2016年4月30日更新

ボーダー・コリーの平均体重や、年齢による食事の目安

ボーダー・コリーと言えば賢く従順で、働き者・・・そんなイメージですよね。確かにそういった一面もありますが、頑固で攻撃性の高い一面もあります。ボーダー・コリーの魅力と言えば、飼い主に全力で応えようとする姿勢と能力だ、という方もいます。

きちんと訓練をすれば最高のパートナーになってくれるボーダー・コリーですが、体重管理や食事面でどんな事に気をつけたら良いのでしょうか?

ボーダー・コリーの月齢別の体重について

ボーダー・コリー
ボーダー・コリーの成犬の体重は、大体14~20kgです。働き者のボーダー・コリーとは言え、例えば人間の食事を食べさせたり運動をあまりさせなかったりすると、太ります。

イギリスのボーダー・コリーは、なんと7年間人間の食事を与えられ続けた事で、60kg近くにまで太ってしまい、3分と歩いていられない、という状況になってしまったそうです。怖いですね。

さて、気を取り直してココでは、あるボーダー・コリー(オス)の産まれてからの体重の推移をご紹介致します。

生後2ヶ月 3.5kg
生後3ヶ月 6.9kg
生後4ヶ月 12.1kg
生後5ヶ月 14.4kg
生後6ヶ月 15.5kg
生後7ヶ月 15.8kg
生後8ヶ月 16.2kg
生後9ヶ月 16.5kg
生後10ヶ月 16.5kg
生後11ヶ月 16.5kg
生後12ヶ月 16.5kg

生後2ヶ月から生後8ヶ月までは急激に体重が増えていますが、それ以降は体重の増加が緩やかになり、生後9ヶ月以降は安定しているのが分かります。あくまで一例ですので、ご参考程度に・・・。

ボーダー・コリーの月齢別の食事について

ボーダー・コリー
ボーダー・コリーの子犬を迎えいれる場合、最初のうちは元いたペットショップやブリーダーで与えていたドッグフードと同じものを与えるようにされた方が良いでしょう。

もし同じものを入手出来ない場合には、子犬用の良質なドッグフード(ドライフード)を探して与えてください。

生後3ヶ月以前の子犬には、ドライフードをお湯でふやかしてから水気を切り、冷ましてから与えるようにすると、胃腸への負担が軽くて済むでしょう。いつまでもふやかすのではなく、生後3ヶ月をめどに徐々に固いままでも食べられるように慣れさせていく事が大切です。

その場合は急に固いままで与えるのではなく、ふやかすお湯の量を徐々に減らしていくようにしてください。ドッグフードの種類を変える時も同様に、徐々に変えていってください。

ドッグフードの袋に、1日の目安量が記載されていますのでそれを参考に、2~3回に分けて与えるようにします。最終的に1歳になるまでには1日2回程度に回数を減らします。

生後5ヶ月位までは、1日の目安量を超えて与えても問題ありませんが、子犬の便の様子を見て、量を調節します。一般的に便がゆるくなれば食事量が多く、固くコロコロになれば量が少ないと判断します。

子犬の食欲が芳しくない場合は、子犬用のミルクや缶詰を混ぜて与えても良いでしょう。

生後8ヶ月以降から、成犬用のドッグフードへの切り替えを行ないます。これも子犬の様子を見ながら、少しづつ子犬用のドッグフードに成犬用のドッグフードを混ぜて徐々に成犬用のものを増やし、最後には完全に成犬用の切り替えるようにします。

ボーダー・コリーについて詳しく知りたい方はこちら
ボーダー・コリーの基礎知識まとめ

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ボーダー・コリーの寿命ってどのくらい?長く元気でいるためには?

全犬種のなかでも高い知性を持つボーダー・コリー。フリスビー競技など飼い主と一緒に何かをすることが大好きな犬です。近年は犬の健康への関心の高まりとともに犬の寿命は延び、高齢化が進んでいるといわ……

ボーダー・コリー

ボーダー・コリーの平均体重や、年齢による食事の目安

ボーダー・コリーと言えば賢く従順で、働き者・・・そんなイメージですよね。確かにそういった一面もありますが、頑固で攻撃性の高い一面もあります。ボーダー・コリーの魅力と言えば、飼い主に全力で応え……

ボーダー・コリー

聡明で知的な雰囲気が魅力的!心ひかれるボーダー・コリーの世界

力強く軽快に大地を踏みしめて走る姿が優雅で美しいボーダー・コリー。知的で聡明な雰囲気がある顔付きと、長時間の労働にも耐えることができるスタミナを感じさせる均整の取れた体つきが魅力の犬種ですね……

ボーダー・コリー

ボーダー・コリーの歴史、性格、寿命、特徴

ボーダー・コリーの歴史 牧羊犬といえばボーダーコリーをイメージされる方も多いのではないでしょうか? 古来、牧羊犬は群れを追い立てる為に吠え立てながら、時には足に噛み付き誘導する「……

犬の習性

ボーダー・コリーの病気〜獣医師が解説するボーダー・コリーのかかりやすい病気〜

運動神経抜群でいて、知的で優しい気質も持ち合わせるボーダー・コリー。もとは牧羊犬として飼育されていましたが、現在ではフリスビードッグとしても人気です。ボーダー・コリーは、たくさんの運動を必要……

ボーダー・コリー