2016年4月2日更新

【獣医師が解説】シニア犬になっても健康でいるために、今からできること

飼い主さんの健康維持に対する意識の高まりや、獣医療の進歩とともに、犬も以前に比べて長寿になってきました。愛犬には長く健康でいてほしいものですよね。今回のテーマは、シニアになっても健康でいるために、若い時期から心がけておきたいことについてです。

シニア期の犬に見られる徴候

素材dog-218748_640
シニア期に入ると、全身に様々な変化が現れ始めます。目の周囲から頭部にかけて白髪が増えてきたり、毛艶や皮膚の弾力が低下したりといった変化がその一例です。

目や耳の機能が低下するほか、歯周病も増えてきます。また、筋力が低下し、活発さがなくなります。中でも、生活をする上で問題になることが多い変化は、足腰の力が衰えることです。後ろ足が震えやすくなり、時には、立ったり歩いたり、排泄したりする時に介護が必要になることもあります。

そのほか、加齢を原因のひとつとする様々な病気にかかりやすくなるほか、免疫力の低下による感染症のリスクも上がります。加齢に伴って起こるこうした変化のほとんどは、完全に防ぐことはできないものです。そのため、少しでもこうした変化を抑えて快適に暮らせる期間を伸ばすには、若い時期からの健康的な生活習慣が大切です。

健康的なシニア期を迎えるため、若い時期から心がけたいポイント

足腰を強く保つためには?

素材_shutterstock_67693033
加齢に伴う筋力の低下や関節炎などが原因で、シニア期には歩行が難しくなることがよくあります。シニア期に入ってもできるだけ足腰を強く保つためには、若いうちから、肥満を防ぎ、必要な筋肉をしっかりとつけておくような生活習慣を心がけてください。

体重コントロールを行い、適度に運動をさせましょう。大型犬などの関節炎を起こしやすい犬種の場合は、特にこうしたことを心がけておくことが大切です。ただし、関節や脊椎などに疾患のある犬の運動については、必ず獣医師の指示に従うようにしてください。また、体調が優れない場合や、持病がある場合も無理は禁物です。

★関連記事【関節を健康に保つためには予防が大切!愛犬のための手作りレシピまとめ♪

毎日の健康チェック

imasia_9673778_S
毛、皮膚、目、口、耳をはじめとして全身をよく観察しましょう。シャンプーやブラッシングをしながら、毎日全身のチェックを行なうといいでしょう。体全体を触られることに若いうちから慣れておくようにしてください。

若い時は1年に1回、シニア期は半年に1回は健康診断を

imasia_1918846_S
問診から血液検査、尿検査、心電図検査などを含めた健康診断を定期的に受けるようにしてください。若いうちは1年に1回、シニア期に入ったら半年に1回は健康診断を受けましょう。加齢とともに徐々に進行する内臓機能の低下は、外から見ただけではわからないものです。

また、加齢が原因のひとつとなるほとんどの疾患は、慢性経過をたどることが多く、治療にも時間がかかります。定期的な健康診断を受けることで病気の早期発見に努めましょう。

予防できる病気は予防する

Shih tzu dog treatment
予防できる病気は予防するようにしましょう。各種伝染病の予防接種、フィラリア症対策、ノミ・マダニ対策は、必ず獣医師の指示どおりに継続してください。また、繁殖を望んでいないのであれば、適切な時期に不妊手術を受けておくことも大切です。ただし、疾患をかかえている場合のワクチン接種については、獣医師とよく相談するようにしてください。

毎日の歯磨きを習慣づける

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
シニア期の犬は歯周病を起こしやすくなります。歯周病は歯や歯肉に問題を起こすだけではありません。繁殖した細菌が血流に入り、内臓に悪影響を及ぼすこともあるのです。歯石の沈着は毎日の歯磨きの習慣で予防できます。若いうちから、口を触られることに慣れさせておき、毎日の歯磨きを習慣にしましょう。

若い時期からの心がけで快適なシニア期を迎えましょう

愛犬の健康は飼い主の手にかかっているといってもいいほどです。快適なシニア期を迎えるために、若い時期から日々の健康管理に努めましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか? 近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになって……

犬のニュース

【獣医師が解説】シニア犬になっても健康でいるために、今からできること

飼い主さんの健康維持に対する意識の高まりや、獣医療の進歩とともに、犬も以前に比べて長寿になってきました。愛犬には長く健康でいてほしいものですよね。今回のテーマは、シニアになっても健康でいるた……

老犬の病気

可愛いうちのワンコの老化のサイン

と比べると圧倒的な早さでやってきます。 そして、歳を重ねるにつれ、体にさまざまな変化も見られるようになっていきます。 しかし、飼い主がさまざまな配慮をすることによって、痛みやつらさを軽減……

体が衰えた老犬の介護

お腹が空いていても食べられないことも。寝たきりシニア犬への食事のあげ方

愛犬が高齢になり寝たきりになってしまう…犬を大切に育て長生きさせたからこそ起こる事態です。 年を取るまでお世話してきた飼い主さんなら、寝たきりになっても心をこめてケアすると思いますが、……

体が衰えた老犬の介護

老犬にぴったりな生活環境を考えよう!【屋内飼育編】

犬が歳をとってしまったら、今まではなんでもなかったものが大きな障害になったり、怪我の原因になってしまうことあります。一見、問題が少なそうな屋内においてもそれは同じです。 生活環境を犬に……

体が衰えた老犬の介護

ペットを仕事に。ペット業界の新たな資格、ペット介護士について

ペットの高齢化が進んで、最近注目されている資格のひとつがペット介護士(ペットシッター)です。仕事の内容は、年を取って自力で動くのが難しくなってきたペットを介護することですが、一体、どのような……

体が衰えた老犬の介護

老犬、老猫のために家をバリアフリーに。高齢のペットのための簡単リフォームについて

人間の場合、年を取るとバリアフリーや手すり等を取り付ける簡単リフォームを行う家は多いと思いますが、ペットの場合にも高齢になったら室内を歩きやすく生活しやすいリフォームが必要です。 今回……

体が衰えた老犬の介護

【暮らしを快適に】高齢犬との暮らしをサポート。おすすめアイテム10選

大切な家族の一員である愛犬には、年を取ってからも過ごしやすく暮らしやすくしてあげたい。安全に幸せに暮らしてほしい。 そう思ったとき、何をしてあげればよいのでしょうか。 今回は高齢……

体が衰えた老犬の介護

【獣医師監修】シニア犬猫の床ずれを防ぐ方法、床ずれになった場合の治療方法

寝たきりになると床ずれができるのは人間もペットも一緒です。気付かずに放置してしまうと症状が進んでしまい、治療にも時間がかかるようになってしまいます。もしもペットが寝たきりになってしまった場合……

老犬の病気

飼い主さんにとってもっとも大変な介護。高齢犬の排泄サポートの方法

高齢犬のお世話の中でも一番手が掛かりストレスが溜まるのがお漏らしへの対処でしょう。散歩に行けないので外で排泄することができず、室内にトイレがあっても室内での排泄を嫌がったりうまく排泄できなく……

体が衰えた老犬の介護

ペットを飼っていれば誰もが陥る可能性のあるペットロス。ペットロスと向き合うにはどうする?

ペットを飼っていれば誰もが経験するペットとの別れ。室内飼いするようになって人間との距離が縮まったためか、ペットは単なる愛玩動物というより家族の一員になり、亡くなった時の喪失感は大きくなってき……

体が衰えた老犬の介護

愛犬の介護 愛犬が最後まで幸せでいるために。介護の方法、介護グッズ

日本ペットフード協会のリサーチによれば、飼い犬の平均寿命は約14歳だとか(平成24年)。愛犬が若いうちは、お世話もお散歩、食事、しつけなど予想の範囲内ですが、老犬になってくると、そうはいきま……

体が衰えた老犬の介護

老犬の夜鳴きから解放されたい!犬の夜鳴きの原因・解決方法

犬が高齢になって困るトラブルのひとつが夜鳴きです。 経験ある飼い主さんなら分かると思いますが、犬の夜鳴きは正常な鳴き声とは違って、唸るような声で何時間も鳴き続けるので飼い主さんが寝不足……

体が衰えた老犬の介護

お腹、空いてないわけじゃない。高齢犬が食べられない4つの理由

「若い頃は食欲もあったのに歳を取って食べる量が減ってしまった」…愛犬が高齢になって大好きだったフードを食べなくなると飼い主さんもやたら不安になってしまいます。高齢になると食欲がなくなるのでし……

老犬の病気

早めに気付いてあげたい! 犬の老化の13のサイン

犬も必ず老化します。飼い主はその兆候に出来るだけ早く気付いてあげないといけません。早めに気付いてあげることで、環境をいち早く老犬に合わせて作り変えることができ、長生きに繋がり、怪我の予防にも……

犬の老化について