2017年5月17日更新

ペキニーズの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

 
 

高貴なものである獅子に似た風貌を持つペキニーズ。獅子犬とも呼ばれ中国では唐の時代から王族の一員として寵愛を受けてきました。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。


ペキニーズの平均的な寿命は?

ペキニーズの平均的な寿命は12歳~15歳だといわれています。同じ小型犬の平均的な寿命が10歳~15歳前後なので、ペキニーズは小型犬として平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は目安であって個体差が大きいのも事実です。ペキニーズの場合は犬種固有の遺伝性の疾患が少ない犬種なので、飼い主の健康管理次第では平均的な寿命を越えても元気に過ごすことができるかもしれません。


元気で長生きのポイントは?

では少しでも長く元気に過ごしていくためにはどうしたらよいのでしょうか?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

椎間板ヘルニアに注意!

ペキニーズは軟骨異栄養性犬種に含まれているため、ハンセン1型の椎間板ヘルニアになりやすい犬種です。

軟骨異栄養性犬種とは軟骨異栄養症の遺伝子を持った犬種のことで、骨の成長期から椎間板の変性が始まるといわれています。椎間板の変性がおこると2歳~7歳くらいで、ハンセン1型の椎間板ヘルニアを発症する確率が高いようです。

ハンセン1型の椎間板ヘルニアは軟性ヘルニアとも呼ばれるもので、髄核が脱出し脊髄神経を圧迫することで起こるヘルニアです。軽度の場合はケージレストと呼ばれる安静による治療で治癒する可能性があります。

ではどうしたら予防できるのでしょうか?椎間板ヘルニアを予防するためには肥満にさせないことが大切です。

まず食事やおやつの量を決めておきましょう。人間の食べるものは犬にとっては糖分、塩分、油分が多く肥満の原因につながります。人間の食べ物と犬の食べ物はしっかりとわけておきましょう。

運動ですが激しい運動や高いところからの飛び降りは、骨への負担を大きくしてしまうので避けた方がよいでしょう。毎日2回の軽めの散歩で足腰の筋肉が衰えないようにしてあげましょう。

 
 

ペット生活

編集部