2016年5月25日更新

イタリアン・グレーハウンドの寿命は?長寿の秘訣は?

グレーハウンドを細身にして小型化した姿形のイタリアン・グレーハウンド。スプリンターの血筋は健在で走る姿がとても優美な犬です。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわれています。健康で長生きをするためにはどうしたらよいか?長寿の秘訣やシニアの注意点などを調べてみました。

イタリアン・グレーハウンドの平均的な寿命は?

イタリアン・グレーハウンドの平均的な寿命は12歳~15歳だといわれています。マルチーズが12歳~15歳、ポメラニアンが12歳~16歳といわれているので、小型犬としては平均的な寿命の犬だといえるでしょう。

ただしあくまでも平均寿命は1つの目安であって、犬の寿命はその犬の持っている体質や病気、育った環境によって異なります。とくに最近は犬の医療も充実してきていますし、市販のドッグフードも種類も質も向上していますので、寿命を越えて長く生きている犬も増えてきています。飼い主との生活次第では長く一緒にいられるかもしれませんね。

元気で長生きのポイントは?

ではどうしたら長く健康でいられるのでしょう?健康寿命を延ばすためのポイントをいくつかご紹介します。

骨折には注意が必要

イタリアン・グレーハウンドは見た目のとおり大変骨の細い犬種です。また遺伝的に骨や歯が脆い犬も多いため骨折しやすい犬種だといわれています。

イタリアン・ハウンドは他犬種に比べて骨の形成に時間がかかる犬種のため、骨折をしてしまうと治療に大変な困難が伴います。また骨が大変細いため外科的な治療が行えない場合もあるようなので、それも治癒を難しくしている要因のようです。うまく骨が再生された場合でも注意が必要で、結合部分の血流が悪い状態になり壊死を起こすこともあり、最悪の場合は切断ということもあるようです。

骨折の原因ですが最も多いのは高いところからの着地の失敗です。室内ではソファーやベッド、ケージの上からの着地、ドッグランでは段差やアジリティーの設備などからの着地の失敗が多いようです。では何に注意したらよいのでしょうか?主なものをいくつかご紹介します。

  • 階段の上り下りをさせない
  • ソファーやベッドから飛び降りないようにしつける。してしまう場合は着地する場所にカーペットを敷くなどの対策をしておく。
  • ドッグランはできるだけ段差のない平らで広いところを選ぶようにする。

このほかにも室内に手の入るような隙間を作らないことや、隙間の多い鉄の柵を使わないなど、できるだけイタリアン・グレーハウンドが興味をもって、手を入れてしまうような場所を作らないことも大切です。

防寒と日光対策が大切

イタリアン・グレーハウンドのような短毛種は冬の寒さに大変弱く、防寒をしないと胃腸障害などを起こしやすくなります。冬場の室温は20℃~26℃が適温だといわれています。エアコンやヒーターなどを利用して快適な温度を保ってあげましょう。

ヒーターも最近ではペット用にやけどに注意した商品も販売されています。留守にすることが多い場合などはペット用のものを利用するのもよいでしょう。洋服を着せてあげるのもよい方法ですね。ペット用の防寒服も様々なタイプのものが販売されていますので、室内用の服と外出用のコートなどを用意しておくとよいですね。

夏の熱さには強いと思われがちですが、直射日光や照り返しで肌を傷めることも多くあります。夏場の外出は日差しの強い時間帯を避け、できるだけ日陰を選んで歩くなどの予防をしましょう。肌を直射日光から守るためにクールシャツやベストを利用するのもよい方法です。

ストレスのかからない生活を

イタリアン・グレーハウンドのようなサイトハウンド系の犬種は、感受性が強くやや神経質な面があります。

特に飼い主の気持ちにとても敏感で、しつけなどでもイライラとした態度ばかりとっていると、どんどんと萎縮してますますできなくなってしまうようなところがあります。またとてもさびしがり屋で、飼い主と離れることにとてもストレスを感じる犬種でもあります。

ストレスが万病の元であることは、人間でも犬でもかわりはありません。

しつけをする時はできるだけ叱るよりも、褒めて覚えさせてあげましょう。叱るときもできるだけ恫喝のような大きな声ではなく、静かに冷静に叱るようにしましょう。

また飼い主と長い時間離れていなければならない留守番もストレスの元です。でも留守番をさせずに生活をすることは難しいですよね。留守番をさせる場合はいきなり長時間の留守番からさせるのではなく、短い時間から徐々に慣らしていくとよいようです。

また「留守番お願いね。」や「いい子にしていてね。」などの声掛け、おやつを与えるなどこれから留守番だという合図は作らない方がよいといわれています。留守番をすることが自然なことにしてあげることが大切なようです。

イタリアン・グレーハウンドは小型犬でも走ること飛ぶことが大好きなサイトハウンドです。マルチーズやトイ・プードルのような愛玩犬よりははるかに多い運動量が必要になり、十分な運動ができないと徐々にストレスをためてしまいます。毎日2回1回30分~40分程度の散歩をさせてあげましょう。時にはドッグランや犬が遊べるような広場を利用して、思い切り走らせてあげることも必要です。

シニアになったら注意してあげたいこと

イタリアン・グレーハウンドのような小型犬の場合は6歳~7歳にかけてシニア期に入り、10歳からは本格的に老化がはじまるといわれています。本格的な老化が始まる前のシニア期をどう過ごすかが、高齢になってからの生活に大きな影響を与えるともいわれています。

ではどのようなことを変えていけばよいのでしょうか?主には食事と運動面だといわれています。

まずは食事ですが、シニア期に入ると徐々に運動量やエネルギーの代謝が落ちてきていきます。そのため若いころのようなカロリーの高い食事を続けていると、肥満につながったり消化不良をおこしたりします。できればカロリーの低い、噛みやすい硬さのシニアフードに切り替えてあげるとよいでしょう。ただし食事を変えるとお腹を壊したり、食欲が落ちたりすることがありますので、様子を見ながらゆっくりと切り替えてあげましょう。

運動量ですがシニア期に入ると、若いころよりも骨折のリスクが高くなります。だからといって急に運動を控えるのも、逆にストレスにつながってしまいます。散歩などは回数の減らすのではなく、ペースを落としたり距離を短くするなど少しずつ年齢にあわせてあげるとよいでしょう。

またシニア期に入ると症状に現れていなくても、潜在的な病気が発症している可能性もあります。シニア期に入ったらできれば半年に1回くらいのペースで定期検診を受けるとよいですね。ただしイタリアン・グレーハウンドは麻酔に弱い犬が多いことでも知られています。麻酔を使用するような検査の場合は、獣医師とよく相談してから行いましょう。

長く一緒に過ごすためには

イタリアン・グレーハウンドは飼い主が大好きな犬です。飼い主が大事にしてくれている、飼い主が愛してくれていると感じると、全身で喜びを表現してくれます。

イタリアン・グレーハウンドにとって長く元気でいるために1番必要なものは、いつも見守ってくれる飼い主の温かい目かもしれません。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

イタリアン・グレーハウンドの里親になる、里親を探す方法

すんなりと細い体型、艶のある短毛が特徴的なイタリアン・グレーハウンド。貴族的な顔立ちとはうらはらに人懐っこくお茶目な面を持った魅力的な犬です。そんなイタリアン・グレーハウンドの里親になる方法……

イタリアン・グレーハウンド

【犬×企業】株式会社グッドパッチのCDOビスケさんに会ってきた

株式会社エウレカの役員犬ジョブさんにご紹介いただき、株式会社グッドパッチで同じくCDO(チーフドッグオフィサー)という役職を持つ犬『ビスケ』に会いに行ってみました!! ★ジョブさんの記事は……

ニュース

イタリアン・グレーハウンドの特徴・寿命・お手入れ

古くは江戸時代から日本にも輸入されていた犬種と言う説がありますが、近年日本でも頭数が増え、この犬種に出くわす機会が増えてきたと感じている方も多いでしょう。ドッグランや街中などで「何犬ですか?……

犬の習性

優雅でスピーティー!イタリアン・グレーハウンドの魅力は?

グレーハウンドを小型化して細身にしたような姿のイタリアン・グレーハウンド。美しい曲線的な腰つきと細く長い足、バランスのとれた筋肉が、スピードと優雅さを醸し出しています。でもイタリアン・グレー……

イタリアン・グレーハウンド

ブリーダーからイタリアン・グレーハウンドを迎える時の選び方やメリットは?

起源を古代に持つ、優雅な身のこなしのイタリアン・グレーハウンドは、イタリアの王室で可愛がられていました。その後イギリスに渡り、イギリス王室でも人気者でしたが、一時期は交配の失敗から数が減少し……

イタリアン・グレーハウンド