2016年4月11日更新

獣医師が教える! 避妊手術が犬・ネコの身体に与える影響って?

犬・猫のメスには、避妊手術が必要という意見をよく耳にします。犬・猫の子が増えすぎることは社会問題になっていますが、健康な体に傷を付けるのはかわいそうな気もします。そこで、獣医師で、V.C.J.代官山動物病院(東京都渋谷区)の朴永泰(パクヨンテ)院長に、「犬・猫の避妊手術のメリットとリスク」について、詳しく聞いてみました。

過剰な繁殖、子宮、卵巣、乳腺の病気を予防できる

まず朴獣医師は、犬・猫に避妊手術が必要な理由を、次のように説明します。

「個体差はありますが、犬も猫も、生後6カ月頃に初めての発情を迎えます。
犬は年に2回発情し、1回の出産で5~10匹の子犬を産みます。猫の場合は、2月から9月頃の間に2~3回発情を繰り返し、1回の出産で4~8匹の子猫を産みます。従って、犬や猫を自由に繁殖させれば、あっという間に数が増えます。しかし、すべての子犬・子猫を飼うのも、引き取り先を探すのも、簡単ではありません。処分せざるを得ない実情もあります」

続けて朴獣医師は、「避妊手術には、避妊以外のメリットもあるんです」と指摘します。

「子宮、卵巣を切除するため、子宮がんや卵巣がんなどの重とくな病気にかかることを防ぎます。特に、犬・猫のメスには、子宮の中に細菌が侵入、増殖して膿(うみ)がたまる『子宮蓄膿(ちくのう)症』という病気が多く見られます。避妊していない9歳以上のメス犬の発症率は約66%という報告もあります。子宮蓄膿症を発症した場合、発見や治療が遅れると死亡することがあるので、この病気を予防できるのは、避妊手術の大きなメリットと言えます。

そのほか、犬なら2回目の発情前、猫なら1歳までの早期に避妊手術を受けた場合、おなかの乳首の付近にしこりができる『乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)』になるリスクが大幅に低下することが分かっています」

手術後は、以前と比べて体調に変化はあるのでしょうか。

「発情がなくなります。発情期にホルモンバランスの変化による食欲不振、発熱などを起こしやすい犬・猫は、避妊手術によってそうした体調の変化を避けることもできます」(朴獣医師)

避妊手術が病気の予防につながっているとは驚きです。

手術、麻酔に伴うリスクのほか、術後に肥満、尿失禁になることも

では逆に、避妊手術のデメリットには、どのようなことが考えられるのでしょうか。

「避妊手術は、簡単ではありません。犬・猫のおなかを切り開いて、左右の卵巣、子宮を摘出します。その過程で、出血する、他の臓器を傷付ける、また、全身麻酔をするので血液の循環や呼吸の働きが抑制されて、内臓の機能が低下する、呼吸困難になる、といったリスクを伴います。先ほどお話したように、手術後は発情行動がなくなってエネルギーの消費が減るため、肥満になりやすい傾向があります。
また、まれに、手術後に尿もれが起こることがあります。これは、ホルモンのバランスが変化することで、尿道の筋肉がゆるむために起こると考えられています」(朴獣医師)

ただし、「手術による体への負担を最小限にする方法もある」と話す朴獣医師は、こう説明を続けます。

「手術や麻酔によるリスクを減らすために、事前に獣医師による診察と、血液、レントゲンなどの検査を受けましょう。健康状態によっては、手術を避けた方がいい場合もあります。
また、手術の方法は開腹が主流ですが、おなかの2~3カ所を数ミリメートルずつ切開し、カメラや鉗子(かんし)を入れて、モニターを見ながら子宮や卵巣を切除する『腹腔鏡(ふくくうきょう)手術』を行っている動物病院もあります。腹腔鏡による避妊手術の利点は、犬・猫の体に傷が残らないこと、開腹に比べて傷が小さい分、手術後の回復が早いことです」

最後に朴獣医師は

「犬・猫ともに、生後6カ月頃から避妊手術を受けることができますが、5歳以上になると、手術後の回復に時間がかかります。子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの病気のリスクを最大限に軽減するためにも、1歳頃までに受けることをお勧めします」と、注意点を付け加えます。

筆者はメス犬を飼っていますが、妊娠しないように行動を管理すれば避妊手術は受けなくてもよいと思っていました。しかし避妊手術には、命を左右する重大な病気が防げるというメリットがあるとのことです。リスクを理解した上で、検討する必要がありそうです。

記事提供:獣医師が教える! 避妊手術が犬・ネコの身体に与える影響って?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

あなたは犬に信頼されてる? 信頼している飼い主さんのみにする犬の行動 6選

あなたの愛犬はあなたのことを心から信頼しているでしょうか?また、家族で犬を飼っている場合は「誰が一番、信頼されているか」知りたくはないでしょうか。そんな飼い主さんのために今回は犬が信頼してい……

犬の雑学

獣医師が教える! 避妊手術が犬・ネコの身体に与える影響って?

犬・猫のメスには、避妊手術が必要という意見をよく耳にします。犬・猫の子が増えすぎることは社会問題になっていますが、健康な体に傷を付けるのはかわいそうな気もします。そこで、獣医師で、V.C.J……

インパクト大!!サイズの調整も可能な『ベジタブルペットベッド』とは…?

にゃんガルーパーカーでもお馴染みの【UNIHABITAT】から発売されているペット用ベッドがインパクト抜群!!置いてあるだけでポップなインテリアにもなる便利な『ベジタブルペットベッド』をご紹……

【ペットシッターが解説】キャバリアとの暮らしで注意すること

キャバリアの性格と性質 性格 キャバリアは、とても明るく人に対して友好的な性格を持っています。長い耳、豊富な毛、くりっとした大きな目で思いっきり笑顔の表情を見ていると、こちらまで幸せ……

獣医師が教える! 犬の便から健康・不調のサインを読み取るコツ

犬を飼っていると、日々、便を目にしますが、その色や状態からおなかの調子や健康状態を見分けることができればペットの病気の早期発見につながることもあります。そこで今回は獣医師で、もも動物病院(埼……

【獣医師監修】犬の刺咬症〜原因・症状と対策

犬の病気で刺咬症というものをご存知でしょうか。刺咬症は簡単に言うと虫刺されのことで、犬も人間同様、さまざまな虫に刺されることがあります。しかし、たかが虫刺されと思って放置しておくとさまざまな……

【動物看護士が解説】老犬の散歩で気を付けるべきことはなに?詳しく解説します!

老犬になり、歩くのが辛くなると寝てばかりの犬が多くなります。そんな姿を見ていると、「そっとしておいて寝かせていた方が良いのかな?」なんて思いがちですが、自分で起立できる筋力や体力があるうちは……

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

飼い始めの不安を解消!先輩飼い主さんの健康チェック方法をご紹介!

飼い始めは楽しい半面、初めてのことで戸惑う事も多いですよね。一番の不安はやっぱり健康面!そんな不安を解消するため、先輩飼い主さんに健康チェックを教えてもらいました! 「自分の子は自分が……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

ペットは夫婦の関係に良い影響を及ぼす?犬&猫の飼い主に聞いたペットの存在感

ペットに関するさまざまなリサーチで知られるアイペット損害保険が、2015年11月22日(いい夫婦の日)に向けて行ったのが「夫婦の絆にペットがどのような影響をもたらしているか」の調査。犬、猫の……

犬のニュース

獣医師が教える!冬の乾燥が原因かも…?考えられる犬の病気。

冬の乾燥が原因かも?犬の病気 冬の時期、カサカサする肌やイガイガする喉といった乾燥による健康トラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥対策は犬にとっても大切です。……

[愛犬に手作りごはん]ささみ巻きポテトのレシピを動画でご紹介♪

愛犬のごはんは、毎日おなじドッグフード、、、そんな家庭も少なくないでしょう。でも、たまにはご褒美のオヤツを手作りしてあげてみませんか? 手作りごはんであれば、材料も自分でそろえられるし……

獣医師が教える!春特有の変化によって犬猫が感じるストレスとは?

寒い冬も終わりが近づいてきましたね。もうすぐ春がやってきます。春は新生活を楽しみにする気持ちの一方で、色々な環境の変化に対してストレスを感じる人もいると思います。私たち人間と一緒に暮らす愛犬……

預けるべき? 連れて行く? 獣医師が教える、家族で遠出するときのペットのベストな対応法

ペットを飼っている人にとって、家族全員で帰省や旅行をする際、ペットをどうするかということは大きな悩みのタネです。預けるべきか、連れて行くべきか、預けるとしたらどんなペットホテルがいいかなど、……