2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の前立腺炎〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の前立腺炎の原因
  • 犬の前立腺炎の症状
  • 犬の前立腺炎の対策
  • まとめ

オス犬特有の病気に犬の前立腺炎という病気があります。

前立腺炎は、オス犬にのみある生殖器で膀胱の真下にある前立腺が、何らかの原因で炎症を起こしてしまい激しい痛みを伴う病気です。非常に激しい痛みが伴うこの病気はその激痛に耐えられず動けなくなってしまう犬もいるほどつらいものです。症状が進行する前に飼い主が気付いてあげることで早期治療が行え、愛犬に与える苦しみも激減します。

今回はそんな犬の前立腺炎について詳しくご紹介しましょう。


犬の前立腺炎の原因

犬が前立腺炎を発症してしまう主な原因として前立腺が細菌に感染してしまうことがあります。

前立腺はオス犬のみに存在する生殖器で、前立腺液や精嚢液、精液などを分泌する役割があり、何らかの原因で細菌に感染してしまうことで発症してしまいます。特に高齢の犬で発症しやすい病気です。

細菌感染によるもの

前立腺炎の主な原因は微生物の感染です。

細菌が尿道から前立腺内に侵入することで発症してしまいます。細菌、真菌、マイコプラズマなどが原因としてあげられますが、主な原因菌の詳細としては大腸菌、ブドウ球菌、ストレプトコッカス、プロテウス属、エンテロバクター属、ヘモフィラス属、パスツレラ、シュードモナスなどがあります。膀胱炎から広がってくる場合もあれば、極まれに何らかの病原体が血液にのって全身を巡った際に前立腺にたどり着き発症してしまうこともあります。

 
 

人気の記事