2016年6月13日更新

シンガプーラの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫との生活を満喫している方も、これから生活を始めようと考えている方も、猫の健康について興味がないという方は、いないでしょう。猫ブームの影響もあり、猫の健康や高齢化について関心が高まっています。

少しでも長生きしてもらうためには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

 

シンガプーラの平均寿命はどのくらい?

シンガプーラは、現在純血種と認められている猫の中で、最小の猫と言われています。その体の小ささから、「小さな妖精」とも呼ばれています。

一般的に、猫の平均寿命は15歳前後と言われています。
シンガプーラの寿命は、11歳~15歳前後と言われているので、平均と変わらないか少し短い場合もあるようです。

しかし、あくまでも平均値なので体調管理や餌にも気を配れば、もっと長く生きることができるかもしれません。

長生きをするためのポイントは?

食べ物と水


画像出典:Lil Shepherd
猫はあまり水を飲まないせいか、腎臓の病気にかかりやすいようです。
メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。

必ず猫の行ける場所ごとに2、3カ所の水飲み場を、設置してあげましょう。容器も風味を損なわない自然素材や、ステンレス、プラスチックなど様々な、種類があります。好きな時に好きな場所で、好みの容器から水を飲めると理想的です。
他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうという場合も、あるようです。個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

餌の内容物についてご存知ですか?
破格の物の中には、信じられないようなものが含まれている可能性もあります。是非一度、現在与えているキャットフードの内容物について、調べてみるのも良いでしょう。

高級フードを必ずしも与える必要はありません。味の好みもあります。しかし、信頼できるメーカーや余計なものが少ないフードを、与えることはできるでしょう。

人間も猫も、食べたものによって体は作られます。今は良くても、時間の経過とともに何らかの異変が、起きてしまうことも考えられます。

シンガプーラがかかりやすい病気は?

乾燥によって皮膚病を発症してしまうこともあるようです。1日1回は必ずブラッシングをして、異常がないかも確認しましょう。

遺伝性の貧血の場合もあります。命に関わる病気ではありませんが、食欲不振、倦怠感などが症状です。命に別状はなくても、できるだけ快適に過ごせるようにしてあげましょう。

環境

上記でもご紹介した通り、シンガプーラは神経質なところがあります。見知らぬ人や他の動物にも、警戒してしまうでしょう。

そのため、多頭飼いには向きません。もし多頭飼いをするのであれば、先住猫がいる場合には、距離を離す、部屋を変えるなど配慮が必要です。

また、原産国が暖かいため寒さにも耐性がありません。冬場は完全室内飼いにして、乾燥にも注意しつつ暖房のある暖かいところで飼育しましょう。

 

シンガプーラと少しでも一緒にいるために


画像出典:Lil Shepherd
普段から、違った様子はないかよく観察してあげましょう。何か普段と様子が違うようなら、すぐに動物病院に相談ができると良いでしょう。

定期的に検診にも連れて行ってあげられるとさらに安心です。

 
 

関連カテゴリ