2016年4月12日更新

ダックスフンドの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ヨタヨタと歩く姿が可愛いダックスフンドですが、狩猟犬として大活躍していた時代もありました。ダックスフンドは、ドイツ語で、「アナグマ犬」という意味です。とても粘り強いハンターですが、その胴長短足の体型から肥満はヘルニアの原因となり、命取りです。

子犬の頃からの体重や食事は、どのようなものが適正なのでしょうか?

 

ダックスフンドの月齢別体重

ダックスフンド 体重
ダックスフンドは、体重と胸囲でスタンダードなのか、ミニチュアなのかカンへニンなのか決まります。スタンダードダックスフンドの場合は、胸囲35cm以上、体重は9~12kgが理想とされています。

一例ですが、スタンダードダックスフンドの月齢別体重推移をお伝え致します。

生後2ヶ月 2.1kg
生後3ヶ月 3.1kg
生後4ヶ月 4.5kg
生後5ヶ月 4.7kg
生後6ヶ月 5.0kg

この犬は若干小柄のようですが、大体ダックスフンドは生後半年程で骨格が決まり、体重もその頃に増加が止まるようです。しかし、ドッグフードやおやつの食べ過ぎで体重はいくらでも増えますので、いくつになっても体重増加の可能性はありますので、注意しましょう。

それでは、どのくらいの食事量がダックスフンドには適当なのでしょうか?

ダックスフンドの月齢別の食事

ダックスフンド 食事量
生後90日頃まではドライフードと呼ばれる固いドッグフードをお湯でふやかして、ドッグフードの袋などに記載されている適正量を与えます。もちろん、食べる量に個体差はありますので、子犬の様子を見て適量を決めます。

決める基準としては、ドッグフードの量が多い時は便がゆるくなり、逆に量が少ない時は便は固くコロコロとした状態になりますので、それを見て決めてください。

成長と共にドッグフードの量を増やします。それと共に、ふやかすお湯の量は減らしていき、生後90日を目安にふやかさずに与えるようにします。必ずこの時期に、という訳ではなく子犬の様子を見ながらにされてくださいね。

あまりドッグフードを食べない時は、犬用の缶や粉ミルクなどを混ぜて与えると食べるようになる場合があります。しかし、それをあげ続けてしまうと、ドッグフードだけでは食べない、という状態になってしまう事がありますのでほどほどにしてください。

1日に2~3回に分けて与えると良いでしょう。小さなうちは、1度に多くの量を食べられませんので、少量づつ分けて与える方が子犬には負担がかかりません。

また、最初に家に連れてきた時には、今までペットショップやブリーダーで与えていた同じドッグフードを与えるようにしてください。急に変えると、下痢をしてしまいます。

もちろん、ドッグフードを違う種類のものに変更する事も出来ますが、急に変えるのではなく、少しづつ今までのものに新しいものを混ぜて、徐々に慣れさせるようにしてください。

おやつは与えても良いのですが、月齢にあったものを選ぶ事、与え過ぎない事に注意してください。栄養よりも嗜好性重視で作ってありますので、与えすぎるとおやつしか食べない、なんて事にもなりかねません。

また、人間の食べ物を与える事は厳禁です。犬の体に合っていない、害となるものが入っている可能性がありますし、ドッグフードを食べなくなる事もあります。

生後90日ほどで完全に固いままのドッグフードを食べるようになれば、その後はドッグフードの袋に書かれた目安の量を1日1~2回に分けて与えると良いでしょう。

食事の際には必ず新鮮な水も一緒に与えましょう。水は、いつでも飲めるようにしておくことが重要です。夏場などは水が腐ることもありますので、腐った水を犬が飲まないようにこまめに変えてください。

機械式の水供給機もありますので、コストは多少かかりますが、利用しても良いでしょう。

いずれにせよ、かわいい犬の為に、健康管理や食事には気をつけたいですね!是非愛犬と健康な生活を送られてくださいね。

 
 

関連カテゴリ