2017年5月17日更新

ビーグルの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

野ウサギ狩りが得意なビーグル。今も昔もその小型の体は、狩りに適しており重宝されています。もちろん、家庭犬としても人気があります。社交的で愛想の良いビーグルは、見知らぬ人や犬にも友好的に接する事ができます。

とても可愛らしいビーグルですが、体重や食事で気をつけた方が良い事はあるのでしょうか?

 

ビーグルの月齢別の体重について

ビーグル
ビーグルの成犬の標準体重は、8~14kgと言われています。ビーグルは食欲旺盛で食事を出されただけ食べてしまう、という傾向がある為、肥満になりやすい犬種でもあります。

ここでは、あるビーグル(メス)の生後3ヶ月~8ヶ月の頃の体重推移についてご紹介します。

生後3ヶ月 1.3kg
生後4ヶ月 2.6kg
生後5ヶ月 3.4kg
生後6ヶ月 4.0kg
生後7ヶ月 4.2kg
生後8ヶ月 4.2kg

このビーグルはかなり小柄のようです。別の例では、特別に食事を与え過ぎでもないのに、生後3ヶ月で7kgちょっとになってしまったビーグルもいます。
個体差というのもありますので、一度動物病院でその犬に合った適正体重を聞いてみるのも良いですね。

ビーグルの月齢別の食事について

ビーグル
大抵のビーグルは、家庭に引き取られる時には大体生後2~3ヶ月を超えてからと思います。その頃でしたら食事は、元いたペットショップやブリーダーで与えていた種類のドッグフードを同じ量、回数でしばらく与えていけば、子犬にとってもストレスなく食事が出来るでしょう。

もし、2ヶ月以前のビーグルを引き取った場合には、母乳かもしくは子犬用のミルクを与える必要があります。生後3週間程で乳歯が生えてきますので、そうしたらミルクに加えて離乳食も与え始めます。

犬用離乳食か、子犬用のドッグフード(ドライフード)をお湯でふやかして与えます。回数は1日4回ほどに分けると良いでしょう。量はドッグフードの袋に記載されている1日量を参考にします。

離乳食を始めてから約2週間程度で完全にミルクを卒業させるようにします。大抵は移行に成功しますが、もし中々離乳食だけに出来ない場合は医師に相談すると良いでしょう。

完全に離乳食へ移行が出来たら、離乳食に使っていたドッグフードを与え続けるのですが、子犬の成長に合わせて量を増やすと共に、ふやかすお湯の量を減らすか、ふやかす時間を短くしていきます。

段々と柔らかい形のものから、固いものにしていく、ということです。最終的には生後3~4ヶ月でドッグフードをふやかさず、そのまま食べられるようにします。1日の食事量を3~4回に分けて与えます。

生後4ヶ月経って、そのまま食べられるようになる子犬とまだふやかさないと食べられない子犬がいます。個体差が出てくるところでもありますので、もしふやかさないとダメなようでも焦らずに、子犬の状態に合わせて移行していけば大丈夫です。便が柔らかくなった場合は食事の量が多いか、もしくは固すぎの事がありますので、元の食事に戻すなどして調整していきましょう。

生後4ヶ月~生後6ヶ月は、食事の回数は1日3回、生後6ヶ月~生後8ヶ月では1日2回にすると良いでしょう。生後6ヶ月が食欲のピークです。この時は少し肥満ぎみでもおかわりを欲しがったら与えても大丈夫です。この時期に栄養を沢山摂らせる事が大切です。

そして、生後8ヶ月~1歳までの間に、成犬用ドッグフードに切り替えていきます。1歳を過ぎたら、成犬用ドッグフードを1日2回に分けて与え、おやつなどの与え過ぎには注意をしながら、肥満にならないよう適度な運動をさせ健康管理していきます。

ビーグルについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ビーグルとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ