2016年5月25日更新

ゴールデン・レトリーバーの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

大型犬のなかでも人気の高いゴールデン・レトリーバー。賢く温和で人懐っこい性格と、優しげな表情が人気の秘密かもしれませんね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

ゴールデン・レトリーバーの平均的な寿命は?

ゴールデン・レトリーバーの平均的な寿命は10歳~12歳だといわれています。人間の年齢に換算すると75歳~89歳というところのようです。

犬は体の大きさによって寿命が異なり、大型の犬の方が小型の犬よりも短命な傾向があるようです。1節によると体の大きさに対して内臓が発達していないために、小型の犬より負担が大きいからという話しもありますが、はっきりとした理由はわかっていません。

もちろん寿命には個体差があり12歳をこえても元気な犬もいますし、寿命を前に夭逝してしまう犬もいます。先天性の病気などもありますので一概にはいえませんが、犬の寿命を延ばす1つの要素は飼い主の健康管理にあるのかもしれません。

元気で長生きのポイントは?

では少しでも長く元気に過ごしていくためにはどうしたらよいのでしょうか?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

肥満にならない生活習慣を

ゴールデン・レトリーバーは太りやすい体質をしているため、肥満になりやすい犬種だといわれています。

肥満になると足腰への負担が大きくなるだけでなく、心臓や他の内臓にも大きな負荷がかかることになります。もともと小型犬よりも内臓に大きな負荷がかかっている大型犬の場合は、肥満になってしまうと拡張性の心筋症などの病気のリスクが高くなってしまいます。できるだけ体型を維持できるような生活習慣を身に付けさせてあげましょう。

まず肥満を防止するにはカロリーをコントロールした食事が大切です。最近では市販のドッグフードも、用途にあわせて多種多様なものが販売されています。肥満予防のためのローカロリーなフードをいくつか選んで食べ比べてみるのもよいですね。かかりつけの獣医師がいる場合は、どのようなフードがよいか相談してみるのもおすすめです。

運動量ですが、ゴールデン・レトリーバーの場合は1日2回1回30分~1時間程度の散歩が必要だといわれています。賢く知的な活動が大好きな犬種なので、いつも同じ散歩コースだと満足できなくなってしまいます。いくつかの散歩コースを用意しておき、気候や体調にあわせて選んであげるとよいでしょう。

アレルギーに気をつけましょう

ゴールデン・レトリーバーはアレルギーを持っていることが多い犬種です。特に狂犬病などのワクチン接種によるアレルギーが多く、アナフィラキシーショックなど重度の症状が現れることがあります。

犬のアレルギーの初期症状で多いのが皮膚のかゆみと湿疹です。多くは腰回りに症状が現れ激しいかゆみを伴うため、口で毛を噛み抜け毛をおこしてしまたり、ひどい場合は触ることを嫌がり噛みつくようになる場合もあるようです。

アレルギーの原因は花粉やハウスダスト、ノミ・ダニなどの環境的なものと、食べ物など体に摂取するものがあります。アレルギーを起こす原因であるアレルゲンは数多くあり、どのアレルゲンに反応するかはアレルギー検査を受けることである程度まで絞り込むことができます。激しく痒がるような症状が見られたら1度検査を受けることをおすすめします。

またワクチン接種によるアレルギーは検査を受けてもアレルギーの有無はわからないので、ゴールデン・レトリーバーの場合はワクチン接種後はしばらく様子を確認しておく必要があります。顔を痒がる、嘔吐や脱糞をしたなど少しでもおかしな症状が現れたら、すぐに病院へ相談しましょう。

耳のケアが大切

ゴールデン・レトリーバーの魅力の1つである優しげな垂れ耳ですが、耳が垂れ下がっている犬種の場合は耳の中が蒸れてしまうことが多く、外耳炎など耳の病気になりやすいといわれています。

外耳炎はベタッとした匂いの強い耳垢がたまり、耳の外耳道といわれる部分に炎症を起こす病気です。激しいかゆみと痛みを伴うので耳や首の回りを引っ掻いたり、頭を振ることが多くなったりします。原因としてはダニの寄生によるものや菌類の感染などがありますが、早い時期にしっかりと治療をすれば完治する病気です。耳の回りを引っ掻く、耳の中が汚いなどの気になる症状がある場合は病院へ連れて行ってあげましょう。

予防するためには週に1回くらいのペースで耳の掃除をしてあげるとよいですね。最近では専用のローションやウェットティッシュタイプのケア商品も販売されています。大きくなってからいきなり始めると嫌がってなかなかきれいにさせてもらえません。子犬の頃から耳のケアの癖をつけておくとよいでしょう。

また耳の中の毛も汚れや菌の温床になってしまいます。病院やトリミングサロンなどで定期的にきれいにしてもらうようにしましょう。

シニアになったら注意してあげたいこと

ゴールデン・レトリーバーの場合は6歳からシニア期に入り、10歳前後から本格的に老化が始まるといわれています。

シニア期に入ると加齢による様々な症状が現れてきます。特にゴールデン・レトリーバーのような大型の犬種の場合は、胃捻転や拡張型心筋症など命にかかわる病気が発症する可能性が高くなります。胃捻転の場合は、発生から治療までの時間が空いてしまうと致死率が高くなる病気ですから、身近に信頼できる動物病院を見つけておくことは大変重要になります。

できれば獣医師を含めたスタッフが多く常駐している24時間夜間も診察している病院で、胃捻転や拡張型心筋症などの病気に対する診察経験が豊富なところをいくつか探しておくとよいでしょう。

また老齢期に入ると潜在的な病気が発症している可能性も高くなりますので、半年に1度くらいのペースで定期検診を受けることをおすすめします。

長く一緒にいるためには

犬の健康寿命を延ばすためには、飼い主が犬の発する合図を敏感に感じ取ってあげることが大切です。犬の合図を見つけるためには、毎日時間をとってしっかりと犬とコミュニケーションをとり、いつもの様子を把握しておくことが必要になります。そしていつもと少しでも違うなと感じたら、早め早めに動物病院を受診するとよいですね。

飼い主との楽しい時間は犬にとっては1番幸せな時間です。大型犬と一緒に過ごせる時間は、どうしても小型犬より短くなってしまうかもしれません。できるだけ時間をとって犬とのコミュニケーションを充実したものにしてあげましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ゴールデン・レトリーバーの特徴・遊び方・飼い方

ゴールデン・レトリーバーは盲導犬や介護犬としてもよく知られている犬種です。また、映画やテレビ出演も多く、様々な世代から人気を集めている大型犬です。ゴールデン・レトリーバーのルーツは諸説ありま……

犬の習性

ゴールデン・レトリーバーの里親になるには?里親を探すには?

おっとりとした歩き方と優しい目、アプリコット色の柔らかい毛並み。人と触れ合い一緒に楽しむことが大好きなゴールデン・レトリーバー。大型犬の中でも人気の高い犬ですね。そんなゴールデン・レトリーバ……

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーの平均体重や、年齢による食事の目安

明るく主人には従順、運動能力も高く狩猟も得意、正に非の打ち所がないようなゴールデン・レトリーバーは、今も人気の高い犬種の一つです。たまにハメを外し過ぎたり、お茶目な一面もあります。 好……

ゴールデン・レトリーバー

【動物看護師が解説】ゴールデンレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

温厚で人懐こく、利口なのでCMやドラマなどで目にする大型犬の多くがゴールデンレトリバーですよね。優しいその顔からは想像できませんが、実は鳥猟犬として昔は活躍していました。とはいえ、狩るのは犬……

ニュース

ゴールデン・レトリーバーの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

大型犬のなかでも人気の高いゴールデン・レトリーバー。賢く温和で人懐っこい性格と、優しげな表情が人気の秘密かもしれませんね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるとい……

ゴールデン・レトリーバー