2015年10月12日更新

少し大きなカメ『アカアシカメ』の生態、性格、食性について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

アカアシカメはペットとして飼育できるカメのなかでは中くらいの大きさのカメで、ずっしりとした風格を持ちつつ、ある程度の大きさで成長が止まってくれるという特徴から、古くから現在まで世界で愛されているカメです。日本の気候にも適応しやすいので、初めて飼うにもおすすめなカメなので、興味のある人はぜひ記事を読んでみてください。

 

アカアシカメの生態

アカアシカメはカリブ海にある島々や中南米の湿地帯や森林に生息しているリクガメで、甲羅の大きさは45cmほど。最大だと50cmを超した記録もありますが、そこまで大きくなるのは稀です。

甲羅の模様、形ともにとても綺麗で、またチェリーヘッドという頭が赤くなる種類もいるなど鑑賞価値は非常に高いといえるでしょう。

アカアシカメの性格

とても大人しくて臆病な性格をしています。長く接するうちに手から直接エサを食べてくれるようになる個体もいますが、基本的にはスキンシップには向かない性格をしているでしょう。

 

アカアシカメの食性

完全な草食性と思われがちですが、実は動物の死骸なども食べることができます。飼育下では無理に食べさせる必要はありませんので、他のリクガメ同様、専用のフードと野菜、果実をバランス良く与えるようにしましょう。

アカアシカメの病気と寿命

アカアシカメの寿命は40年以上とも言われています。非常に長寿なので、飼育する前に長期間飼育できるか熟慮する必要があるでしょう。

乾燥や湿度、さらに温度もそれなりに適応できるのでカメの中でも飼育難易度はやさしい方です。ただし急な温度変化や乾燥には弱いため、ヒーターやホットスポット、さらに紫外線ライトといったお決まりの飼育セットは必要になるでしょう。甲羅にヒビが入ったり、コケやカビが生えなよう気を付けてケアしてあげましょう。

アカアシカメの飼育について:まとめ

アカアシカメは45cm前後に成長することもあるカメで、非常に大人しくて温厚な性格をしています。エサは雑食性でなんでも食べるので、一般的なリクガメと同様、専用のフードと野菜を併用して与えましょう。

温度や湿度への対応もそれなりに対応できるので、一般的なリクガメの飼育設備を揃えれば飼育することが出来るでしょう。ただし大きくなるので飼育スペースは確保するようにしましょう。

寿命が40年以上とかなり長寿なので、最後まで飼えるか慎重に検討しましょう。

 
 

関連カテゴリ