2016年6月13日更新

ベンガルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、猫ブームの影響もあり猫の健康に関心が高まっています。健康を意識しているためか、猫も高齢化となっているようです。キャットフードの種類も多様化していたり、環境も整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。

飼っている方も、これから飼う方も少しでも長く一緒にいるためには、どんなことに注意すると良いでしょうか?

 

ベンガルの平均寿命は?


まず、猫全体の平均寿命は15歳前後と言われています。
雑種も純血種も併せての平均寿命なので、純血種だけだともう少し短いかもしれません。

ベンガルの平均寿命は、14歳前後と言われています。猫全体よりも少し短い印象です。しかし、あくまでも平均なのでもっと長生きをするベンガルもいるでしょう。

生活習慣などに気を配り、生活を支えてあげてください。

長寿のポイントは?

ベンガルがかかりやすい病気は?

遺伝性などの病気はあまりないようですが、野性的な性格が残っていると神経質な場合があります。

ちょっとした環境の変化や、知らない方との触れ合いなどにも、ストレスを感じてしまうかもしれません。ストレスは人間と同じく、体にも影響を与えてしまいます。

ストレス性の脱毛症や、膀胱炎などにご注意ください。

食べ物

人間も猫も、食べ物で体は作られています。キャットフードにも、破格の物から高級品まで様々な種類があります。

高ければ良いというわけではないので、無理して高級品を与える必要はありません。猫にも人間にも、負担にならないことが絶対条件です。

現在与えているキャットフードの、内容物を確認してみてください。

中には、アレルギー物質などを含んでいる場合もあります。
どれも同じと思わずに、まずは興味を持ってみてください。

水と腎臓

猫の死因は、腎臓の病気が一番多いそうです。

メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。長生きしている猫も、メスの方が多いことそうなので、その証拠かもしれません。

腎臓の予防には、水をたくさん飲ませることが重要です。ビタミン剤なども有効です。

水を飲ませるためには、一部屋に最低でも2、3カ所水飲み場を設置しましょう。容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類があるので、変えてみるのも良いでしょう。

他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうというようなこともあるようです。個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

 

ベンガルと少しでも長く一緒にいるために


画像出典:Francis Luong
特別な何かが必要なわけではなく、毎日の生活の中で注意してあげましょう。食べ物や、水など当たり前に与えているものですが、少し興味を持って考えてあげるだけで寿命は変わります。

また、普段から様子をしっかりと確認をして、異常を感じたら動物病院へ相談をしましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード