2016年4月30日更新

柴犬の平均体重や、月齢・年齢による食事の回数・時間・量

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

代表的な日本犬の柴犬は、日本固有種の中でも最も古くからある犬種だと分かっていますが、実はその起源ははっきりと分かっていません。しかし、「ザ・日本犬」とも言えるほど、日本人の生活にはなじんでいる犬種です。

特に子犬の頃はコロコロとして可愛いですよね。もし、柴犬を子犬から迎え入れた場合に体重や食事で気をつけた方がいい点はあるのでしょうか?

 

柴犬の月齢別の体重について

柴犬 体重
一般的には、柴犬の成犬の適正体重は8~10kgと言われています。大体1歳前後でこの位の体重になるでしょう。体の小さなメスなどは8kg以下になる事もあります。

推移としては、あくまで一例ですが、

生後2ヶ月 1.9kg
生後3ヶ月 2.3kg
生後4ヶ月 3.5kg
生後5ヶ月 4.5kg
生後6ヶ月 5.4kg
生後7ヶ月 5.5kg
生後8ヶ月 5.9kg
生後9ヶ月 6.2kg
生後10ヶ月 6.9kg
生後11ヶ月 7.3kg
生後12ヶ月 7.7kg

生後12ヶ月まで、毎月少しずつ体重増加しているのが分かります。あまりに急激に増えたり、逆に減ってしまっていた場合には早めに医者を受診した方が良いでしょう

柴犬の月齢別の食事について

柴犬 食事量
柴犬がペットショップにならんだり、ブリーダーから引き取れるようになったりするのは、生後2~3ヶ月後からです。まだ消化器が未発達なため、ドッグフードは引き取る前に食べていたものと同じものを与えるのが良いでしょう。

柴犬を購入したペットショップやブリーダーから1回の食事の量を聞いておき、同じ量を水分を加えてふやかしてから与えます。1日3~4回少量をこまめに与えるようにされてください。なぜドッグフードをふやかすかというと、子犬の時の柴犬は消化器がまだ完全ではなく、固いまま与えてしまうと消化不良を起こしてしまうからです。

「固いのは良くない」という理由から、成犬用の缶詰を与えるのは避けてください。缶詰は一般食と言って栄養が偏っている場合が多く、通常はドッグフードを与えつつ、補完として食べさせるものです。

もちろん、総合栄養食と言われるもので、缶だけを与えていても良いものもありますが、出来れば今まで食べていたドッグフードを与える方が柴犬への負担が少ないでしょう。

ドッグフードは必要な栄養が充分に含まれており、子犬の段階ではペットショップなどで与えていたドッグフードだけで充分です。

月齢が上がってくるに従い、子犬の様子を見て1回の食事量を増やすようにされてください。その時、糞が柔らかい場合は量が多い、というバロメーターになります。逆に固くてコロコロとしている糞は食事の量が少ないという事です。

生後6ヶ月を過ぎる頃には、消化器も発達してきて固いドッグフードも平気になってきます。そのため、この頃からふやかさず、そのままドッグフードを与えていきましょう。1日にこまめに分けていた食事の回数も減らしていき、その代わり1回の量を増やしていきます。

この場合、急に固いドッグフードを与えたり回数をいきなり4回から1回変えたりと極端に変えるのではなく、ドッグフードは徐々にふやかすお湯の量を少なくしていき、固いものにしていきます。

回数も最終的に1日1~2回にすれば良いので、急に減らすのではなく、徐々に減らしていくようにされてくださいね。柴犬がビックリしてしまいますよ!!

【柴犬の関連記事】

柴犬の飼い方、柴犬との暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】