2017年5月17日更新

パピヨンの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

小さくて線が細くつぶらな瞳が可愛いパピヨン。とても人懐こく従順な事から、家庭犬として人気がありますよね!それに、なんと言っても名前の語源にもなった「蝶」のような耳が特徴的です。

まるで空をふわふわと飛んで行ってしまいそうな、そんな雰囲気が似合うパピヨンですが、体重や食事で気をつけることはあるのでしょうか?

 

パピヨンの月齢別の体重について

パピヨン
パピヨンの成犬の適正体重は、4~5kgと言われています。肥満になると病気の原因となる事がありますので、おやつのあげ過ぎ、また運動不足には注意が必要です。去勢・避妊手術をしても太りやすくなりますので、手術後は特に太らないように気を遣ってあげると良いでしょう。

ここで、生後4ヶ月後から1年後までのパピヨン(メス)の体重推移の一例をご紹介致します。あくまで一例ですので、ご参考までに。

生後4ヶ月 3.0kg
生後5ヶ月 4.1kg
生後6ヶ月 4.3kg
生後7ヶ月 4.4kg
生後8ヶ月 4.5kg
生後9ヶ月 4.5kg
生後10ヶ月 4.7kg
生後11ヶ月 4.7kg
生後12ヶ月 4.8kg

このパピヨンは、生後11ヶ月の頃に避妊手術を受けたそうです。その頃に体重が一時期急に増えたようです。手術後の体重管理には、慎重になった方が良さそうですね。

パピヨンの月齢別の食事

パピヨン
パピヨンは、どのように食事を与えるのが良いのでしょうか?ここでは、子犬の頃からの食事の与え方についてご紹介します。

生後2ヶ月以前に子犬を家に迎え入れる事は少ないとは思いますが、もし迎え入れる事になった場合は、元いた場所(ペットショップやブリーダーなど)で与えていたドッグフードと与え方(回数や量など)を聞いて同じようにした方が、子犬への負担が少ないでしょう。

生後2ヶ月以降8ヶ月位までは乳歯が完全に生え揃っていますので、なるべく固いままのドライフードを与えるようにします。もちろん、それまでいた場所でドライフードをふやかして与えていた場合は急に固いまま与えるのではなく、徐々にふやかすお湯の量を減らしていき、段々と固いドッグフードに慣れさせるようにされてください。

また、ドッグフードの種類を変える事も出来ますが、その場合も急に新しい種類のドッグフードに変えるのではなく、今までのものに少しずつ新しいものを混ぜるようにしてください。段々と新しいものの量を増やしていき、最後には完全に入れ替えます。

子犬の頃はまだ消化器が未発達ですので、急に食事を変えてしまうと消化不良を起こす可能性があります。あまりドッグフードを食べない場合は子犬用のミルクや缶詰などを混ぜて与えても良いでしょう。

1日の食事量はドッグフードの袋に記載されている目安量を基本にすると良いでしょう。子犬の様子を見ながら量を調節します。一般的に便がゆるくなれば食事の量が多く、固くなれば少ない、と判断します。

1日の食事量を生後4ヶ月までは2~3回、それ以降は2回にします。食事を与えてから30分経って食べなかった分は片付けるようにされてください。衛生的な面でもしつけの面でもずっと置いておくのは良くありません。

生後8ヶ月~10ヶ月の間に成長が落ち着いていたら成犬用のドッグフードへの切り替えを行ってください。まだ成長中であったり充分な体重に達していない場合には、無理に切り替えを行わず、今まで通り、子犬用のドッグフードを続けた方が良いでしょう。

パピヨンについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】パピヨンとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ