2016年6月13日更新

アメリカンカールの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫を飼っている方であれば、できる限り長生きしてほしいと考えるのが、心情ではないでしょうか。

では、どんなことに気をつければ猫と多くの時間を、過ごすことができるのでしょう?

 

アメリカンカールの平均寿命は?

猫全体の平均寿命は、15歳前後と言われています。また、純血種と雑種では雑種の方が、長生きと言われているようです。

アメリカンカールの平均寿命は、11歳~16歳前後と言われています。猫全体と比べると少し長い場合もあるようです。

生活習慣や餌、環境などに気を配ることで、平均寿命を上回ることもできるでしょう。

長寿のポイントは?

食べ物


猫も人間と同じように、食べたもので体は作られています。猫は、自分で食べ物を選ぶことができないので、飼い主が気を配る必要があります。

内容物によっては、アレルギーを引き起こしたりする場合もあるようです。

まずは、現在与えているフードの内容物を確認してみてください。もし見直す必要がある場合には、出来る範囲で変えてあげましょう。
高額なフードだからといって、良いとは限りません。負担にならない程度で、体に良い物を与えてあげましょう。

アメリカンカールがかかりやすい病気は?

アメリカンカールは、様々な猫との交配が行われているため、他の純血種と比べると健康な体をしています。

遺伝的な疾患はあまりないようです。

しかし、アメリカンカールの特徴的な耳に触りすぎないよう、ご注意ください。耳内部の軟骨を痛めてしまう可能性があります。外耳炎にかかりやすいので、ご注意ください。

腎臓と水


猫の一番病になりやすい器官は腎臓と言われています。

メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。対処法としては、まず水をたくさん飲ませることでしょう。

部屋に最低でも、2、3カ所は水飲み場を設置しましょう。容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類がありますので、それぞれ変えると良いでしょう。

他にも、しょっぱい餌を与えることにより、水をたくさん飲んでもらうという場合もあるようです。
個体差もありますが、猫は飲まないことを念頭に置いて、意識的に水分をたくさん取らせるようにしましょう。

 

アメリカンカールと長く一緒にいるために

アメリカンカールは、あまり遺伝的疾患はみられない猫種なので少し安心です。しかし、一般的な猫と同じような疾患はあるでしょう。

何か違和感を発見したら、早めに動物病院へ相談をしましょう。