2017年5月17日更新

ミニチュア・シュナウザーの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ミニチュア・シュナウザーはシュナウザー種の中で、大変人気があります。ドイツ原産で、元々はネズミ捕りや農作業の為に作られた犬種です。「シュナウザー」という言葉は、ドイツ語で「小さいひげ」という意味ですから、正に貫禄をつけているあのひげの事を言っていますよね。

大人気のミニチュア・シュナウザー、体重や食事で気をつけた方が良い事はあるのでしょうか?

 

ミニチュア・シュナウザーの月齢別の体重について

ミニチュア・シュナウザー
ミニチュア・シュナウザーの成犬の標準体重は6~7kgです。ここでは、あるミニチュア・シュナウザー(オス)の生後からの体重の推移をご紹介致します。

誕生 188g
生後1ヶ月 1.0kg
生後2ヶ月 2.4kg
生後3ヶ月 4.3kg
生後4ヶ月 5.6kg
生後5ヶ月 6.9kg
生後6ヶ月 6.9kg
生後9ヶ月 6.5kg

もちろん、犬によって個体差がありますのであくまで一例としてご覧ください。1歳になってからは、大体6kg少しを保っているようです。やはり、生後6ヶ月までは食欲もピークになるので、体重もそれに伴い増えるようですね。

ミニチュア・シュナウザーの月齢別の食事について

ミニチュア・シュナウザー
続いて、子犬の頃からの食事の与え方について説明していきます。生後2ヶ月~3ヶ月、このころにペットショップやブリーダーから迎え入れる事も多いと思いますが、最初の頃の食事は、元いた場所で与えていたものと同じもの、同じ回数、与え方にすると子犬にストレスがかからないでしょう。

ふやかして与えていた場合は、徐々に水分を減らすなどしてドライフードをそのまま食べられるようにしていきます。また、ドッグフードの種類を変える事もできますが、その際には急に変えるのではなく、少しづつ今までのドッグフードに新しいドッグフードを混ぜて与えていくようにされてください。

急激に固くしてしまったり、新しいドッグフードに変えてしまったりすると、まだ消化器が未熟な子犬には負担がかかり、消化不良や下痢を引き起こす事がありますので注意が必要です。

生後3ヶ月~生後6ヶ月の間は、固いままドッグフードを食べられるようになったら、1日の食事の回数を2回にするように心がけましょう。この時も突然お昼の食事を無くすのではなく、少しづつ昼の食事量を減らしていき、最終的に朝と晩の2回にすると良いでしょう。

生後8ヶ月からは、徐々に成犬用のドッグフードに切り替えていきます。というのも、子犬用のドッグフードは成犬用のものよりも栄養価が高く作ってあり、生後8ヶ月以降は栄養過多になってしまう事があるからです。

切り替えを行う場合は1週間ほどかけて行ってください。1歳~7歳位までは成犬用ドッグフードを1日2回与えます。ドライフードが一番適当でしょう。ウェットタイプや缶もありますが、比較的値段が高くなります。

7歳を過ぎた頃から、シニア用ドッグフードに切り替えていきます。運動量の減少と共に、消化機能も衰えてきますので、消化のしやすいものを与えるように心がける必要があります。

ミニチュアシュナウザーについて詳しく知りたい方はこちら
ミニチュアシュナウザーの基礎知識まとめ

 
 

関連カテゴリ