2016年4月1日更新

【動物看護士が解説】犬猫の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という理由で買おうとしていませんか?物によっては、愛犬、愛猫のためにならないこともあるのです。

自己判断で買うのは危険

療法食には、予防を目的にするものと、治療の手助けを目的にするものがあります。

予防を目的にするものであれば、自己判断で購入しても問題はありません。しかし、治療を目的にするものはそれぞれの病気の特徴の合わせて食事の成分を調節してあるため、目的に合わない状態の犬にその食事を与えるのは良くありません。

体調が悪化したりすることは幸いありませんが、健常な犬に与えるには栄養バランスが少し偏ることもあるかもしれません。また、便秘や下痢を誘発する可能性もあるので、療法食はきちんと獣医師と相談した上で購入するようにしましょう。

どんな種類のものがあるの?

療法食の種類は非常にたくさんあります。各臓器の数ずつあると考えても間違いではない程です。心臓病や腎臓病、肝臓、脳、膀胱など実に様々な種類の食事があります。

それぞれ治療とまではいきませんが、治療の手助けの一つとして使用されています。他にも、肥満防止や歯石予防などどんな犬でも使用できる食事もあります。

食べないときはどうする?

療法食を食べることを指示されたのに、食べてくれないということは非常に多いです。人間が病院食をあまり美味しく感じないというのと同じで、健康や治療の妨げにならないよう、成分重視で作られているので味は一般食より劣っているようです。

療法食を指示された場合は、食事を変更するわけにはいかないので、食べるようにする工夫をしなければなりません。ほんの少し缶詰を混ぜてみたり、ささみの煮汁を足してみたり、ドライフードならふやかしてみたり、ウエットフードなら温めて香りを立たせてみたり。

ほんの少し風味づけする程度ならOKしてくれる場合が多いですから、あまりにも食べない場合は獣医師に相談すると良いでしょう。

材料の確認を

トッピングが許可されたら、どんな食材が使用可能かも一緒に確認をしましょう。例えば脂肪を抑えている療法食なのに、高脂肪なチーズをトッピングしてしまうと意味がなくなってしまうので、トッピングの材料は確認が必要です。

療法食は食べなければ違う種類に、と変更ができないので少し大変ですが、治療のため、飼い主さんも食事に一手間二手間を加えて、愛犬・愛猫と一緒に頑張ってくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【ペット栄養管理士が指南】犬の手作りごはんを楽しむために

愛犬の食事に、簡単にできる手作りごはんを取り入れてみてはいかがでしょうか。 飼い主さんが選んだ食材を使うので安心して与えることができますし、喜んで食べてくれる愛犬が多いこともうれしいと……

ドッグフード

【動物看護士が解説】犬猫の療法食ってどんなもの?食べないときはどうすれば良い?

動物病院や、一部のペットショップで見ることのできる犬猫の療法食。パッケージ自体に説明書きが少なく、いまいちどんな食事なのかわかりませんよね。病院で出される食事だからなんとなく良さそう、という……

ドッグフード

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

【獣医師が教える!】愛犬の状態に合ったドッグフードの選び方

近年、ペットの健康維持への関心が高まってきていることもあり、量販店や動物病院、インターネット通販などで、驚く程たくさんの種類のフードが販売されています。ずらりと並んだ多種多様なフードの中から……

アメリカ生まれ「アーテミス」のドッグフードとは?

ペット大国アメリカにはペットフードに対して厳しい規制があります。アメリカではUSDA(米国農務省)*1、FDA(米国食品医薬品局)*2、AAFCA(米国資料検査官協会)*3の3つの政府機関が……

ペットフードと手作りフードどちらを選ぶ?獣医師が教えます!

愛犬や愛猫の主食には何を与えていますか?何かと便利なペットフードを与えている人もいれば、手間隙かけた手作り食を与えている人もいるでしょう。今回のテーマは、手作り食とペットフード、それぞれの良……

ドッグフード

愛犬・愛猫のための手作りごはん!『ペット生活レシピ』がオープン♪

最近『犬猫の高齢化』というキーワードを耳にする機会が増えたと感じませんか?一般社団法人ペットフード協会の独自調査によると、犬猫の平均寿命は、30年前と比較して約2倍にまで伸びているそうです!……

ドッグフードも腐る!ドライフードの酸化防止と保管の方法

愛犬たちの大切な栄養源、ドライフードの保管についてのお話です。 みなさんは愛犬たちのドライフードをどのように保存されていますか? 我が家では開封したドライフードは密閉できる袋に入れて冷蔵……

犬の食事の基礎

【ドッグトレーナーはこうする!】ドッグフードジプシーからの脱却!!

ドッグフードジプシーとは? 愛犬が食べてくれるドッグフードを探しては与え、食べなくなったら別のドッグフードを探すを繰り返してしまう状態の事です。 食べてくれないのは、大きな心配要因で……

ドッグフード

【獣医師が解説】犬のごはんは何時に与えるもの?

愛犬と健康的な暮らしを送るには、規則正しい生活習慣がとても大切です。なかでも、健やかな体作りにはきちんとした食生活が欠かせません。今回のテーマは、健康を維持するために大切な「犬の食事の回数と……

ドッグフード

【獣医師監修】犬は玉ねぎを食べても大丈夫?犬に玉ねぎをあげると中毒になる危険性が!

飼い主さんの食べ物をこっそり食べてしまう犬、結構多いですよね。匂いを嗅いで美味しそうだとパクッと口に入れてしまうので止める隙もありません。そんな調子でもし犬が玉ねぎを食べてしまったらどうなる……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はさつまいもを食べても大丈夫?犬にさつまいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

さつまいもと言えば焼き芋、てんぷら、お菓子などメニューのバリエーションが多彩。甘みがありホクホクしていてまさに大地の恵みという感じがします。 お菓子のように甘いので当然、好きな犬も多い……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はじゃがいもを食べても大丈夫?犬にじゃがいもをあげる場合の注意点と簡単レシピ

カレーや肉じゃが、サラダなど人間のメニューでは大活躍してくれるじゃがいも。栄養豊富で便利な食材ですが犬にあげても良いのでしょうか?今回は犬にじゃがいもを食べさせても良いかどうかについて調べて……

ドッグフード

【獣医師監修】犬はキャベツを食べても大丈夫?犬にキャベツをあげる場合の注意点と簡単レシピ

食物繊維が豊富で人では便通に良いと言われているキャベツ。生でも火を通しても美味しい野菜ですが犬にも食べさせて良いのでしょうか?また、食べさせる場合はどのような点に注意するといいのでしょうか?……

ドッグフード

犬を飼ったら何が必要?犬のために買うべきアイテム、買った方が良いアイテム

初めて犬を飼う飼い主さんにとって、まず考えてしまうのが「犬のために何を買うべきなのか」ということでしょう。もちろん、リードやフードなど基本的なアイテムは思い浮かびますが、犬に快適な生活を送っ……

犬のトイレグッズ