2016年6月13日更新

アメリカンショートヘアの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫ブームのためか、最近ではペットショップでも以前より猫が増えました。そのため、キャットフードの種類もたくさんでていて、飼い主の意識も高まっているためか、長寿の猫が増えているようです。

アメリカンショートヘアは猫好きでなくても、知っているような有名な猫種です。長生きしてもらうには、何に気をつけたらよいでしょうか。

 

アメリカンショートヘアの平均寿命は?


猫の寿命が平均15歳前後と言われています。アメリカンショートヘアの寿命は平均12歳~13歳程度と言われているので、猫全体と比べると少し短い印象でしょうか。

一般的には、純血種の猫より雑種の方が体が丈夫で、長生きとも言われています。しかし、人間にできることはたくさんあります。出来る限りのことをしてあげられると、良いでしょう。

長生きするためのポイントは?

食べ物

最近では、薬局やスーパーなどにもキャットフードが置かれています。値段も高級品から、格安の物まで様々です。もちろん、全て同じではありません。値段が違えば、内容物も異なります。

一度、現在与えているキャットフードの内容物を調べてみましょう。猫の体に、良くないものが含まれている可能性があります。

高級フードを与えればよいというわけではありませんが、安いだけのフードには何が入っているかわかりません。内容物についてよく理解したうえで、与えるようにしましょう

水と排泄


猫の一番多い病気は高齢の場合、慢性腎不全だそうです。メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。長生きしている猫も、メスの方が多いことそうなので、その証拠かもしれません。

他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうというようなこともあるようです。水飲み皿も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類があります。

部屋に2、3カ所は水飲み皿を、用意して好きな時に好きな場所で、飲めるようにしてあげましょう。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

水をたくさん飲ませたら、おしっこのチェックをしましょう。色の濃さや量などで、普段と様子が違う場合など、気付くことがあります。最近では、PHがわかるトイレ砂もあるようなので、試してみると良いかもしれません。

かかりやすい病気は?

アメリカンショートヘアは、純血種の中でもケガや病気をしにくい猫とされているようです。しかし、食欲旺盛なので肥満にはご注意ください。肥満によって引き起こされる病気は、糖尿病や関節疾患などです。

他にも、猫の高齢化に伴い増えているのは、腎臓の病気です。砂が溜まってしまった場合には、メスよりもオスの方が溜まりやすく死につながってしまうことが多いようです。

腎臓の病は、死因にもつながるので気付きにくいことではありますが、注意して普段と様子が違うようなら、獣医へ相談することをお勧めします。

 

アメリカンショートヘアと長く一緒にいるために

少しでも長くいるために、餌を見直してアレルゲン物質をなるべく排除してあげたり、水も多めに用意してあげましょう。室内で、飼うことができるだけでも違います。人間も猫も、無理なく一緒に暮らせると良いでしょう。