2016年4月30日更新

ヨークシャー・テリアの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

通称ヨーキーと呼ばれる優雅な外見のヨークシャー・テリアは、実は労働者階級と縁が深い犬種で、その昔は上流階級からは見下されていました。しかし、その美しさに裕福なご婦人の人気者となっていきます。

今も変わりなく、愛玩犬として人々に愛されているヨークシャー・テリアですが、体重や食事で気をつけた方が良い事はあるのでしょうか?

 

ヨークシャー・テリアの月齢別の体重について

ヨークシャー・テリア
ヨークシャー・テリアの成犬の標準体重は3kgです。とはいえ、華奢なヨークシャー・テリア、骨太なヨークシャー・テリアと個体差がありますので、獣医に適正体重については聞いてみると安心できます。

ここでは、ヨークシャー・テリア(オス)の体重推移についてご紹介致します。

生後1ヶ月 200g
生後2ヶ月 400g
生後3ヶ月 700g
生後4ヶ月 1.0kg
生後5ヶ月 1.2kg
生後6ヶ月 1.4kg
生後7ヶ月 1.5kg
生後8ヶ月 1.5kg
生後9ヶ月 1.5kg
生後10ヶ月 1.6kg
生後11ヶ月 1.6kg

どちらかというと華奢なヨークシャー・テリアのようですね。3歳になっても体重は1.8kgと小柄です。あくまで一例ですので、ご参考までに・・・。

ヨークシャー・テリアの月齢別の食事について

ヨークシャー・テリア
ヨークシャー・テリアは体が小柄な分、一度に食べる量も少ない傾向があります。もし生後2ヶ月~3ヶ月でペットショップやブリーダーから迎え入れた場合は、そこで食べていた同じドッグフードを与えるのが良いでしょう。

家に来てからすぐは子犬はストレスを感じているので、1ヶ月位は変えない方が無難です。目安としてはドライフードを50~100gをミキサーで粉状にして1日3回、与えてください。

あまり食べない場合は、鳥のささみを半分ボイルしたものを細かくしてドッグフドに混ぜて与えると良いでしょう。1週間程度与え続けて下さい。そして、子犬用のミルクを食事の合間に2~3回、1回20cc程度与えると充分な栄養が摂れるでしょう。

家にきてから10日間くらいは、おかわりを求めても量は変えない方が良いです。10日以降は様子を見ながら量を増やしていく事も出来ます。その場合は便が緩くないかを確認しながら与えてください。

生後8ヶ月位までに1日2回に回数を減らし、1歳頃からは1日1~2回にします。犬の食べる量を見ながら調節してください。

生後6ヶ月を過ぎたら、細かくしていたドッグフードを徐々に固いまま与えるようにしていきます。また、ドッグフードの種類を変える際も、急に変えるのではなく、少しづつ今までのものに新しいものを混ぜて与え、変えるようにしていきます。

その時も便の様子を見ながら、もし緩くなっていたら元に戻すなどして無理に変えることなく、子犬に負担のかからないように少しずつ変えていきましょう。

基本的にドッグフード(ドライフード)を与え、もし缶や肉を混ぜる時は全体の25%にします。肉や野菜はゆでて火を通し、味付けはしないようにします。また、人間の食べ物は絶対に与えないようにしてください。特にタマネギやチョコレートなどは中毒を引き起こし、最悪の場合死に至る事がありますので、少量でも食べさせないように気をつけてください。

ヨークシャーテリアについて詳しく知りたい方はこちら
ヨークシャーテリアの基礎知識まとめ