2016年6月13日更新

ラグドールの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームも相まって、飼い始めた方も多くいるのではないでしょうか。

皆様の猫にも、長生きしてもらうためにはどんなことに注意したらよいでしょうか。

ラグドールの平均寿命は?


ラグドールは、世界で一番重い猫ともいわれています。体重でいえば、10キログラム以上になる個体もあるようです。

そんなラグドールの平均寿命は、14歳~16歳前後と言われています。
猫全体の平均寿命は、15歳前後と言われているため、ラグドールは猫全体よりも少し長めと言えるでしょう。

長寿のポイントは?

食べ物と水

人間も猫も、食べ物で体が作られています。猫の餌だからと言って、格安の物を与えていれば、いずれ何らかの不調が出てくるかもしれません。

是非、一度現在あげている餌の内容物を調べてみてはいかがでしょうか。
人間では考えられないようなものが、含まれている可能性もあるでしょう。

環境

環境も、寿命に影響するでしょう。わかりやすいものですと、室内飼いと室外飼いでは2、3年も寿命が変わります。
まず、完全室内飼いにすると安心できるのではないでしょうか。

ラグドールは大型の猫なので、遊ぶ場所は広くとってあげられると良いかもしれません。猫タワーは低めの物を選びましょう。体が大きいためにあまり高いところには登らないようです。また、体重も10キロ前後まで大きくなる場合も、あるため体重に耐えられるような足場などにも気を配りましょう。

環境の中では、ひもやおもちゃにもご注意ください。
特に、ひもは口にしやすい身近なものです。食べてしまって、腸に絡んでしまったり、誤って排泄時に引っ張ってしまうと、腸が捻じれてしまうことも考えられます。

犬に比べて、誤飲は少ない猫ですが、ひもなどは遊びたがるので、誤飲しやすいでしょう。想像以上に、大変なことになってしまいます。

ラグドールのかかりやすい病気は?

長毛種の猫は、毛球病といって毛づくろいの際に、毛玉を吐き出さずに飲み込んでしまうことによって、体内に残留してしまう病気です。
食欲不振、便秘などにつながり最悪の場合、死につながることもあるようです。
毛玉除去剤などをしようして、吐き出させることが大切です。

上記にも、記載しましたがラグドールは、肥大性心筋症にもなりやすいでしょう。
呼吸が荒くなったり、起き上がることができなくなったり、心停止になってしまうこともあるようです。
少し発覚が遅れただけで、致命的なことになってしまうかもしれません。
常日頃から注意してあげると良いでしょう。

ラグドールと長く一緒にいるために


ラグドールは、大型で存在感がある猫です。体調が悪い時には、すぐに気づくことができるかもしれません。普段からよく観察をして、少しでも異常を感じたらすぐに、動物病院へ相談しましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

グレインフリーフードのキャットフードのおすすめは?人気のグレインフリーのキャットフードを調査

猫のフードを探していると最近目につくのが「グレインフリー」という言葉。猫のフードに敏感な飼い主さんにとっては当たり前になってきた「グレインフリー」のキャットフードですが、まだまだ知らない人も……

キャットフード

【スペシャルキャットフードのすすめ】猫の一生を考えて選びたい!子猫用キャットフードのメリットとおすすめ子猫用キャットフード

猫は生後8週から10週ぐらいで離乳し、固形食へと移行していきます。親猫がいない場合、飼い主さんの手でこの頃から少しずつ柔らかいフードに切り替えていく必要がありますが、多くの飼い主さんは成猫用……

キャットフード

愛猫はどんなフードが好き?キャットフード別のメリットと注意点

猫と一緒に暮らしていると、様々なタイプの新しいキャットフードが出ていることに驚くことがあります。毎日与えるフードですから、やはり大切な愛猫には良質のフードを用意してあげたいものです。色々な種……

キャットフード

ネコはいつも同じフードだと飽きる?フードの切り替え時ってあるの?

いつものご飯を用意してあげても、今日はクンクンと匂いを嗅いだだけで食べずにスタスタ…。 昨日は美味しそうに食べていたのに、ネコは突然フードを食べなくなる時ってありませんか?ネコは意外に……

キャットフード

【動物看護士が解説】困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食……

【獣医師監修】猫はネギを食べても大丈夫?ネギは猫に与えてはいけない野菜です

猫は自分好みの食べ物かどうかを匂いで判断します。そのため野菜などを進んで口にすることは少ないといって良いでしょう。しかしながら好物の肉や魚に混じっていたら危険な野菜でも口にしてしまう可能性が……

猫にキャットフードを与える

プレミアム・ニュートリション・フード 「ピュリナワン」のキャットフードとは?

キャットフードを選ぶ時、愛猫が勢いよく食べてくれる〝食いつきの良いフード″を選んでしまうという飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。やはりガツガツ食べてくれると嬉しいですし、何より健康……

猫の食習慣チェック

イタリア発のハーブの力を活かしたドッグフード「グリーンフィッシュ」

食物アレルギーは多くのペットが体験している疾患です。被毛が抜けて剥げたり、皮膚炎になったり、下痢や血便になったりと、その症状は決して無視できません。アレルギーは化学物質が残留する肉類や人工添……

猫にキャットフードを与える

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

【スペシャルキャットフードのすすめ】ダイエット専用フードが良い理由とおすすめキャットフードブランド

室内飼いの猫が多くなり長寿になって嬉しい反面、運動不足で体重オーバーになる猫も増えてきています。肥満になると猫はさまざまな病気に罹りやすくなりますので、早目のダイエットが必要です。そんな時、……

ニュース

【獣医師監修】猫はたまねぎを食べても大丈夫?猫にたまねぎをあげると中毒になる危険性が!

猫は盗み食いのプロ。きちんと猫用のごはんをあげていてもテーブルの上に乗った人間の食事をちゃっかり自分のお腹に納めてしまったりすることがあります。しかしながら、もし猫が食べてしまったメニューの……

猫に必要な栄養

【獣医師監修】猫にチョコレートは大丈夫? NO! 猫にはチョコレートは食べさせないで

猫は意外にも甘いものが好き。生クリームやアイスクリームなどをペロッと食べてしまうこともあります。甘いもの自体、あまり猫の健康にとって良くはありませんが特に危ないのがチョコレート。今回は猫とチ……

猫にデザート・スイーツを与える

「S.G.J.プロダクツ」のキャットフードとは?

「S.G.J.プロダクツ」は猫の自然食になるべく近いキャットフードを作るため、オーストラリアの食材だけを厳選し一貫した管理のもとに日本の猫達にフードを届けているメーカー。原産国不明の食材や合……

猫の食習慣チェック

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

ドッグフード

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……