2017年5月17日更新

ポメラニアンの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

かつて、ヴィクトリア女王が愛した誇り高きポメラニアン。活発で好奇心旺盛で、クリクリとした利発そうな目がとても可愛らしいですね。スピッツの中でも一番小さなポメラニアンですが、どの位の体重が適正なのでしょうか?

また、子犬の頃からの食事で気をつけることは??今回は、ポメラニアンの体重と食事について、詳しく見ていきます。

 

ポメラニアンの月齢別の体重

ポメラニアン
ポメラニアンの適正体重は1.8kg~2.3kgと言われていますが、必ずこの体重でなければいけない、という事でもありません。4kg以上、中には10kgになるポメラニアンもいます。

個体によって適正体重が変わってきますので、一度動物病院で聞いてみるのも良いでしょう。

子犬の頃の体重推移の一例をご紹介します。あくまで一例ですので、とらわれる事なくご参考程度にされてくださいね。

生後40日 700g
生後50日 820g
生後70日 1.2kg
生後80日 1.4kg
生後3ヶ月 2.0kg
生後5ヶ月 3.4kg
生後7ヶ月 3.5kg

肥満は万病の元です。十分に気をつけてあげましょう。次は、ポメラニアンの子犬の頃からの食事についてお伝えします。

ポメラニアンの月齢別の食事

ポメラニアン
ペットショップやブリーダーから引き取ってきたポメラニアンには、今まで食べていたドッグフードを与えるようにしてください。通常はお湯でふやかして与えていると思いますが、それも同じにした方が良いでしょう。

ふやかす場合は、お湯にドッグフードを15~20分つけます。終わったらザルなどにあけて水分をきります。熱いまま与えると歯に負担がかかるので、冷ましてから与えるのが良いでしょう。冷めてから子犬用の粉ミルクを混ぜて与えてもOKです。(生後6ヶ月まで)

ドッグフードは生後6ヶ月までは1日2~3回に分けて与えます。目安量は、

生後3ヶ月 50~70g
生後4ヶ月 70~80g
生後6ヶ月 85~90g
生後6ヶ月から 60~90g(1日2回に分けて)

です。あくまでも目安ですから、良く動き回る活発な子犬の場合は給仕量が増える事があります。子犬の様子を見て、量を調整するようにしてください。食事量が多い場合は便がゆるくなり、逆に少ない場合は便がコロコロと固くなる傾向があります。

また、子犬の頃は消化器が未熟なため、1度に多量のドッグフードを与えてしまうと消化不良を起こす事があります。その為、ドッグフードは1日数回に分けて与えます。

成犬の場合、ドッグフードに飽きてしまったり、あまり食欲が湧かなそうな時はキャベツの千切りを湯がいたものやおからやシラス、煮干しやかつお節等を混ぜて与えても良いでしょう。

煮干しやかつお節は、人間用だと塩分が犬には多過ぎる事がありますので犬用を与えるようにしてください。

3ヶ月を超えた子犬は、ドッグフードをふやかさなくても平気なのですが、今までの食事の状況や子犬の状態によってふやかすか、そのまま与えるかを決めてください。

ふやかす手間を考えると、そのまま与えた方が飼い主はラクですので、ふやかしたドッグフードを食べていても徐々に固いものに慣らしていくと良いでしょう。

 

ポメラニアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

ポメラニアンとの暮らしで注意すること【ペットシッターが解説】

 
 

関連カテゴリ