2016年4月30日更新

フレンチ・ブルドッグの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

19世紀のイギリスから始まり、フランスで人気に火がつき、アメリカで更に上流階級に愛されたフレンチ・ブルドッグ。おどけた表情がたまらない、究極の愛玩犬と言っても良い犬種です。

また、ピンと立った耳が特徴でもあるフレンチ・ブルドッグですが、適正体重はどの位なのでしょうか?子犬の頃からの体重推移と食事についてみていきます。

 

フレンチ・ブルドッグの月齢別の体重

フレンチ・ブルドッグ 食事
フレンチ・ブルドッグの成犬の適正体重は8~14kgと言われています。ここでは、あるフレンチ・ブルドッグの体重推移の一例をお見せします。あくまで一例ですので、ご参考程度に。

生後3ヶ月 1.7kg
生後4ヶ月 2.4kg
生後5ヶ月 3.8kg
生後6ヶ月 4.6kg
生後7ヶ月 5.4kg
生後8ヶ月 6.3kg
生後9ヶ月 7.0kg
生後10ヶ月 7.8kg
生後11ヶ月 8.3kg
生後12ヶ月 8.7kg

この子犬は生後3ヶ月の頃に寄生虫がいたそうで体重があまり増えなかったようです。寄生虫駆除後は、みるみるうちに体重が増え、健康な犬になりました。

フレンチ・ブルドッグの月齢別の食事

フレンチ・ブルドッグ
フレンチ・ブルドッグを迎え入れてから最低でも1~2週間は前にいたペットショップやブリーダーで与えていたものと同じドッグフードを与えましょう。量も同じにしておいた方が無難ですが、成長に合わせて増やしていくようにされてください。

ドッグフードを他の種類に変える場合は急に変えると下痢などの体調不良の原因となります。今までのドッグフードに少しづつ新しいドッグフードを混ぜて与えていき、様子をみます。

下痢や嘔吐などがなければ新しいドッグフードを段々と増やしていき、1週間程度で完全に新しいものにします。

生後2~4ヶ月は、消化器が未熟ですので、1日3~4回に分けて1日に与える量を与えます。ドライタイプのドッグフードは、お湯で15分程度ふやかしてから水分をきり、冷ましてから与えると良いでしょう。

成長に合わせてドッグフードの量を増やすと共に、ふやかすお湯の量は減らしていき、徐々に固いまま与える事が出来るようにしていきます。

5ヶ月頃から1日2回にして、なるべく固いまま与えるようにしていきます。子犬の様子を見ながら、焦らずにしましょう。おやつはまだ特に与える必要はありません。

生後10ヶ月位から、成犬用のドッグフードへの切り替えを行っていきます。前述したように切り替える際には急に変えるのではなく、今までのドッグフードに少しずつ成犬用のドッグフードを混ぜていき、体調に変化がないか様子を見ながら切り替えていくようにされてください。

もし下痢など体調に変化が現れたら元のドッグフードに戻すか、他の種類の成犬用ドッグフードに変えてみても良いでしょう。1日の食事の回数は1~2回にしましょう。

7歳以降の老年期には、シニア用のドッグフードを与えるようにしてください。食欲がない時には、缶詰を混ぜて与えたり、子犬の頃のようにお湯でふやかして与えても良いでしょう。

フレンチブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ