2016年4月27日更新

ペットシッターが教える!人見知りの犬猫と打ち解ける方法

犬や猫にも個性はちゃんとあるもので、人見知りの性格を持っている場合もあります。保護された場合やなんらかのトラウマなどによって、人間に不信感を抱いている場合はなおさらです。人見知りの犬や猫との距離を縮めるためには、根気が必要になります。無理に近づこうとはせずに、心を許してくれるまで焦らないようにしましょう。

強引に近づくことをやめる


人見知りの犬や猫と接する場合、まずは、強引に距離を縮めることはしないということが大切です。犬や猫との関係は、焦らず相手の様子を見ながら作ることで不安やストレスを軽減できます。

犬のストレスサインに注意

犬の場合、特に攻撃をしてくるような様子がなければ、じっと犬の方が興味を持ってくれるまで待つことが大切です。犬の目線にしゃがんであげることもよいでしょう。犬が自らにおいを嗅ぎに来てくれれば、人見知りの犬とも打ち解ける第一歩です。

逆にその場からさらに逃げようとしてしまったり、攻撃性が出て吠えたりうなる、恐怖で震えたり呼吸が荒くなってしまうなど、明らかに犬のストレス行動が見えたときは、無理には近づかず場合によってはこちらが離れる必要もあります。

猫を見守る姿勢

猫の場合も同じく、猫の様子を見ながら無理に近づかないようにしましょう。特に猫をじっと見て目を合わせてしまうと、猫は恐怖を感じて逃げてしまうことがあります。

距離を保ちながら、そっと見守るほうが猫にとっては不安がやわらぎます。もし、部屋の隅に隠れてしまっても、無理に追いかけるようなことはしないようにしましょう。

気持ちいいところを触る


人見知りの犬や猫が自ら近づいてきたり、においを嗅ぐようになってきたら、優しく声をかけながら触ってあげましょう。その時に、犬や猫が気持ちいいと感じるところを触ってあげることもお互いが打ち解ける為には大切なことです。

頭の上から突然手がくると、びっくりして恐怖心を与えてしまいます。まずは、下あごの方から撫でてあげるようにするとよいでしょう。

犬が触れて喜ぶところ

犬は、下あごから胸にかけて撫でてあげると安心します。また首から肩、腰から尻尾のつけ根あたりも撫でてあげると喜ぶことが多いものです。逆に、鼻先や口元、足先やしっぽの先など体の先端部分は嫌がることが多いものです。手の出し方には十分注意して、犬の表情が安らぐところを探してみるとよいでしょう。

猫が触られて喜ぶところ

猫の場合、頭や首の周りを撫でてあげると安心することが多いものです。のどをゴロゴロと鳴らしてくれたり、目を細めてうっとりした表情を見せてくれれば、猫自身も気持ちよくなっている合図です。また、背中をゆっくり撫でられたり、ブラッシングが大好きな猫もいます。尻尾の付け根、お尻のあたりは猫の性感帯ともいわれており、ポンポンと優しく叩かれることも猫は大好きです。

大好きな物を与える


犬と猫が近づいてきてくれるようになったら、やはり大好きなものやおやつを与えるとさらに仲良くなるきっかけになります。

距離を保ちながら与える

大好きなおやつであっても、最初は警戒してなかなか食べてくれないかもしれません。なかなか食べてくれない時は、床などの近くに置いてみるだけでも構いません。最初は遠くから見ているだけだった犬や猫も興味を示して来てくれるようになればよいのです。

ご褒美に与える

危害を与える人ではないと犬や猫がわかってくれるようになると、そのままおやつを与えて距離を縮めていきます。撫でることができたらご褒美にあげてみる、アイコンタクトが取れるようになったらご褒美にあげてみる、おやつを与えるタイミングを少しずつ人間優先にしていくことで、お互いに打ち解けることができるようになるのです。

与える量やアレルギーに注意

おやつを与える際は、少量から与えるということには十分注意しておきましょう。また、万が一、アレルギーを持っているなど、おやつを与えて体調変化が起こる場合は普段から食べているフードにとどめておきましょう。

まとめ

犬_素材
人見知りの犬でも猫でも、まずは、強引に近づかないということがお互いの関係づくりの為には必要なことです。焦って、恐怖心を与えてしまっては、そこからまた仲良くなる為に時間がかかってしまいます。

急な動きや音を控えてまずは相手の様子をじっと伺い、少しずつ距離を近づけていくことができれば、仲良くなれるきっかけはやってくるのです。まずは、様子を見ながら大好きな物を与えるきっかけを探してみましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

ブログ

関連記事

【動物看護師が徹底解説!】ストレスを感じている犬の特徴

最近は犬に関するテレビ番組なども増えてきていて、専門的なことを積極的に勉強しなくても、なにとなくテレビを見ているだけで詳しい情報を得られる時代になりました。特に病気に関することはどんな飼い主……

犬のカーミングシグナル

足先を過剰に舐めていたら注意! 獣医師に聞く、犬が見せるストレスフルのサイン

ひとり暮らしの人に、自宅で留守番中のペットをチェックするスマホアプリが人気と聞きます。「屋内での終日の留守番のストレスが原因で脱毛や体調不良、自傷行為などを起こし病院に来るケースがあります」……

【東京/神奈川/千葉/埼玉/茨城】関東近郊の室内ドッグラン9選【暑い夏にオススメ】

雨の日や暑い日、寒い日、雪の日……どんな天候、季節でも使える室内ドッグランはとても便利です。 愛犬の種類によっては寒さ、暑さに弱いタイプもいたり、また飼い主さんも天気が良くない日には、……

犬のストレス

これってストレスサイン!?愛犬のストレスと癖を見分けるポイントは?

犬のストレスサインは、日常の何気ない仕草の中に現れています。 飼い主さんはかわいい癖だと思っている愛犬の仕草が、実はストレスサインの可能性があります。気が付かずに放っておくと困った行動……

犬のストレス

どっちがいいの?散歩の時の、犬の首輪と胴輪

犬の散歩に必要な道具。ウンチ袋、トイレットペーパー、水、など準備する物が色々とあります。 その中でも特に首輪や胴輪は必需品です。 初めて犬を家に迎えた多くの方が悩んでいる、首輪と胴輪……

犬のストレス

「いま何を考えている?」行動・仕草からわかる犬の気持ち8選

犬は言葉を話すわけではありませんが、気持ちや体調を仕草や行動で飼い主さんに伝えてきます。犬の体調を管理し犬に健康で長生きしてもらうためには、犬の仕草や行動の意味するところを理解する必要がある……

犬の雑学

愛犬をマッサージしよう! 犬のマッサージの効果と方法について

愛犬と毎日どんな時間を共有していますか? 犬は他の家畜とは異なり、時には友達、時には相棒、時には兄弟にもなり得る存在です。そんな大切な家族と穏やかな時間を共有するために、マッサージは有……

犬のストレス

ペットシッターが教える!興奮している犬猫を効果的に落ち着かせる方法

いつもは穏やかな表情を見せてくれている愛犬や愛猫が、豹変したように興奮してしまった時は、飼い主さんも動揺してしまうかもしれません。しかし、興奮には、なんらかの理由があるものです。その理由を探……

犬のストレス

2分でわかる!犬の褒め方と叱り方について

犬のしつけ方法は様々で、たくさんの指南書やインターネットのサイトでおすすめのしつけ方法が紹介されています。 詳細な方法については他にお任せするとして、この記事ではしつけの基本のキである……

犬のしつけの基礎

【獣医師監修】異常行動を始めたら要注意!犬の強迫神経症の症状・原因・治療法について

強迫神経症は人によく見られる病気で、うつ病や統合失調症と並んで代表的な精神疾患のひとつです。実はこの強迫神経症に似た症状は、犬にも発症する可能性があるのです。常同障害といわれる病気が人の強迫……

犬のストレス

愛犬のオーラルケアに、ストレス発散に!犬のおもちゃ ボーンタイプ10選

たいていの犬が大喜びするおもちゃというと、ボーンタイプを浮かべる方も多いかもしれません。今回は犬に大人気のボーンタイプのおもちゃを集めてみました。 愛犬のタイプや大きさ、気質などによっ……

犬のストレス

【獣医師監修】愛犬が想像妊娠!?犬の“偽妊娠”の症状、原因、治療法

女性が妊娠を強く望んだり逆に恐怖に感じたりしているときに、つわりや母乳が出るなど、まるで本当に妊娠してしまったかのような症状が起こることを「想像妊娠」といいます。 実は犬にも「想像妊娠……

犬のストレス

病院に行きたがらない猫を病院に連れて行く方法はあるの? 病院嫌いの猫への対応について。

病院が好きな人はいないと思いますが、猫の場合、好き嫌いで済まないケースもあります。 ケージにどうしても入ってくれなかったり、病院に着いても猛攻撃で触らせてくれなかったり。理屈で説得でき……

犬のストレス

【獣医師監修】犬は寝不足・睡眠不足にならないの?愛犬の安眠チェック!

愛犬の1日を観察すると、その大半をお気に入りのソファやケージで寝ているのではないでしょうか。 気持ちよさそうに寝ているかと思えば、外の車やバイクの音に反応したり、飼い主さんの行動に耳を……

犬のストレス

犬の無駄吠えとは?犬のしつけ直しの方法について

うちの犬が悪い癖がある...。いくらしかっても直らないどころか状態が酷くなっている....そんな悩みを抱えている飼い主さんは少なくありません。 私たち人間にとって、習慣となってしまった……

犬のストレス