2016年4月7日更新

秋田犬の寿命ってどのくらい?長く元気でいるためにはどうしたらよい?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

忠犬ハチ公やわさお君など多くのアイドル犬がいる秋田犬。国が天然記念物に指定している日本犬種6種のうちの1つです。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

秋田犬の平均的な寿命は?

秋田犬の平均的な寿命は11歳~15歳だといわれています。大型犬の平均的な寿命が13歳といわれているので、平均的な寿命の犬種だといえますね。

秋田犬は名前のとおり秋田県で生まれ、素晴らしい猟犬として歴史を重ねてきました。日本古来の犬種なので温暖で涼しい気候の地域では外で飼育することも可能なほど、日本の気候風土にあった体質をしています。そのため外国種の犬に比べると、格段に病気にかかりにくいといわれています。

また今は犬の医療も進歩してきており、平均的な寿命よりも長く元気に過ごしている犬も多くなってきています。秋田犬の寿命を延ばすのは飼い主の健康管理次第といえるかもしれません。

元気で長生きのポイントは?

では元気で長く一緒にいるにはどうしたらよいでしょうか?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

Akita inu

目の病気に注意しましょう

秋田犬はその体格に対して耳や目が小さい体型をしています。そのため目瞼内反症いわゆるさかまつげになりやすいといわれています。幼年期に発症するケースが多く、大きくなるにつれて徐々に改善されていくことがほとんどですが、重度の場合は内反矯正手術を行う必要があります。

また進行性網膜萎縮という病気の発症も多いようです。この病気は遺伝が原因の病気なので予防することは難しく明確な治療方法もないのが現状です。ただ幸いなことに痛みを伴うようなことはなく、長期にわたってゆっくりと進行していく病気なので、進行の度合いに応じてストレスを感じることなく生活できるように、環境や生活面を整えてあげるとよいでしょう。具体的には室内の家具などの場所を固定して、犬の動線に躓くようなものを置かないこと、散歩はできるだけ驚くような音がしない落ち着いた静かなコースを選び、コースを変えないことなどです。

目の病気の場合は、涙が止まらない、目が充血しているなどの視覚的にわかりやすい症状の他に、散歩に行きたがらない、物につまずきやすくなったなどいつもと違う行動をすることがあるようです。少しでもいつもの生活と違う不安な様子が見受けられたら、できれば眼科を中心に診察している動物病院を探して受診するとよいでしょう。

アレルギーに気をつけましょう

秋田犬はアレルギーを持っている犬が多いといわれています。犬のアレルギーの初期症状で多いのが皮膚のかゆみと湿疹です。多くは腰回りに湿疹やかゆみがあらわれますが、秋田犬の場合は足にも出ることがあるようです。犬のアレルギーも人のアレルギーと同じで、重症化するとアナフィラキシーを起こす危険があります。アナフィラキシーを起こすとひどい場合は呼吸困難となり命にかかわります。

アレルギーの原因は花粉やハウスダスト、ノミ・ダニのような環境的なものと、食べ物によるものがあります。アレルギーを起こす原因であるアレルゲンは犬によって様々なので、これに注意が必要ですということは難しいのですが、歯で噛みきるような痒みが続き毛が抜けてしまうような症状が続くような場合は、早めに動物病院を受診してアレルギー検査を受けましょう。アレルギー検査を受けたらできる限りアレルゲンとなるものを排除した食事や生活環境を整えてあげましょう。

歯垢や歯周病は内臓の病気のもと

最近の研究で、歯周病菌が心筋梗塞や脳梗塞の引き金になる可能性があることがわかってきました。また歯垢を食べ物と一緒に飲み込んでしまうことで、体内で雑菌が繁殖し病気につながってしまうこともあるようです。

犬にとっても人にとっても、食べ物を自分の歯で噛んで食べることは長生きの秘訣です。できる限り年をとっても自分の歯で噛んで食べられるようにしてあげたいものですね。

歯のトラブルを防ぐのに1番よいのはもちろん歯磨きの癖をつけることです。子犬の頃から1日1回のブラッシングの癖をつけておくとよいですね。歯周病を防ぐサプリや歯磨きガムなどを利用するのもよい方法です。

素材_shutterstock_291462173

 

シニアになったら注意してあげたいこと

秋田犬の場合は6歳ころからシニア期に入り、10歳からは本格的に老化が始まるといわれています。

シニア期に入ると段々とエネルギー代謝が悪くなり、若い頃と同じ食生活を続けていると知らず知らずに肥満になってしまう可能性があります。シニア期に入ったらできればカロリーの低いシニア用の食事に切り替えてあげるとよいでしょう。またどうしても顎の力が落ちていきます。硬いドライフードはふやかしてあげるなど、食事の硬さにも注意してあげましょう。

秋田犬は大型犬のため年をとると関節の病気に注意が必要です。関節の病気を予防するためには激しい運動や、段差の上り下りに注意することが大切です。もともと秋田犬は猟犬なので若い頃は十分の運動が必要ですが、シニア期に入ったら早足での散歩をやめゆっくりとしたペースに落とすなど、徐々に年相応の運動量へと切り替えてあげましょう。

長く一緒にいるためには

老化が始まるとどうしても様々な症状が現れるようになります。飼い主としてはなかなか受け入れにくいことかもしれませんが、犬の健康寿命を延ばすためにはその症状を前向きに受け取り、症状にあわせた生活を一緒に楽しんであげることが大切なようです。

また症状には現れていなくても潜在的な病気が発症している可能性もあります。シニア期に入ったら半年に1回くらいのペースで定期検診を受けるとよいですね。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード