2016年6月13日更新

バーマンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、猫ブームとも言われ、猫の高齢化とも言われています。長い猫では、26歳まで生きることもあるようです。
健康で長生きしてもらうためには、どのようなことに気を付けると良いでしょうか?

 

バーマンの平均寿命は?

猫全体の平均寿命は、雑種や純血種によっても変わりますが、15歳前後と言われています。

バーマンの平均寿命は、13歳~15歳前後と言われています。
猫全体と比べても、ほぼ同じくらいでしょうか。

しかし、生活管理をしっかりと行うことで、平均以上に長生きすることもあるでしょう。

長寿のポイントは?

バーマンのかかりやすい病気

毛球症

バーマンは長毛種なので、毛球症にはご注意ください。

うまく毛玉を吐き出せずに、体内に残ってしまう病気です。ひどい場合には、手術が必要になることもあります。
予防策としては、毎日のブラッシングを欠かさずにして、抜け毛を先に取ってしまうことです。

熱中症

熱中症にも、ご注意ください。

口を開けてぜえぜえと呼吸をしているような症状が見られたら、要注意です。暑さには弱い猫種のため、夏場は冷房などの工夫が必要です。
重症になってしまうと、命にも関わります。

食べ物

キャットフードに、どんな素材が使われているかご存知ですか?

最近では本当に、様々な種類がでています。
中には破格の物から、人間の食べ物以上の高級フードまであります。

是非、一度現在与えているフードの内容物を確認してみてください。

アレルギー物質が含まれていたり、とても考えられないような物が、含まれている可能性もあります。高級フードだから安心とも限りません。
無理をしても仕方がありません。自身の生活に合ったフードを、選んであげましょう。

水と腎臓

猫の一番多い死因は、腎臓の病気です。

メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。腎臓の病を予防するには、常日頃から水をたくさん飲ませることです。

そのためには、部屋に数カ所の、水飲み場を設置してあげましょう。容器も自然素材の物からステンレス、プラスチックなど変化を付けても良いでしょう。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

 

バーマンと少しでも長く一緒にいるために

バーマンは、飼い主とのスキンシップが大好きです。
一緒にいる時間を作って構ってあげることで、ストレスを軽減できるでしょう。

また、何か異変を感じたら、すぐに動物病院へ相談ができると良いでしょう。