2016年6月13日更新

ペルシャの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。その分、健康にも気を配る飼い主さんが増えているようです。実際に猫種ごとにかかりやすい病気も異なります。

ペルシャと少しでも長く一緒にいるために、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

 

ペルシャの平均寿命は?


猫全体の平均寿命は、15歳前後と言われています。

ペルシャの平均寿命は、16歳~18歳前後と言われているので猫全体と比べても長めです。しかし、あくまでも平均なのでもっと長生きする個体もいるでしょう。

どんなことに気を付ければ、ペルシャと長く一緒にいられるのでしょうか。

長寿のポイントは?

ペルシャがかかりやすい病気

多発性嚢胞腎

ペルシャは遺伝的に、多発性嚢胞腎にかかりやすいと言われています。

腎臓に水が溜まってしまい、腎臓の動きが低下していきます。進行すると、慢性腎不全を発症してしまい死につながってしまうこともあります。親のどちらかに、遺伝子があると50%の確率で遺伝してしまいます。

心筋症

他にも心筋症にかかりやすいとも言われています。

初期症状はほとんどありません。進行してくると、呼吸困難や歩行にも影響がでてきます。症状が重くなると、命にも関わる病です。

定期的に、健康診断を行っていれば発見ができる場合もあるので、検診へ連れていけると安心です。

食べ物

食べ物で人間も猫も、体が作られます。普段何気なく与えているキャットフードに、どんなものが入っているかご存知ですか?中には信じられないようなものが入っていたり、アレルギー物質を含んでいる場合もあります。

一度、自身の与えているキャットフードには何が入っているか、確認をしてみましょう。

しかし、無理をして高級品を与える必要はありません。
猫にも人間にも、負担にならないような、丁度良いキャットフードを探してあげましょう。

水と排尿

猫の一番多い病気は、慢性腎不全です。ペルシャは遺伝的にも、発症の可能性があるのでご注意ください。予防としては、水飲み場を数カ所に設置することでしょうか。

容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類があります。

他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうというようなこともあるようです。個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

また、排尿も意識して確認をするようにしましょう。色やにおいがいつもと違えば、体に異変が起きている可能性があります。

常に確認をして、異変に気付けるようにしましょう。

 

ペルシャと少しでも長く一緒に入るために


猫は肥満になっても人間や犬ほど、悪影響がないとも言われています。猫の病気で、一番多いのは腎臓です。死因にもつながりますので、必ず水をたくさん与えてビタミンも補えると良いでしょう。

異常があれば、すぐに動物病院へ相談をしましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード