2016年6月27日更新

ボルゾイの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

落ち着いた優美なたたずまいが貴族のような印象をあたえるボルゾイ。長い絹糸のような被毛をたなびかせて走る姿が美しいですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。

健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

ボルゾイの平均的な寿命は?

ボルゾイの平均的な寿命は7歳~10歳だといわれています。同じ大型のサイトハウンド系の犬種ではアフガン・ハウンドが12歳~14歳、サルーキが12歳~14歳といわれていますので、サイトハウンド系の犬種のなかではやや短命なほうだといえるかもしれません。

ただしあくまでも平均寿命は目安であって個体差が大きいのも事実です。ボルゾイの場合は犬種固有の遺伝性の疾患が少ない犬種なので、飼い主の健康管理次第では平均的な寿命を越えても元気に過ごすことができるかもしれません。

長生きのポイントは?

少しでも長く元気に過ごしていくためにはどうしたらよいのでしょうか?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

致死率の高い胃捻転

ボルゾイのような大型の犬種にとって恐ろしい病気の1つが胃捻転です。発症から数時間で死に至る可能性のある病気で、気が付かずに放置をすれば確実に命を落としてしまいます。

胃捻転とは胃の1部が何らかの原因で捻じれをおこし、血流が止まって壊死を起こしてしまう病気です。捻じれる際に脾臓などの周囲の臓器を巻き込んでしまうことがあり、巻き込まれた臓器も一緒に壊死をおこしていきます。胃捻転が発生するメカニズムははっきりとわかっていませんが、生活の中でいくつかのポイントを注意することで、発症を抑制することができるといわれています。主なものをいくつかご紹介します。

  • 1度に多くのものを食べさせないように何回かに分けて食事をさせる
  • 水平な状態で食べられるように、高さのあるスタンドを用意する
  • 食後1時間は安静にさせる
  • 飲み水の量は400cc程度と決めておく
  • 硬さのあるドライフードを食べさせるときはふやかしてから与える

胃捻転は早期発見・早期治療が大切です。吐き気があるようなのに吐しゃ物を出すことができない、落ち着きなく動き回る、腹部を舐め続けるなど、少しでもいつもとちがう様子の時はすぐに動物病院へ連れていきましょう。

また胃捻転の場合は的確な治療が行える病院を見つけておくことも重要です。24時間夜間も診察している病院で、胃捻転に対する診察経験が豊富な病院をいくつか探しておくとよいでしょう。

外耳炎に注意

ボルゾイのように垂れさがった耳の犬種の場合は、耳の中が蒸れ外耳炎など耳の病気になりやすいといわれています。

外耳炎はベタッとした匂いの強い耳垢がたまり、耳の外耳道といわれる部分に炎症を起こす病気です。激しいかゆみと痛みを伴うので耳や首の回りを引っ掻いたり、頭を振ることが多くなったりします。原因としてはダニの寄生によるものや菌類の感染などがありますが、早い時期にしっかりと治療をすれば完治する病気です。耳の回りを引っ掻く、耳の中が汚いなどの気になる症状がある場合は病院へ連れて行ってあげましょう。

予防するには週に1回くらいのペースで耳の掃除をしてあげるとよいでしょう。耳のケアように専用のローションやウェットティッシュタイプのケア商品など様々なものが販売されています。色々と試してみて1番犬が嫌がらない物をみつけてあげましょう。また大きくなってからいきなり始めると嫌がってなかなかきれいにさせてもらえません。子犬の頃から耳のケアの癖をつけておくとよいですね。

また耳の中の毛も汚れや菌の温床になってしまいます。病院やトリミングサロンなどで定期的にきれいにしてもらうようにしましょう。

繊細なのでストレスをためやすい

ボルゾイ はとても感覚の鋭い繊細な面を持っています。そのため他犬種よりもストレスをためやすいといわれています。

ボルゾイもそうですが、サイトハウンド系の犬種は走ることに関してとても意欲の高い犬種です。そのため十分な運動量がえられないとストレスを感じ、問題行動を起こすようになってしまいます。1日2回1時間程度思い切り運動させてあげましょう。ではどのような運動がよいのでしょうか?

散歩の場合はただ一緒に歩くだけでなく、ジョギングや自転車での並走などやや激しい運動を取り入れてあげるとよいでしょう。ドッグランなどへ連れて行ってあげて、思い切り走らせてあげるのも効果的です。ただしボルゾイの跳躍力は大変なもので、150cm程度のだと簡単に飛び越えてしまいます。大型犬専用のドッグランならば安心ですが、専用のドッグランがない場合は最低でもの人の背の高さ以上の高いフェンスのあるところを選ぶとよいようです。

またとても頭がよく独立心の高い犬種なので、しっかりと自分で判断し行動に移すことができます。そのため飼い主から命令口調で叱られると、それだけで落ち込んでしまうようなところがあります。躾ける時はできるだけ褒めて、一緒に楽しみながら躾をするとよいようです。

シニアになったら注意してあげたいこと

ボルゾイのような大型の犬種はどうしても小型犬より老成が早いといわれています。はっきりとした理由はいまでもわかっていませんが、1節には体の大きさに対して内臓が未発達だからという話しもあります。

そのため大型犬は小型犬よりも早い5歳~6歳からはシニア期に入ったと考え、少しずつ生活を切り替えていくとよいようです。具体的には食事をシニア食に変えていく、運動量を少しずつ減らしていくなどです。

もともとボルゾイは食が細く食べることに対して神経質な面があるので、いきなりシニア食へ切り替えるのではなく、少しずつ試しながら1番喜んで食べてくれるフードを探してあげるとよいですね。

また潜在的な病気も少しずつ発症のリスクが高くなっていきます。できれば半年に1回くらいのペースで定期検診を受けるとよいでしょう。

長く一緒にいるためには

犬の寿命はそれぞれの犬が持っている個性にも影響を受けるといわれています。攻撃的な犬や興奮しやすい犬の方が短命で、逆に落ち着きがあり従順な犬の方が長寿なのだそうです。

ボルゾイはどちらの面も持ち合わせた犬なので、小さいころからの飼い主との関係次第で、攻撃的にも従順にもなります。長く一緒にいるためにも、またお互いにストレスを感じることなく生活するためにも、小さいころから社会性を身に付けさせ、落ち着きのある犬に育ててあげましょう。プロのトレーナーに相談するのもおすすめです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ボルゾイの性格、特徴、歴史、気になる寿命をご紹介。

ボルゾイの歴史 古来はロシアの貴族・王族が好んで飼育し、狼狩りなどの狩猟犬として活躍していました。 その大きさはアイリッシュ・ウルフ・ハウンド、グレート・デンに次ぐ大きさです。立ち上……

犬の習性

ボルゾイの里親になるにはどうしたらよい?里親を探す方法は?

すんなりとした長い脚に、気品の漂う目鼻たちをしたボルゾイ。俊敏で足が速く、細い絹糸のような被毛をなびかせて走る姿はとても美しいです。そんなボルゾイの里親になる方法や、里親になるための注意点な……

犬・小犬の里親になる

ボルゾイ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

細く絹のような美しい被毛をたなびかせて疾走する姿は、どこか貴族的な気品を感じさせるボルゾイ。落ち着いた優雅な犬です。そんなボルゾイ の価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場……

犬の購入・入手方法

ブリーダーからボルゾイを迎える時の選び方やメリットは?

ロシア原産のボルゾイは、厳しい寒さの中でも自由に体を動かして獲物を追いかけることができる、走ることが得意な犬種です。独特の細い体の線とスラっとした面長な顔、その気品溢れる動きに憧れを抱く方も……

ボルゾイ

ボルゾイの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

落ち着いた優美なたたずまいが貴族のような印象をあたえるボルゾイ。長い絹糸のような被毛をたなびかせて走る姿が美しいですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわ……

ボルゾイ