健康で長生きできるのでしょうか?

 

メインクーンの平均寿命は?


猫の平均寿命は、15歳前後といわれています。メインクーンの寿命は11歳~14歳前後といわれているので、猫全体の平均寿命よりも若干短めでしょうか。大型の猫は小型の猫と比べると、少し短くなるといわれているので、大型の中では平均的かもしれません。

寿命は、生活習慣によって変えることができるでしょう。猫のためにできることをしてあげると、期待に応えてくれるかもしれません。

長寿のポイントは?

食べ物

人間も猫も、まず一番重要なことは食事でしょう。猫の餌は最近様々な場所で、販売されています。薬局やスーパーなどでも、見かけるようになりました。

しかし、安い餌には何が入っているかご存知ですか?中には、量を増やすためにアレルギー物質が入っていることもあります。一度、現在与えている餌に入っているものを、調べてみてはいかがでしょうか?

負担になるほど高額な餌を与えることはできませんが、少し知っているだけで考えることができます。是非、餌を見直してみてください。

環境

生活環境の中では、ひもやおもちゃにもご注意ください。特に、ひもは口にしやすい身近なものです。食べてしまって、腸に絡んでしまったり、誤って排泄時に引っ張ってしまうと、腸が捻じれてしまうことも考えられます。

犬に比べて、誤飲は少ない猫ですが、ひもなどは遊びたがるので、誤飲しやすいでしょう。想像以上に、大変なことになってしまいます。

他にも、室外飼いの猫は室内飼いの猫に比べて2、3歳寿命が短くなってしまうようです。完全室内飼いにするだけで、多少の変化は得られます。

メインクーンがかかりやすい病気

肥大性心筋症

肥大性心筋症は、心臓の筋肉が厚くなってしまう心臓病です。心不全や後ろ足の麻痺、突然死に繋がる病です。症状がわかりづらく、発見が遅れてしまう可能性が高いようです。

遺伝性疾患

遺伝性の疾患もメインクーンには多いようです。

上記の肥大性心筋症やアレルギーの他に、口内炎などにもご注意ください。
口内炎に関しては、人間でいう口唇ヘルペスのようなものなので残念ながら、完治はできないようです。

 

メインクーンと長く一緒にいるために


幼い頃からしっかりと見てあげることができていると、ちょっとした変化にも気が付くことができるでしょう。様子がおかしかったら、獣医に相談するのが良いでしょう。

【メインクーンのおすすめ記事】

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ