2016年6月13日更新

ラグドールの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームも相まって、飼い始めた方も多くいるのではないでしょうか。

皆様の猫にも、長生きしてもらうためにはどんなことに注意したらよいでしょうか。

 

ラグドールの平均寿命は?


ラグドールは、世界で一番重い猫ともいわれています。体重でいえば、10キログラム以上になる個体もあるようです。

そんなラグドールの平均寿命は、14歳~16歳前後と言われています。
猫全体の平均寿命は、15歳前後と言われているため、ラグドールは猫全体よりも少し長めと言えるでしょう。

長寿のポイントは?

食べ物と水

人間も猫も、食べ物で体が作られています。猫の餌だからと言って、格安の物を与えていれば、いずれ何らかの不調が出てくるかもしれません。

是非、一度現在あげている餌の内容物を調べてみてはいかがでしょうか。
人間では考えられないようなものが、含まれている可能性もあるでしょう。

環境

環境も、寿命に影響するでしょう。わかりやすいものですと、室内飼いと室外飼いでは2、3年も寿命が変わります。
まず、完全室内飼いにすると安心できるのではないでしょうか。

ラグドールは大型の猫なので、遊ぶ場所は広くとってあげられると良いかもしれません。猫タワーは低めの物を選びましょう。体が大きいためにあまり高いところには登らないようです。また、体重も10キロ前後まで大きくなる場合も、あるため体重に耐えられるような足場などにも気を配りましょう。

環境の中では、ひもやおもちゃにもご注意ください。
特に、ひもは口にしやすい身近なものです。食べてしまって、腸に絡んでしまったり、誤って排泄時に引っ張ってしまうと、腸が捻じれてしまうことも考えられます。

犬に比べて、誤飲は少ない猫ですが、ひもなどは遊びたがるので、誤飲しやすいでしょう。想像以上に、大変なことになってしまいます。

ラグドールのかかりやすい病気は?

長毛種の猫は、毛球病といって毛づくろいの際に、毛玉を吐き出さずに飲み込んでしまうことによって、体内に残留してしまう病気です。
食欲不振、便秘などにつながり最悪の場合、死につながることもあるようです。
毛玉除去剤などをしようして、吐き出させることが大切です。

上記にも、記載しましたがラグドールは、肥大性心筋症にもなりやすいでしょう。
呼吸が荒くなったり、起き上がることができなくなったり、心停止になってしまうこともあるようです。
少し発覚が遅れただけで、致命的なことになってしまうかもしれません。
常日頃から注意してあげると良いでしょう。

 

ラグドールと長く一緒にいるために


ラグドールは、大型で存在感がある猫です。体調が悪い時には、すぐに気づくことができるかもしれません。普段からよく観察をして、少しでも異常を感じたらすぐに、動物病院へ相談しましょう。

 
 

関連カテゴリ