2016年6月27日更新

ニューファンドランドの寿命は?長寿の秘訣は?

大きくがっしりとした体と、優しく慈愛に満ちた表情が威厳を感じさせるニューファンドランド。大型犬のなかでも人気の高い犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

ニューファンドランドの平均的な寿命は?

ニューファンドランドの平均的な寿命は8歳~10歳だといわれています。レオンベルガーが8歳~9歳、セント・バーナードが8歳~10歳といわれているので、このタイプの大型犬としては平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

はっきりとした理由は現在でもわかっていないのですが、小型犬よりも大型犬の方が寿命が短い傾向にあります。1説には大きな体の割に内臓が発達しておらず、体を維持していくだけで負担が大きいためだといわれています。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、寿命を越えて長く生きている犬も増えてきています。日本でも13歳まで生きていたニュファンドランドがいた記録が残っていますので、飼い主との生活次第では長く一緒にいられるかもしれませんね。

元気で長生きのポイントは?

どうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

大型犬の突然死の原因・胃捻転には注意が必要

ニューファンドランドのように胸の深い大型の犬種に多い病気です。胃捻転は症状が現れてから数時間で死に至る可能性のある恐ろしい病気で、気が付かずに放置をすれば確実に命を落としてしまいます

胃捻転とは胃の1部が何らかの原因で捻じれをおこし、血流が止まって壊死を起こしてしまう病気です。捻じれる際に脾臓などの周囲の臓器を巻き込んでしまうことがあり、巻き込まれた臓器も一緒に壊死をおこしていきます。胃捻転が発生するメカニズムははっきりとわかっていませんが、生活の中でいくつかのポイントを注意することで、発症を抑制することができるといわれています。主なものをいくつかご紹介します。

  • 1度にたくさんの量を食べさせないように何回かに分けて食事をさせる
  • 犬の首が水平な状態で食べられるように高さのあるスタンドを用意してあげる
  • 食事の前後1時間は安静にさせる
  • 運動後の飲み水の量は400cc程度と決めておく
  • ドライフードを食べさせるときはふやかしてから与える

もし胃捻転の兆候が現れたら

胃捻転は発症から治療までの時間をできる限り短くしてあげることが大切です。そのためには胃捻転の兆候を見逃さないようにしましょう。胃捻転の兆候には次のようなものがあります。

  • 吐き気があるようなのに吐しゃ物を出すことができない
  • 落ち着きなく動き回る
  • 腹部を舐め続ける
  • 腹部が膨れる
  • 水を大量に飲む
  • よだれが多くなる

これらの症状がみられたらすぐに動物病院へ連れて行ってあげましょう。なかにはあまりはっきりとした症状を表さない犬もいるようですので、日ごろからよく犬の状態を観察し元気な時の様子を把握しておくとよいでしょう。

胃捻転の場合は緊急を要する治療ができない、治療経験がないなどの理由から発症している状態なのに診察を断られてしまうようなケースもあるようです。胃捻転の治療経験があり24時間夜間も診察してくれる病院をいくつか見つけておくとよいでしょう。


画像出典:scott feldstein

心臓に負担をかけすぎない生活を

前述したとおりニューファンドランドのような大型犬の場合は体の大きさの割に内臓が小さく、小型犬よりも臓器への負荷が大きいといわれています。そのなかでももっとも負担がかかるのが全身に血液を送っている心臓です。小さな心臓で大きな体に血液を送っているので、普通に生活していても負担が大きくなってしまうのです。

ニューファンドランドも例外ではなく心疾患による突然死も多いようです。ニューファンドランドに多く見られる心疾患は次の2つです。

拡張型心筋症

はっきりとした原因は分かっていませんが、心臓を構成する心筋が細長く伸びてしまい、左心房と左心室の壁が薄くなり収縮力が落ちることで、心臓から全身への血液が送り出せなくなってしまう病気です。

拡張型心筋症は明確な予防方法がなく、初期段階では特に目立った症状がみられないため、気が付いた時には手遅れになっていることが多くあります。

心房中隔欠損症

心房中隔欠損症は拡張性心筋症とは異なり先天性の病気で、胎児や出生後に心臓の左心室と右心室を隔てている中隔が十分に成長せずに、孔が空いたままになってしまう病気です。孔が小さい場合は特に症状が現れるようなことはないのですが、孔が大きかったり他の病気と併発しているような場合は、チアノーゼをおこしやすい、意識障害がおこるなどの症状がみられるようです。

この病気も予防することが難しく、気が付かずにフィラリア症などと併発した場合などは重篤な状態になってしまいます。

定期的に心臓の検査を

犬の心臓病は根治させることが難しいといわれています。また根治治療として外科的な手術を受けても、術後よい状態を保つことが大変むずかしいようです。犬の心臓病の場合は発症してから根治を目指すよりも、症状が出る前に薬や運動および食事の制限などを行い、症状を抑えながら生活できるようにしてあげることが大切なようです。

ニューファンドランドの場合は子犬を迎えた時から、定期的に心臓の検査を受けるとよいです

暑さに弱いニューファンドランド

ニューファンドランドはカナダのニューファンドランド島で水難救助犬として活躍してきた犬です。ニューファンドランド島は夏はハリケーン、冬は氷点下になる厳しい気候の島です。ニューファンドランドの特徴的なフサフサの被毛は、見た目の可愛らしさのためにあるのではなく、そのような気候の中でも生きていくために必要なものとして生まれたものです。

そのため北海道や東北などの寒く乾燥した地域ではよいのですが、九州や四国、沖縄などの温かく湿った地域の気候風土に向いているとはいいがたいところがあります。特に日本の高温多湿な夏の気候では保温性の高い被毛が暑さをため込んでしまい、熱中症や皮膚病の原因になってしまいます

ニューファンドランドの被毛はダブルコートといって、分厚く密集し水をはじくアンダーコート(下毛)と硬くまっすぐなオーバーコート(上毛)の2層に分かれています。そのためダニなどの寄生や皮膚炎の発症を見つけることが難しいといわれています。

ニューファンドランドの被毛のケアはとても手間がかかりますが、できれば1日1回は行うようにしましょう。特にアンダーコートは放っておくとカチカチに固まってしまい、皮膚病の原因にもつながりますので、コーミングとブラッシングの両方を行い、丁寧に死毛を取り除いてあげましょう。また換毛期から夏の熱い時期は被毛の中に風を通して、被毛の中の熱と湿気を取り除いてあげるために、こまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう

ブラッシングを行う時は皮膚の状態を確認しながら行いましょう。少しでも赤みや湿疹、膨らみなどがあるようなら、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

また夏場の室温はパンティングの様子を見ながら、過ごしやすい温度に設定してあげましょう。散歩や外出をする場合はできる限り日の登る前や日の落ちたあとの、涼しい時間帯を選ぶとよいでしょう。

シニアになったら注意してあげたいこと

ニューファンドランドのような大型犬の場合は、どうしても小型犬より老成が早いため5歳ころからはシニアとしての生活に切り替えていくとよいようです。

ニューファンドランドは水難救助犬としての特性もあり、若いころは1日2回1回1時間の引き運動なども取り入れたしっかりとした散歩が必要ですが、シニア期に入っても同じようなペースで運動をさせてしまうと足や腰への負担につながってしまいます。引き運動の回数を少しずつ減らしたり、足腰への負担の少ない水遊びを増やしてあげるなど、徐々に年齢にあった量と仕方に変えてあげるとよいでしょう。

シニア期に入るとエネルギー代謝も運動量も減ってきます。若いころと同じ食事を続けていると、どうしても肥満になる傾向があるようです。特にニューファンドランドのような大型犬の場合は、シニア期からは関節の病気が心配なので、できるだけ足腰に負担をかけないように肥満には注意が必要になります。シニア期に入ったらカロリーの低い、硬すぎない適度な硬さのフードに切り替えてあげるとよいですね。

その他にも症状に現れていない潜在的な病気が発症している可能性も高くなりますので、シニア期に入ったら半年に1回のペースで定期検診を受けるとよいでしょう。

長く一緒に過ごすためには

話すことのできない犬にとって、いつもと違う行動はSOSの合図であることが多くあります。特に穏やかで忠誠心の強いニューファンドランドは、少し具合が悪くても飼い主を心配させないように隠してしまうことがあるようです。

犬の合図を見つけるためには、いつもの犬の様子をしっかりと把握しておくことが必要になります。犬とのコミュニケーションはそのためにもとても重要な時間なのです。

ニューファンドランドのような大型犬の場合は、どうしても小型犬よりも短い時間しか一緒にいることができないかもしれません。後悔しないためにも犬との時間をしっかりととって、充実したペットライフをともに過ごしてあげましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ニューファンドランド の価格は?購入する方法・里親になる方法は?

水難救助犬や警備犬として優秀さを発揮するニューファンドランド。がっしりとした骨格の大きな体が、ニューファンドランドの力強さと大らかさを表しています。そんなニューファンドランド の価格の相場は……

犬の購入・入手方法

クマ?ぬいぐるみ?大きなフサフサ!ニューファンドランドの魅力

優しく慈愛に満ちた表情が魅力的なニューファンドランド。大きくて立派な体つきとフサフサの被毛がまるで動くテディ・ベアのよう。がっしりとした骨格からは水中回収犬としての力強さを感じますね。でもニ……

ニューファンドランド

ブリーダーからニューファンドランドを迎える時の選び方やメリットは?

カナダ、ニューファンドランド発祥の犬、ニューファンドランド。ほわっほわの被毛と優しげな表情が特徴的で、実際に性格も優しく、穏やかです。伝説になったニューファンドランドもいて、人の為に活躍して……

ニューファンドランド

ニューファンドランドの里親になる方法・里親を探す方法

大きな体とむくむくとした被毛でクマのような印象のニューファンドランド。表情はとても優しく、そばにいると温かな気持ちにさせてくれますね。そんなニューファンドランドの里親になるにはどうしたらよい……

犬・小犬の里親になる

ニューファンドランドの寿命は?長寿の秘訣は?

大きくがっしりとした体と、優しく慈愛に満ちた表情が威厳を感じさせるニューファンドランド。大型犬のなかでも人気の高い犬種ですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいる……

ニューファンドランド