2016年3月26日更新

捺印するたびにワンちゃんが登場!銀行印にも使えるキュートな印鑑が登場

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

画像出典:PR TIMES

印鑑というと何万円もする立派なセットから、100円ショップで売っている簡易的なものまでさまざまですが、こだわりを持って選んでいる人は意外に少ないのではないでしょうか。事務的な用途に使うことが多いので、シンプルなタイプが選ばれるのは当然ですが、ちょっとしたユーモアが許されるのであれば、ぜひ、オススメしたのが犬のイラストが入った印鑑です。今回は犬のイラストが入った印鑑「いぬずかん」についてご紹介しましょう。

 

大切な印鑑だから楽しめるものを


画像出典:PR TIMES
最近、犬好きの間で話題になっているのが、犬のイラストが入った印鑑「いぬずかん」です。犬より先に猫のバージョン「ねこずかん」が出たところ、「犬のイラストはないの?」という問い合わせが殺到。そこで犬好きの要望に応えて「いぬずかん」を作ったのだそうです。

イラスト入りとはいえ、本格的な印鑑ですのでプレゼントにも最適。イラストが入っているため遊び専用と思いきや、黒水牛や柘植のタイプなら正式に銀行印にも使用できるとのこと。ちなみにみずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、池田泉州銀行、イオン銀行では銀行印として登録できることが正式に確認できています。他の銀行でも対応してくれる可能性が高いので、銀行印を「いぬずかん」にしたいという方は銀行に問い合わせてみてください。

ちなみにイラスト入りの印鑑は実印登録ができないのが普通ですが、自治体によっては登録してくれるという説もあるようですので、興味がある方はこちらも自治体に問い合わせをお願いします。

「いぬずかん」ではどんな印鑑ができるの?

作れる印鑑の種類

まず、印鑑の素材ですが「いぬずかん」では黒水牛と柘植の2タイプを用意しています。いずれも掘り代込、もみ皮ケース付きで3000円(税込・送料込)です。

この他にインク内蔵で気軽に使えるJOINTY J9を選ぶこともできます。JOINTY9は銀行印などには使えないため、用途は認印になりますが、7色のボディーカラー(ローズピンク、ハニーオレンジ、スカイブルー、ライムグリーン、ピアノブラック、レモンイエロー、ピュアホワイト)、4色のインクカラー(朱色、赤、青、黒)から選ぶことができます。JOINTY J9は1500円(税込・送料込)です。

どんなイラストやフォントを選べるの?


画像出典:PR TIMES
「いぬずかん」で選べる犬のイラストは全部で25種類。犬のポーズが選べる15種類と犬種で選べる10種類があります。(犬種はチワワ、トイプードル、パピヨン、ダックスフンド、ポメラニアン、ヨークシャテリア、シーズー、フレンチドッグ、マルチーズ、コーギーがあります。)また、フォント(文字の種類)も8種類から選ぶことができます。

画像出典:PR TIMES

 

押す方も、押してもらった方も思わず嬉しい「いぬずかん」

犬好きでなくても思わず微笑んでしまいそうな「いぬずかん」。無機質になりがちな捺印という作業も「いぬずかん」なら楽しく、そこから会話もはずみそうです。こんな印鑑ならメッセージカードやプレゼントのパッケージに押しても楽しそうですし、意外に使い道が拡がるかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ