2016年5月25日更新

シェットランド・シープドッグの寿命は?長寿の秘訣は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


胸としっぽのフサフサとした立派な飾り毛が気品を感じさせるシェットランド・シープドッグ。賢く従順な家庭犬にぴったりの犬です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

 

シェットランド・シープドッグの平均的な寿命は?

シェットランド・シープドッグの平均的な寿命は12歳~13歳だといわれています。ボーダー・コリーが13歳~16歳、ラフ・コリーが14歳~16歳、オーストラリアン・シェパードが13歳~15歳といわれているのでやや短命な印象を持ちますが、比較的体は丈夫な方で先天的な疾患を持っていなければ平均的な寿命をこえても元気な犬も多くいます。

ただ純血種の犬種はどうしても先天性の遺伝的疾患を持っている可能性があります。遺伝的な疾患の場合は発症を予防することが難しく、発症すると一生その病気と付き合って生活することになってしまいます。なかには重症化すると命にかかわる病気もあり、若く夭逝してしまう犬もいるため、平均的な寿命が短くなってしまっているようです。

このような病気は親犬から子犬へと受け継がれるものなので、子犬を購入する際に親犬の血統を確認することで100%ではありませんが、おおかたの病気を防ぐことができるといわれています。

元気で長生きのポイントは?

飼っている犬に少しでも長く元気でいてもらいたいのは、犬を飼っている人にとって共通の願いですね。ではどうしたら少しでも長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

肥満にならない生活習慣を

シェットランド・シープドッグは太りやすい体質をしているといわれています。そのため肥満には注意が必要です。

肥満になると内臓にも大きな負荷がかかりますし、足腰への負担も大きくなってしまいます。特にシェットランド・シープドッグは体の割に足の骨が細く、関節の病気にかかりやすい傾向があります。できるだけ体型を維持できるような生活習慣を身に付けさせてあげましょう。

人でも犬でも肥満を防止するために必要なことは食事の管理と適度な運動です。まず食事ですが運動量や体質にあった、カロリーコントロールされたものがよいようです。最近では市販のドッグフードも、用途にあわせて多種多様なものが販売されています。肥満予防のためのローカロリーなフードをいくつか選んで食べ比べてみたり、かかりつけの獣医師にどのようなフードがよいか相談してみるとよいでしょう。

運動量ですがシェットランド・シープドッグの場合は、それほど多くの運動量は必要ないといわれています。1日2回1回30分程度の散歩がよいようです。また賢く人と一緒に何かをすることが大好きな犬種なので、アジリティーやフリスビーなどの競技に一緒に挑戦するのもよいですね。

皮膚病には注意が必要

シェットランド・シープドッグの遺伝性の疾患の1つに家族性皮膚筋炎という病気があります。この病気は皮膚に炎症を起こす場合と、咀嚼筋(物を食べる時に使用する筋肉のこと)などの筋肉に炎症を起こす場合があり様々な症状が現れますが、皮膚に炎症を起こした場合は、鼻の先や目の周りなど顔面に脱毛を起こすことが多いようです。

またコリーノーズまたは日光性皮膚炎と呼ばれる病気の発症が多く、症状としてはよく日にあたる鼻先から鼻筋にかけて赤みがでたり、脱色や脱毛が起こります。ひどくなるとかさぶたになり、犬がなめたり引っ掻いたりすることで潰瘍ができ、鼻先が崩れた状態になってしまうこともあるようです。

このようなシェットランド・シープドッグに特有の皮膚の病気以外でも、ノミ・ダニによるアトピー性の皮膚炎や被毛内が蒸れることによる皮膚トラブルも多い犬種です。

毎日しっかりとブラッシングをして皮膚の状態を確認しましょう。赤みや湿疹、腫れなどを見つけた場合は、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

またシャンプーは月1回程度を目安に行いますが、自宅でシャンプーするにはやや大きな犬種になりますので、トリミングサロンなどプロの方にお任せして同時に皮膚の状態をチェックして頂くとよいでしょう。

ストレスは禁物

シェットランド・シープドッグ は明るく元気な性格と、辛抱強く繊細な面を併せ持っています。そのため小さな子からいたずらをされても我慢してしまったり、長い時間家族と離れていると寂しさからストレスをためてしまいます。ストレスをためてしまうと胃腸などの調子を崩して軟便や下痢の原因になることがあります。

日ごろから飼っている犬の表情をよく観察して、困っているような様子や我慢しているような仕草を見逃さないようにしてあげましょう。もしもいつもと違う様子がみられたら、ストレスの原因になっているものが何かを確認し、少しでもストレスがかからない状態に改善してあげましょう。

小さなお子さんがいる場合は、時間を見つけてドッグランへ連れて行ってあげるなど、お子さんとは別に自由に過ごせる時間を設けてあげるとよいですね。

また留守番をさせる場合はいきなり長時間の留守番からさせるのではなく、短い時間から徐々に慣らしていくとよいようです。また「留守番お願いね。」や「いい子にしていてね。」などの声掛け、おやつを与えるなどこれから留守番だという合図は作らない方がよいといわれています。留守番をすることが自然なことにしてあげることが大切なようです。

 

シニアになったら注意してあげたいこと

シェットランド・シープドッグのような中型の犬種の場合は6歳~7歳ころからシニア期に入り、10歳からは本格的に老化が始まるといわれています。

シニア期に入ると若い頃と比べてどうしてもエネルギー代謝が悪くなっていきます。もともと太りやすい体質のシェットランド・シープドッグの場合は、今までと同じフードを食べさせ続けると、肥満になる可能性が高くなってしまいます。

また噛む力も徐々に衰えていくのでドライフードなどの硬い食事だと、噛まずに丸呑みしてしまうようになってしまいます。シニア期に入ったら若いころよりもローカロリーで、噛みやすい硬さのフードに切り替えてあげるとよいようです。

また運動量にも注意が必要です。前述したとおりシェットランド・シープドッグは、体の大きさの割に足の骨が細いため、関節炎などをおこしやすい傾向にあります。特にシニア期に入ってからは足や腰の筋肉が徐々に衰えていくため、若いころと同じような運動量では関節への負担が大きくなってしまいます。

ただし急に運動量を減らしてしまうとストレスにつながってしまうこともありますので、競技への参加回数を減らしたり、散歩のスピードをゆっくりしたペースに切り替えるなど、少しずつ年齢にあわせた運動量にしてあげるとよいでしょう。

長く一緒にいるためには

シェットランド・シープドッグは遺伝性の病気を持っていなければ、比較的体も丈夫で長く元気に過ごすことができる犬種だといわれています。実際にシェットランド・シープドッグの掲示板などをみていても、15歳以上で病気の症状はあっても元気に生活している犬も多くいるようです。

犬の普段の様子をしっかりと把握し病気や異常行動の兆候を早い段階でみつけ、適切な処置をしてあげることが、犬の寿命を延ばす1番の秘訣かもしれません。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【ペットシッターが解説】シェトランド・シープドッグとの暮らしで注意すること

シェトランド・シープドッグの性格と性質 性格 シェルティーの愛称で親しまれているシェトランド・シープドッグは、明るくて優しい性格を持っています。さらに非常に賢いのでしつけもしやすいと……

犬の問題行動予防

ブリーダーからシェットランド・シープドッグを迎える時の選び方やメリットは?

「シェルティー」の愛称で親しまれているシェットランド・シープドッグは、明るく感受性が強くて、遊ぶことが大好きです。人には従順で家族に献身的に尽くしてくれます。その反面、少しシャイな一面も持ち……

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグの年齢別の平均体重と食事量の目安

賢く愛想の良いシェットランド・シープドッグは、長い間人間の仕事のお手伝いをしてきました。コリーの小型犬だとよく思われますがそうではなく、実はコリーとは親戚関係にあります。 様々な犬種の……

シェットランド・シープドッグ

賢くて聡明! シェットランド・シープドッグの魅力4選

胸と尻尾の飾り毛が上品で美しいシェットランド・シープドッグ。マズルの長いきりっとした顔立ちが賢く聡明な印象を与えます。小柄ながらも均整のとれた体つきも魅力の1つ。でもシェットランド・シープド……

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグの大きさ・寿命・性格など初めて飼う方に知ってほしい情報

シェットランド・シープドッグの歴史 スコットランドのシェットランド諸島で牧畜犬として飼育されていた犬がオリジナルといわれています。この島は土地が痩せていて作物が育ちにくく、結果、家畜のサイ……

犬の習性

シェットランドシープドッグ(シェルティ)の飼い方。体重や大きさ、散歩の長さは?

犬の種類はたくさんあり、それぞれ大きさや毛の色、性格、健康状態など多種多様です。しかし、犬種によって性格が似ているということが分かっており、この犬種ならこんな育て方が良い!こんな家族に向いて……

犬の習性

シェットランドシープドッグ(シェルティ)の病気〜獣医師が解説するシェットランドシープドッグのかかりやすい病気〜

何世紀にもわたって牧羊犬として活躍してきたシェットランドシープドッグ。温厚で優しい性格と知的な表情、抜群の運動神経を持ち、シェルティの愛称でも親しまれています。シェットランドシープドッグで気……

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドッグの価格は?購入する方法・里親になる方法は?

胸としっぽに蓄えたフサフサの飾り毛と聡明そうな顔立ち。人懐っこく愛情豊かな性質は長い間人々を魅了してきました。そんなシェットランド・シープドッグの価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップ……

犬の購入・入手方法

【動物看護師が解説】シェルティーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

シェルティーは非常に賢く、飼い主さん以外にはあまり懐かない、和犬のような従順な犬種です。家族の前では甘えん坊で遊び好き、たくさんの笑顔を見せてくれますが、それ以外の場所ではポーカーフェイスを……

犬のブラッシング

シェットランド・シープドッグの寿命は?長寿の秘訣は?

胸としっぽのフサフサとした立派な飾り毛が気品を感じさせるシェットランド・シープドッグ。賢く従順な家庭犬にぴったりの犬です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるとい……

シェットランド・シープドッグ

シェットランド・シープドックの里親になるには?里親を探すには?

フサフサとした胸の毛とピン立った耳。すっきりとした顔立ちは聡明な意志の強さを伺わせます。小柄な体で走り回り羊を追う姿は、エネルギッシュで生命力に溢れていますね。そんなシェットランド・シープド……

犬・小犬の里親になる