2016年5月25日更新

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの寿命や長寿の秘訣

ペット生活

編集部

 
 

中世チュダー王朝時代から癒しのスパニエルと呼ばれ、愛玩犬として人々に愛されてきたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。


キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの平均的な寿命は?

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの平均的な寿命は9歳~14歳だといわれています。キング・チャールズ・スパニエルが12歳~14歳、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが12歳~15歳といわれていますので、同じような体格の犬種の中ではやや短命な印象ですね。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝性の疾患が多い犬種だといわれています。特に僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気を持っていることが多く、10歳になる前に夭逝してしまう犬もいるため、平均的な寿命を下げてしまっているようです。

ただし僧帽弁閉鎖不全症や脊髄空洞症も、症状を見逃さず適切な治療を受けることで寿命を延ばしていくことができます。飼い主の健康管理の仕方次第では、長く一緒に過ごすことができるということですね。


元気で長生きのポイントは?

飼っている犬に少しでも長く元気に過ごしてもらいたいのは、犬を飼っている人にとって共通の願いですね。ではどうしたら少しでも長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

心臓の検査は定期的に!

前述したとおりキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝的に僧帽弁閉鎖不全症という心疾患を持っている犬が多く、4歳で60%の犬が発症するといわれています。

僧帽弁閉鎖不全症とは心臓の中にある血液の逆流を防ぐための僧帽弁という弁が変性をおこし、弁がしっかりと閉じなくなってしまうために血液が逆流してしまう病気です。症状としては咳が出る、疲れやすい、運動をしたがらないというものが主で、重症化すると肺水腫をおこし呼吸困難になってしまいます。

僧帽弁閉鎖不全症を完治させることは現在の医学では難しく、症状の緩和と進行を抑える治療が主になります。具体的には食事療法による体重管理、運動制限、血管拡張剤などの投与を行います。

僧帽弁閉鎖不全症の場合は早期発見・早期治療で症状を抑えることがとても重要です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのように遺伝的に発症する確率の高い犬種は、迎え入れた時から定期的に心臓の検査を受けることをおすすめします。

 

ペット生活

編集部

 

人気の記事