2016年4月13日更新

愛犬とお出かけしたくなる季節♪ドッグアロマで愛犬サポート

高橋 佐奈



ドッグケア

ドッグマッサージサロン&School kukulu* 代表。 愛犬をきっかけに犬のホリスティックケアという世界を知り、ドッグマッサージ、犬の介護・リハビリについて学ぶ。 犬の心も身体も「楽」になってほしいという想いで「緩めるドッグマッサージ・犬のエクササイズ・メディカルアロマ」を取り入れたサロンをスタート。 毎日愛犬と過ごすご家族ができるケアをセミナーではお伝えしています。

 

ポカポカ陽気が続くこの季節。犬にとってもおでかけ日和のこの時期は、愛犬と一緒にお出かけする機会も増えるのではないでしょうか。ですが「一緒にお出かけしたい。でもノミやダニが…」「うちの子車酔いしちゃうから…」と心配される方も多いはず。

特に車酔いをしやすい子にとっては、大好きなご家族とのお出かけもちょっとストレスに感じてしまうかもしれません。そんな方に、メディカルアロマを使用したおでかけサポート・ドッグアロマをご紹介します。

 

メディカルアロマとは

アロマテラピーは天然植物から抽出した「芳香成分」=「精油」を利用した「自然療法」です。好きな香りを選んで、芳香浴を楽しまれている方も多いと思います。

一般的にアロマテラピーは五感の中でも「嗅覚」を通して「心身のバランス」を整えることに役立てられています。メディカルアロマは香りだけでなく、精油の力で病気になる前の不調な身体のケアや、病気とは認められない症状を改善する代替医療として利用されています。

精油の成分の薬理効果を考え、治療家(獣医師や医師)の方には治療として取り入れられ、一般の方は健康管理や、生活用品として様々な使用ができるものです。

犬に安心安全なものを使用してドッグアロマを取り入れる

ドッグアロマとは

ドッグアロマ2
ドッグアロマは、病気になる前のプライマリーケアや、生活環境に取り入れQOL(生活品質)向上に幅広く役立てられます。

  • ブラッシングウォーター
  • 耳の洗浄ケア
  • 肉球ケア
  • 虫除けスプレー
  • お家や犬のベットなどの抗菌スプレー
  • 皮膚の炎症ケア など

使用しているものは、何で作られているのか

市販されている犬用の商品に記載されている「成分一覧」を見ると「何かわからない成分」が記載されていることがあります。何が使用されているかわからないものに比べ、アロマを使って自宅で作成するものは、使用されている材料もわかっているので、安心して犬にも使用することができます。

安心安全な高品質の精油を選ぶ

ドッグアロマに使用する精油は、農薬などの有害物質が含まれていない100%天然でなければなりません。メディカルアロマで使用している「プラナロム社」の精油は、農薬検査の結果やアロマテラピーに必要な成分が確実に含まれていることをきちんと確認出来る「成分分析表」が精油一本ずつに付属しています。

日本ではご家庭で使用する「アロマテラピー」は全て自己責任とされています。だからこそ使用する精油もその他の機材(材料)も安心できるものを使用する必要があります。

100%の効果ではありません

ドッグアロマ3
アロマはお薬ではないため、100%の効果を発揮してくれるかといったらそうではありません。例えば、薬品などが使用されている虫除けスプレーでは10匹の蚊を寄せ付けなかった場合、アロマスプレーでは、その6~8割くらいの効果と考えていただければいいと思います。

またアロマは揮発性のため、時間が経てばその効果は薄れていきます。そのため、こまめに使用することをオススメします。

 

虫除け・車酔い予防スプレー作り方

準備するもの

虫除けスプレー

  • 30mlのスプレーボトル
  • バスオイル 2ml
  • 精油(ユーカリレモン)15滴
  • お水 30ml ※水道水でOK

車酔い予防スプレー

  • 60mlのスプレーボトル
  • バスオイル 2ml
  • 精油(ペパーミント・マジョラム)各2滴
  • お水 60ml ※水道水でOK

作り方(共通)

  1. スプレーボトルにハイブリッドオイルを入れます。
  2. スプレーボトルに アロマ精油を入れます。
  3. スプレーボトルを振ってハイブリッドオイルとアロマ精油をなじませます。
  4. お水を入れて完成です。
  5. 作成した日を書いたシールを貼り使用期間がわかるようにします。

スプレーの使用方法

  • 虫除けスプレー
    お出かけ前、お出かけ中に犬の身体に直接スプレーしてください。
  • 車酔い予防スプレー
    お出かけ前に車内にスプレーしてください。(ティッシュなどにスプレーをかけて、犬に嗅がせてあげてもいいです)

注意事項

  • 使用する時はスプレーボトルをよく振ってください。
  • 犬の目や鼻に直接かからないように注意してください。
  • スプレーが苦手な犬は、手になじませてから犬の身体をなでるように使用してください。
  • 香りなどを犬が嫌がる場合は、無理して使用しないでください。
  • 使用期間は2週間程度です。

ドッグアロマ4
【ドッグアロマ使用材料参考ページ】
精油・バスオイル(プラナロム社)http://www.pranarom.co.jp

車酔い予防のツボ

車に乗る前や乗車中に、車酔いを緩和すると言われるツボを指圧したり、耳のつけ根を揉み、副交感刺激を優位にしてあげましょう。

  1. 「前足」の手根球から犬の指3本分くらい下を優しく指圧します。
  2. ドッグアロマ5

  3. 耳のつけ根を揉みます。
  4. ドッグアロマ6

まとめ

愛犬と一緒におでかけしたいという飼い主さんは多いと思います。もちろん犬も、飼い主様と一緒にいることが一番の幸せでもあり楽しみだと思います。しかし、本当に愛犬を連れて行く必要があるのかどうかを考えることも大切です。

特に車酔いがひどい場合、アロマやマッサージだけでなんとかするのではなく、必要な場合は獣医師に相談してお薬などを準備してください。一緒におでかけする時は、歩かせられるような場所でこまめに休憩を取る。渋滞するような時間帯は避ける。こまめに水分を摂取する。絶対に迷子にならないようにする。など犬のストレスについても考えて、楽しい思い出作りをしてほしいと思います。