2017年5月17日更新

ボストン・テリアの寿命ってどのくらい?長く元気でいるための秘訣は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

大きな目とペチャっとつぶれた鼻がユーモラスでキュートなボストン・テリア。外ではやんちゃ、家では飼い主に従順な犬です。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

ボストン・テリアの平均的な寿命は?

ボストン・テリアの平均的な寿命は13歳~15歳といわれています。小型犬の平均寿命が15歳前後といわれていますので、ボストン・テリアは小型犬として平均的な寿命の犬種ということになります。

ボストン・テリアは遺伝性の病気も少なく、皮膚のケアなども簡単で運動量もそれほど必要ない、飼いやすく健康的な犬種だといわれています。今は犬の医療も進歩してきており、平均寿命を超えても元気な犬が増えているようです。ボストン・テリアとの生活で注意する点を理解して、長く楽しい時間を過ごせるようにしたいものですね。

元気で長生きのポイントは?

ではどのようなことに注意して生活していけばよいのでしょうか?健康寿命を延ばすポイントをいくつかご紹介します。

呼吸器系の病気に注意!

ボストン・テリアのようなマズル(鼻口部)の短い短頭型犬種の場合は呼吸器系の病気には注意が必要です。理由としてはその体型にあります。短頭型犬種の場合は元々鼻道が狭く首や胸が詰まった体型をしているため、他の犬種に比べて強く呼吸をしなければ呼吸ができず、どうしても胸に負担がかかってしまうのです。

ではボストン・テリアがかかりやすい呼吸器系の病気にはどのようなものがあるのでしょうか?主なものをいくつかご紹介します。

  1. 鼻腔狭窄
  2. 鼻の穴と空気の通り道である鼻腔が狭くなっている状態で、呼吸がしにくいだけでなく体温の調整が難しくなってしまう病気です。

    先天性の病気なので予防することは難しいのですが、鼻水がよく飛んでしまう、呼吸が荒くよくチアノーゼを起こすなどの症状がある場合は、早めに動物病院を受診して治療方法などを相談しましょう。

  3. 気管虚脱
  4. 気管が扁平につぶされたような状態になってしまう病気で、軽症の場合は運動や食事の後などにアヒルの鳴き声に似たような「グォグォ」もしくは「ゲッゲッ」といった咳がでます。原因ははっきりとはわかっておらず、遺伝的なものかもしれないといわれていますが、肥満の犬に多いことから肥満も原因の1つと考えられています。

    慢性的な病気のため完治させることは難しいですが、軽度の状態であれば日常の生活で進行を抑えることができます。気をつける点は次の通りです。

    • 肥満解消のための食事療法を行う。
    • 喉の圧迫を避けるために散歩の時は首輪をやめてハーネスなどを使用する。
    • 夏場の暑さをしっかりとコントロールしてあげる。
    • 興奮させない。
    • ストレスをためない。
  5. 軟口蓋垂過長
  6. 軟口蓋垂という部分が長く喉の方へ垂れ下がってしまうことで気管虚脱と同じような症状が現れる病気です。気管虚脱が老齢な犬に発症することが多いのに対して、軟口垂過長は若い犬に多く見られる病気です。重度の場合は長く垂れさがった部分を外科的に切除する場合もありますが、おおかたの場合は気管虚脱と同じような点に気をつけて日常生活を送っていれば大丈夫だといわれています。

    ただ軟口垂過長の場合は先天的に心臓弁膜症と合併している場合が多いので、症状がみられる場合は心臓の定期検診を行った方がよいとされています。

    夏場の暑さは大敵

    ボストン・テリアのような短頭型犬種は呼吸器官系が弱いことは前述しましたが、呼吸器が弱いということは体温の調整も苦手ということになります。そのため他の犬種よりも熱中症に注意が必要になります。

    夏場はできる限り温度のコントロールが効いている室内で過ごすようにしましょう。夏場の犬にとっての適切な室温は25℃~28℃といわれていますが、特に暑さに弱いボストン・テリアの場合はそれよりもやや低い温度がよいといわれています。飼っている犬の様子を見ながらその犬にあった適温をみつけてあげましょう。

    また散歩などは朝方や日の暮れた20時過ぎの遅い時間にしてあげましょう。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    大きな目に気をつけてあげましょう

    ボストン・テリアの魅力の1つである大きな目ですが、やや突き出た形をしているため怪我をしやすいといわれています。散歩などの時は枝や草が目に入らないように注意してあげましょう。また室内ではボストン・テリアの目の高さに突起物を置かないようにしましょう。

    もし目をぶつけて角膜を傷つけてしまうと、角膜腫瘍という病気になってしまうことがあります。ぶつけた後に目をしきりにかくようになった、赤く充血してあけにくいような状態が続いているなど、いつもと違う行動をしているようならば、できれば眼科専門の動物病院を探して受診するとよいでしょう。

     

    シニアになったら注意してあげたいこと

    ボストン・テリアのような小型犬の場合は7歳ころからシニア期に入り、10歳ころからは本格的な老化が始まるといわれています。

    シニアに入るとどうしてもエネルギー代謝が落ちていきます。ボストン・テリアにとって肥満は呼吸器の病気を誘発する可能性があるため、注意しなければなりません。7歳に入ったらローカロリーのシニア食に切り替えてあげましょう。また噛む力も弱っていきますので、硬いドライフードなどはふやかしてあげるなど、丸のみをしないような工夫をしてあげましょう。

    またボストン・テリアの場合は元々多くの運動量を必要としないといわれています。シニアになったら夏場などは室内でゆっくりとさせてあげるとよいですね。

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    長く一緒にいるためには

    老化が始まるとどうしても様々な症状が現れるようになります。飼い主としてはなかなか受け入れにくいものかもしれませんが、生き物を飼っている以上避けがたいことです。

    長く元気でいてもらうには、老化の現象を嘆くのではなくできるだけ受け入れてあげて、1つ1つの症状にあわせて生活を変えてあげるとよいでしょう。

    また症状には現れていなくても潜在的な病気が発症している可能性もあります。シニア期に入ったら半年に1回くらいのペースで定期検診を受けるとよいですね。

    ボストンテリアについて詳しく知りたい方はこちら
    ボストンテリアの基礎知識まとめ

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

ボストン・テリアの寿命ってどのくらい?長く元気でいるための秘訣は?

大きな目とペチャっとつぶれた鼻がユーモラスでキュートなボストン・テリア。外ではやんちゃ、家では飼い主に従順な犬です。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいると……

ボストン・テリア

ボストン・テリアの散歩に適しているのは首輪?それともハーネス?

短頭種の中ではスマートな体つきをしているボストン・テリア。活発で遊ぶことが大好きなボストン・テリアにとっては、散歩はストレスの発散のためにも欠かせないものですね。そこで問題になるのが首輪がい……

ボストン・テリア

ボストン・テリアの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

短い鼻と大きな目、ピンと立った耳が独特の風貌を醸し出すボストン・テリア。飼い主の気持ちに敏感に反応してくれる犬です。そんなボストン・テリアの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入……

ボストン・テリア