2016年6月27日更新

ポメラニアンの魅力は?心ひかれるポメラニアンの世界

ポメラニアンといえば最近話題のギガちゃんですよね。フワフワの被毛と潤んだ瞳の天使のような風貌にみんな騙されちゃうCMをみると、わかる!わかる!といいたい人がたくさんいたのではないでしょうか。

ポメラニアンの魅力は見た目だけではありません。ポメラニアンの魅力的な世界を少しご紹介します。

やっぱり魅力的!フワフワの被毛はカラーも豊富

見た目だけじゃないといいましたが、やはりポメラニアンの1番の魅力はまるで毛糸のポンポンのようなフワフワの被毛ですね。とにかく柔らかくてモコモコしているので、触っているだけで癒されてしまいます。

手触りだけではありませんよ。カラーバリエーションも豊富なんです。主なカラーとしては黒、ブラウン、オレンジ、ホワイトというところですが、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)が認めているカラーだけでも13種類あり、マールやブルーマールなどJCKが認めていない希少なカラーもあわせると全部で22種類もあるといわれています。

しかもパーティカラーなどは色の出方次第で表情がまるで違うので、兄弟姉妹でもそれぞれに個性がでるのか面白いところですよね。

自分たちの好みのカラーを選べるところが、ポメラニアンの魅力の1つですね。

賢いのでしつけもアイコンタクトでOK

とても頭がよくポジティブでチャレンジ精神が旺盛なので、コマンドトレーニングに失敗しても落ち込むことがなく、何度でもチャレンジしてくれます。ポメラニアンはスピッツ系の犬種ですので、やや落ち着きに欠けるところがありますから、お座りや待て、伏せなどはしっかりと覚えさせておくとよいですね。

雰囲気を読むことも上手なので、1度家族のルールを教えておけば、してはいけないことや静かにしなければいけない時など、アイコンタクトだけで理解することができます。

ちょっとした芸を教えて、一緒に楽しむのもよいですね。

見ていて飽きないストレートな感情表現

「ポメラニアンの魅力は何?」と飼い主の方にきくと大体の人が「すっごくわかりやすいところかな。」と答えてくれます。つまりポメラニアンは自分の感情にとても素直なところがあるということですね。

嬉しいとピョンピョン飛び跳ねたり、クルクル回って見せたり、えさを持っている人がいるとずっとついて歩いたり、ちょっと必死さを感じさせるぐらいまっすぐな感情表現が、微笑ましくてついつい笑いを誘ってしまうのだそうです。

安心していると大きく足を開いてお腹丸出しで寝てしまうし、興味のあるものがあると必死に顔を突っ込んでいたり、見ていて飽きないところが魅力なのでしょう。

多頭飼いにも最適!

ポメラニアンはソリ犬であるスピッツの血を引いているので、群れの中で協調性を取ることが得意です。また物怖じしない大胆な性格をしているので、他の犬とも積極的に仲良くなることができる犬種です。

このような特性からポメラニアンは初心者でも、多頭飼いにチャレンジできる犬種だといわれています。多頭飼いのメリットは、犬が心細い思いをすることが少なくなることにあります。留守番の時や新しいところへいく時などは、一緒に行動できる仲間がいることは人でも犬でも心強いものですよね。

魅力溢れるポメラニアンの世界

いかがでしたか?

ここにご紹介したのはポメラニアンの魅力のほんの1部です。人にも個性があるように犬も1匹1匹違った個性を持っていますから、その魅力もまた十人十色です。

犬と生活することの楽しさは、毎日その犬の新しい魅力を見つけることにあるのかもしれませんね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ポメラニアンの平均体重や、年齢による食事の目安

かつて、ヴィクトリア女王が愛した誇り高きポメラニアン。活発で好奇心旺盛で、クリクリとした利発そうな目がとても可愛らしいですね。スピッツの中でも一番小さなポメラニアンですが、どの位の体重が適正……

ポメラニアン

可愛らしさとは裏腹・意外と臭うポメラニアンの体臭ついて

華奢な体にフサフサの被毛が可憐な印象のポメラニアンですが、実は意外と臭いで困っている飼い主の方が多いようです。「愛犬の臭いはいい臭い!」という方も中にはいらっしゃいますが、一緒に出かけた時や……

ポメラニアン

埼玉で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気

【動物看護師が解説】ポメラニアンにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

小さくて丸々としたフォルムが可愛らしい、ポメラニアン。体格が小さく、高齢の方でも楽に抱っこができる犬種なので幅広い世代に飼われています。ボリュームのあるポメラニアンの被毛は、トリミングや日々……

犬のトリミング

【獣医師監修】愛犬の歩き方がおかしい…。犬のレッグ・ペルテス病の症状・原因から予防・治療法まで

犬のレッグ・ペルテス病はこんな病気 レッグ・ペルテス病は別名「レッグパーセス病」「大腿骨頭壊死症」とも呼ばれ、成長期の犬によくみられる病気です。 発症すると真っ直ぐ歩くことが困難にな……

犬の体の部分的な変化や異常